リールのアップ写真

ビーストマスターで電動ジギングをマスターしたい!シマノの電動リールをチェック

FISHING JAPAN 編集部

オフショアジギングを楽しむアングラーに広がっているのは、電動リールを用いた釣りスタイル。

すなわち電動ジギングで、さまざまな魚を釣り上げることが注目されています。

シマノなら人気のビーストマスターシリーズに、コンパクトな1000EJが加わったことで、一気に電動ジギングが身近なものになりました。

ここでは電動ジギングについてご紹介しましょう。

加えて、シマノのビーストマスターシリーズのスペックもチェックしてみます。

「ビーストマスターといえば、船釣りで2000番とか3000番とかよく使われるよね!」

その通り!水深の深いエリアを効率よく攻めるのに、欠かせないアイテムといえるでしょう。

でもリール自体が大き過ぎると、オフショアジギングのような機敏な操作・上下運動などが求められる釣りでは、アングラーのほうが疲れてしまいます。

そこで登場したのが、コンパクトでパーミングしやすく、軽量化も実現した1000EJなのです。

ビーストマスター1000EJで電動ジギングにチャレンジしてみよう!

そもそも電動ジギングとは、どんな釣り方なのでしょうか?

電動ジギングとは、その名の通り、船釣り用電動リールを用いておこなうオフショアジギングスタイルのことです。

従来の電動リールは、とても重くてジギングの操作が難しかったですよね。

それでもチャレンジしている人を見かけたことがありましたが、クラッチの切り換えやドラグ性能など、納得のいく状態ではなかったように感じました。

やはり軽量コンパクトで、さまざまなクラッチ操作を片手でおこなえるような、オフショアジギング向きの機能が必要なのです。

最新モデルのシマノ・ビーストマスター1000EJなら、電動ジギングに求められる機能が満載。

これを使えば、メタルジグを自在に動かしたり巻き上げたり、止めたり流したりできますよ。

例えば、自重は700グラムしかありません。

この軽さなら、長い時間ジギング操作をしていても、負担をしっかり抑えられるでしょう。

それからこの機種から搭載されている、EJモード。

マニュアルジャークモードにセットすると、PICK UPボタンを押している間は、電動による巻き上げが可能になります。

その巻き上げ時間とロッドワークを組み合わせれば、リズミカルなワンピッチジャークをカンタンに実践することができますよ。

またラインスラックをコントロールできるので、フォールを絡めた多彩なジグ演出も可能になります。

このPICK UPボタン、巻き上げのスピードを31段階から選べますよ。

それからオートジャークモードにすれば、SPEED・MOVE・STOPを自由に設定できます。

魚がヒットしてくる動かし方が発見できれば、同じ船に乗っているアングラー同士で共有することもOK。

全体的によく釣れるようになるので、これまでのオフショアジギングが大きく変わるのは間違いないでしょう。

ビーストマスター1000EJによる電動ジギングなら疲れにくい!

ビーストマスター1000EJを使えば、疲れにくいジギングを実践することができます。

ロッドを片手で支えながら、巻き取り速度を調整可能ですから、ロッドアクションを加えながらのフォールも織り交ぜられるでしょう。

これを手巻きスタイルでやっていると、やっぱり疲れてしまいますよね。

アングラー自身の集中力は持続されますし、体力にあまり自信のない人でも、オフショアジギングにチャレンジできるでしょう。

専用のロッドも開発されていますから、大型の魚が掛かっても安心してやり取りを楽しめるはずです。

ドラグなどのライン出しなども、電動リールがきっちりサポートしてくれるのが嬉しいですね。

ビーストマスター1000EJなら再現性の高い釣りを実践できる!

ビーストマスター1000EJを使えば、手巻きでは困難な高速スピード巻き上げを実現できます。

そのスピードをキープしながら、長い時間アプローチし続けられるのは、大きなメリットといえるでしょう。

液晶表示には巻き上げスピードが出て記録されているので、再現性の高い釣り方を実践できることになります。

さっき釣れた巻き上げパターンで、もう一度トライしてみよう!という試みが可能なのは嬉しいですよね。

そのビーストマスター1000EJを使った電動ジギングや、泳がせ釣りのシーンを収めた動画を見つけましたので、ぜひ参考にしてください。

ビーストマスター1000EJで電動ジギングや泳がせ釣りを楽しんでいる動画はこちら

ビーストマスターシリーズのおすすめ機種をピックアップ!

それでは電動ジギングに使ってみたい、おすすめのビーストマスターシリーズを取り上げてみましょう。

先進の機能満載で、なおかつコンパクトなボディにデザインされていますから、パーミングしやすく疲れにくいですよ。

バッテリーなどの関連パーツも一緒に揃えて、いざ!電動ジギングに出かけてみましょう。

シマノ(SHIMANO) 電動リール 20 ビーストマスター 1000EJ 電動ジギング 船釣り ヤリイカ スルメイカ ヒラマサ ブリ

シマノ(SHIMANO) 電動リール 20 ビーストマスター 1000EJ 電動ジギング 船釣り ヤリイカ スルメイカ ヒラマサ ブリ

最安値価格
¥100,100(amazon)

Amazonへ ¥100,100

楽天市場へ ¥130,000

Yahoo!へ ¥100,100

今回イチ押しの電動リール、シマノのビーストマスター1000EJの詳細スペックを見てみましょう。

ギア比は5.3対1ですから、ハンドル1巻きで70センチのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は15.0キロもあるので、大型魚が掛かっても安心してやり取りを楽しめますよね。

自重は700グラムと軽めで、ラインキャパはPEラインの3号で400メートルです。

スプール寸法は、直径が42ミリで幅34ミリですね。

手持ちして使いやすいニュータッチドライブやスピードクラッチを搭載しています。

前述のEJモードは、とても扱いやすくてさまざまなシチュエーションに対応できるでしょう。

GIGA-MAX MOTORで巻き上げをスムーズにおこない、ハイパワー+ハイスピードを実現しています。

注目したいのは、ケーブルコネクタの位置。

ハンドル側に配置されているので、パーミングするときに指に当たらないのが嬉しいですね。

実売価格は9万円台と、電動リールにしてはリーズナブルな価格帯に収まっていますよ。

電動ジギングを始めたい人はもちろん、ヤリイカ・スルメイカ釣りなどにも大いに活用したいですね。

青物を狙った泳がせ釣りにも、しっかり対応してくれるでしょう。

シマノ(SHIMANO) 電動リール 19 ビーストマスター 2000EJ 電動 ジギング

シマノ(SHIMANO) 電動リール 19 ビーストマスター 2000EJ 電動 ジギング

最安値価格
¥88,490(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥100,101

Yahoo!へ ¥88,490

こちらはビーストマスターシリーズの2000EJです。

ギア比5.1対1で、ハンドル1回転70センチ巻き取りになっていますよ。

最大ドラグ力は15.0キロで、自重は690グラム。

ラインキャパは、PEラインの3号なら500メートルも巻けるようになっています。

スプール寸法は、直径44ミリで幅38ミリです。

EJモードを搭載していて、耐久性にパワーやスピードを兼ね備えたモデルですね。

モーター+クラッチ連動機能やクイックリターンクラッチ・海底・魚群水深表示・スーパーフリースプール・e-センタリングシステムなどを装備。

快適な電動ジギングをおこなうための豊富なスペックを満載しています。

実売価格は10万円前後と、やや高額な価格設定になっていますが、便利機能をあれこれと使ってみたい人には見逃したくない機種ですよね。

ラインキャパも多めに取ってありますから、ドテラ流しアプローチを試みたいケースにも重宝するでしょう。

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 200m 3.0号 49.1lb PL-F64R 釣り糸 ライン 3号

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 200m 3.0号 49.1lb PL-F64R 釣り糸 ライン 3号

最安値価格
¥1,122(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,149

楽天市場へ ¥1,149

Yahoo!へ ¥1,122

シマノから出ている4本撚りのPEラインです。

マルチカラー配色なので、10メートルごとに色が切り替わりますし、1メートル・5メートルにもマーキングが施されていて目印になりますよ。

水深や巻き取り量の把握に便利で、電動リールの液晶表示と見比べながら、ジグの位置をイメージしてみましょう。

強度を高めたいなら8本撚りタイプもラインナップされていますから、そちらを検討してみてください。

実際に使ってみると、4本撚りもしなやかで扱いやすい印象です。

実売価格は千円台と、とても安い価格帯になっていますよ。

100メートル単位で切り売りしているタイプもあるので、必要な量を買い揃えることも可能です。

ビーストマスターシリーズを使いこなして電動ジギングを楽しもう!

ビーストマスターシリーズの特徴や電動ジギングの内容、おすすめ電動リールについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今年は電動ジギングにチャレンジして、大物を釣り上げてみましょう!

電動リールの関連記事はこちら

電動リール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング