ロッドのアップ写真

アピアのロッドで釣りたい!シーバスゲームやアジングで人気の高いロッドブランドを深掘りチェック

FISHING JAPAN 編集部

さまざまな釣りスタイルに合わせてロッドがリリースされていますが、ソルトウォーターゲームをじっくり楽しみたいなら、アピアのロッドを選択する人が増えています。

大阪に拠点を置き、有名なアンバサダーをズラリと並べて、釣りの現場から発信された要望を丁寧に具現化している印象があります。

ここでは、アピアのロッドの特徴やおすすめアイテムをご紹介しましょう。

「シーバスやロックフィッシュ・アジングをやるならアピア!っていう人、多いよね!」

新作の評価はもちろん、中古市場でもなかなかホットに扱われているアイテムばかりですね。

特にグランデージやフージンシリーズの人気は高く、これらを手にソルトウォーターゲームを始めるケースが多いでしょう。

アピアのロッドラインナップからおすすめのアイテムをピックアップ①レガシーブルーライン

アピアのロッドシリーズの中から、おすすめのアイテムをピックアップしてみましょう。

まず最初に取り上げるのは、レガシーのブルーラインです。

アジングやメバリングが流行りを見せている今日、手軽に釣りを始めたい人が結構いますよ。

そういう初心者の人にバッチリ合うのが、このブルーラインなのです。

ブランクスに張りがあって取り回ししやすく、手元の動きを確実のロッド全体に伝えやすい味付けになっています。

ロッドティップだけがいつまでも震えている状態を廃除して、スッキリした調子に仕上がっていますよ。

この張りなら、メバリングの延長でチヌのプラグゲームにも転用しやすいでしょう。

PEラインやエステルラインなどの極細ラインを使うことを前提としているので、どのロッドもガイド径が小さくなっています。

これがラインのバタつきを抑えて、操作性の向上や変化を拾いやすい状態を作り出していますね。

そして何より秀でているのが、販売価格が安いということ。

この分かりやすくてストレートな訴求力が、初心者アングラーに響かないワケがありません。

釣具店で手に取ってみれば、洗練されたコスメにも惹かれるはず。

他人と同じロッドを持ちたくない症候群を上手くかわしつつ、アピアファンに取り込む魅力にあふれています。

グリップに硬めのEVA素材を使っているのも、扱いやすさを底上げしていますよね。

おすすめ機種は、何といっても、71MT。

適合するルアーウエイトが、最大15グラムまでなので、アジ・メバル・チヌの3つを万遍なく狙うことかできます。

釣り場に着いたら状況によっては、アジが釣れにくい日もあります。

そんなときにチヌゲームにシフトできてしまうなんて、最高じゃないですか。

オールラウンドにオールマイティなロッドこそ、理想のソルトウォーター用といえるのです。

レガシーブルーラインには、それがしっかり含まれていますよ。

アピアのロッドラインナップからおすすめのアイテムをピックアップ②フージンR

次におすすめするアピアのロッドは、シーバスゲーム用のフージンRです。

2014年ですから、もうずいぶん前にリリースを開始したモデルになりますが、魅力は一切衰えていません。

張り重視と粘り重視の味付けをブランクスに施してあるので、アングラーはどちらかを選べばいいのです。

とても分かりやすくてシンプル、コスメもデザインもカッコイイですから、このロッドを避ける理由がありませんよね。

しかも、他のフージンシリーズより販売価格が安く設定されていますから、釣具店で目の前に並べられれば、検討候補に上がるのは当然でしょう。

実際に使ってみたのは、88MLXと95M。

同じシリーズなのにこれほどまで味付けか違うのか!と、驚かされるほど仕上がりが異なっています。

ということは、使用目的やキャストするルアーも大胆に切り替えられるということ。

これはアングラーにとってとても有効ですし、メソッドによる使い分けが可能になりますよね。

全部使ってみたくなる魅力に満ち溢れているのが、このフージンRシリーズ。

あなたなら、どの機種から手に取ってみますか?

今後のアピアロッドにも期待大!

アピアのロッドをいろいろ使ってみる機会を得たので、気になっていたロックフィッシュロッドに触れてみました。

とにかく作りが丁寧でムダがない、だからシャープで操作性が高い。

これは、アピアのロッド全般にあてはまることではないでしょうか。

徹底して細部にこだわっていますし、その作業・工程を今後も止めることはないはず。

となれば、次に出てくるロッドがとても気になります。

それがソルトウォーターゲーム用ロッドの、新しい基準になっていくのは間違いないでしょう。

アピアのロッドにマッチするおすすめリールを選んでみた!

アピアのロッドに装着して使いたい、おすすめリールを取り上げてみましょう。

まずは、アジング用から。

小型のスピニングリールの中から、剛性・耐久性の高いものを選んでみました。

長く使えるもののほうが、アピアのロッドにマッチするからです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

最安値価格
¥19,635(amazon)

Amazonへ ¥19,635

楽天市場へ ¥19,635

シマノからリリースされている、汎用型スピニングリールのC2000番です。

この機種で実売価格が1万円台、これは安いでしょう。

スペック的には申し分ないですし、ローターやハンドルの回転も滑らかで軽やか。

大きな負荷に対するヨジレ・たわみもほとんど感じ取ることができませんから、長く使っていても使用感があまり枯れてきません。

キャストの際には、ライントラブルの発生を抑えてくれていますし、ハンドルノブの握り心地もライローラーの滑りも快適そのもの。

使用後には、しっかりと水洗いして乾燥させておく必要がありますが、過度なオイル差しも要りませんから、メンテナンスもカンタンに済ませることができます。

他メーカーのものよりちょっぴり重いという人もいるのですが、ウエイト185グラムですから、重いうちには入らないでしょう。

ハンドル1巻きで69センチのラインを巻き取れるように、ギア比設定されています。

これはただ巻きアプローチをするのに、とても適していますよ。

アジをしっかり誘って食わせたいときにこそ、ただ巻きが効いてきます。

アジングやメバリング用のリールで、最初の1台を探しているなら、このストラディックを検討してみてくださいね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ C3000 バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ C3000 バーサタイル

最安値価格
¥45,287(楽天市場)

Amazonへ ¥45,288

楽天市場へ ¥45,287

シマノの軽量スピニングリールのC3000番です。

このリールのメリットは、C3000番サイズでたくさんのラインがスプールにストックできることにあります。

具体的には、PEラインの1.5号を270メートルも巻けるのです。

「そんなに投げないから要らないよ!」

いやいや、そうではありません。

キャストはほどほどでいいのですが、着水したところから流れに乗せてどんどんラインを送り出すアプローチ、すなわちドリフト釣法に使えます。

270メートルもあれば、相当広範囲をチェックできますよ。

その際に、ロッドを上下させながらラインスラックやルアーを操作します。

操作の時間が長引くと、腕が疲れてきますよね。

そこでこのスピニングリールの軽さが効いてくるのです。

ドラグの出もスムーズで、ハンドルやローターの回転も安定していますから、操作性の高さは群を抜いていますよ。

実売価格は5万円台と、高い価格帯に設定されていますが、トータルバランスとスペックの高さを考慮すれば、購入を検討してみていいのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ステラ 4000 シーバス サクラマス ライトジギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ステラ 4000 シーバス サクラマス ライトジギング

最安値価格
¥73,040(amazon)

Amazonへ ¥73,040

楽天市場へ ¥76,853

前述のヴァンキッシュより、もう少しラインを流したいんだよ!という人には、こちらをおすすめします。

4000番サイズで、ラインキャパはPEラインの1.5号を320メートル巻けますよ。

頑丈で耐久性もあって、メンテナンスは水洗い+手拭きでOK。

こんなに付き合いやすいリールは、他にはありません。

ドラグ性能のスムーズさやボティフレームのカッチリ感など、長く使い続けるにはベストでしょう。

ただし、実売価格は6万円を超えてきます。

価格の高さに見合う性能を保持しているのは間違いありませんから、ぜひ検討してみてください。

アピアのロッドを駆使して釣りを楽しもう!

アピアのロッドの特徴やおすすめ機種、マッチングのいいリールについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分にとってのベストアイテムを、じっくり時間をかけて選んでくださいね。

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング