ルアーのアップ写真

ブラストボーンジュニアSFは2021年リリースのダウンサイジング・ビッグベイト!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルのビッグベイト・ブラストボーンで全長190ミリ・自重50.5グラムありますから、専用タックルを組まなければ操るのは難しいでしょう。

その点2021年に新しく発売されるブラストボーンジュニアSFなら、MからMHパワーのロッドがあれば、キャストできてしまいます。

待望のダウンサイジングバージョン・ブラストボーンジュニアSFについて、詳しくご紹介しましょう。

ブラストボーンジュニアSFとは

ブラストボーンジュニアSFとは、2021年ジャッカルからリリースされる、バス釣り用ビッグベイトのことです。

サイズ設定は、全長150ミリで自重は26.0グラム。

これなら既存モデル・ブラストボーンのように、エクストラヘビーなベイトタックルを用意する必要はありません。

テキサスリグやフリーリグなどに用いていた、MからMHパワーブランクスのベイトロッドを転用することができますよ。

オカッパリなら、1本のロッドで対応できてしまう便利さが備わったことになりますね。

ブラストボーンジュニアSFのスペックについて、細部をチェックしてみましょう。

まずは、ジョイント部。

ここはシングルジョイントになっていて、ボディ前後の接続に大きな柔軟性をもたらしていますよ。

つまり、上下・左右への自由度が増していて、ロッドワークに合わせてクイックにアクションすることができます。

移動距離を抑えながらアピール度は高め!ということに。

また最後尾のテール部分は、ワーム素材を採用したタテ扁平のソフトマテリアルタイプになっています。

ルアーをドッグウォークさせたときのアピール度の増幅と、移動距離を抑える制動効果が見込めます。

ワーム素材なので他のビッグベイト用テールのエラストマ素材と、一緒に保管してはいけません。

互いに反応して、溶け出してしまう恐れがあります。

ブラストボーンジュニアSFの使い方をチェック!

ブラストボーンジュニアSFの使い方は、カバーやストラクチャー周りにおいて、そこに潜んでいるバスの誘い出しがメインアプローチになるでしょう。

頭部アゴ下にワイドなリップか付いていますから、移動距離を抑えつつメリハリのあるドッグウォークを発生。

これが周囲の水を強く押すことになり、その波動に気づいたバスが飛び出してくる!という展開を期待できます。

トレブルフックの4番サイズが、前後に2つぶら下がっているので、ショートバイトでも弾かずにフッキングに持ち込めるでしょう。

慌ててロッドを煽らず、ルアーが水中に引き込まれるまでじっと待つことが、フッキング成功の秘訣です。

ブラストボーンジュニアSFのカラーバリエーションは全部で8種類!

ブラストボーンジュニアSFのカラーバリエーションは、全部で8種類用意されています。

●ピンクバックオイカワカラー

●ナチュラルオイカワカラー

●マッディシークレットチャートカラー

●PHチャートシャッドカラー

●ブラック/クロームボーンカラー

●RTブラストボラクロームカラー

●POLナチュラルシャッドカラー

●RT若アユカラー

カラーを見ていると、バス釣りだけではなく、シーバスのビッグベイトゲームにも活用できそうですよね。

ブラストボーンジュニアSFのデモンストレーション動画はこちら

ブラストボーンジュニアSFをキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではブラストボーンジュニアSFをキャストして操るのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ロングキャストできて、ただ巻きリトリーブやトゥイッチ・ジャークが軽やかにキメられるものがいいですね。

重過ぎないブランクスで、しっかりとパワーが備わったベイトロッドといえば、こちらはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト ジグ&ワーム 2ピース 170MH ジグ&ワーミング 幅広いシーンで活躍

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト ジグ&ワーム 2ピース 170MH ジグ&ワーミング 幅広いシーンで活躍

最安値価格
¥37,950(Yahoo!)

Amazonへ ¥40,480

Yahoo!へ ¥37,950

シマノからリリースされている、グリップジョイント式2ピース仕様のMHパワーベイトロッドです。

全長2.13メートルで、仕舞寸法は182.8センチになっていますよ。

先径/元径は、2.1/15.1ミリと太目。

適合するルアーウエイトは、10グラムから30グラムまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10ポンドから20ポンドまで。

グリップ長は、251ミリとやや長めですね。

ブランクスはファーストテーパーで、カーボン素材の含有率は98.6パーセントになっています。

実際に手に取ってみると、さほど持ち重り感はなく振りやすい印象ですね。

ビッグベイトなら、サイドハンドで軽く振り抜く感じのキャストから始めると、トラブルなく安定したアプローチを続けられるでしょう。

実売価格は4万円前後と、やや高い価格帯に設定されています。

シマノの先進技術が豊富に搭載されているので、納得の価格といえそうです。

さまざまなルアーを操るのに使いながら、ブラストボーンジュニアSFも軽快に操ってみましょう。

ブラストボーンジュニアSFの気になる発売日はいつ?

ブラストボーンジュニアSFの気になる発売日は、2021年の7月を予定しています。

一部カラーについては、8月に発売されるとのこと。

メーカー希望販売価格は、3,630円です。

サイドハンドキャストを活用して低い弾道でキャストすると、着水音を抑えることができます。

むやみにバスの警戒心を膨らませないためにも、静かなアプローチで誘いをかけるようにしましょう。

ビッグベイトの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング