魚のアップ写真

太刀魚を釣って食べたい!どんな食べ方があるの?おすすめの釣り方もチェック

FISHING JAPAN 編集部

太刀魚がたくさん釣れるのは、秋に入ってからですが、水温が高まると釣らずにはいられません。

春から夏にかけて、じっくり誘いをかけて狙うと、大型サイズが掛かることがあります。

要するに、真冬以外は結構釣れてしまう魚なので、積極的に釣り場へ出向いてアプローチしてみましょう。

ここでは、太刀魚の特徴や釣り方・食べ方などをご紹介します。

「太刀魚ってやっぱり三枚におろすのかな?」

その前に、釣れたその場でやっておきたいことがあります。

そもそも太刀魚ってどんな魚なの?

太刀魚とは、スズキ目タチウオ科の細長い海水魚のことです。

生息域は、日本なら北海道から九州の日本海・東シナ海・太平洋などに広がっています。

もちろん瀬戸内海でも泳いでいて、さまざまな場所で盛んに釣られていますよ。

大陸棚まで落ちることがあり、産卵期間はかなり長いのが特徴です。

なんと春から秋まで、産み続くケースが確認されていますよ。

食べて美味しいのも、お腹に卵を持っている時期と重なります。

小型のころには、甲殻類などを捕食していて、大きく育ってくるとアジやイワシなどの小魚や、イカを食べていることが多くなります。

メスの方がオスよりも大きくなる傾向がありますね。

深場から群れで上がってきた太刀魚を狙って、船釣りでもショアからのキャスティングゲームでもアプローチが繰り返されます。

熱狂的なファンも多く、太刀魚が釣れ出したぞ!という情報が広まるやいなや、釣り場は人だらけになることも。

まさに釣り座を構える隙間もないほど、釣り人が集まりますから、後発でそういった状況に遭遇したら、別の釣り場へ向かうようにしたいものです。

感染症の流行が抑えられるまでは、楽しい太刀魚釣りも以前と同じではよくないでしょう。

密状態を避けるためにも、太刀魚の釣り場情報は広く調べておくことが求められます。

こんなところで釣れるの?というような場所でも、隣接している港などで太刀魚の接岸が確認されていれば、釣れる可能性は高いですよ。

意外と浅いエリアにも、太刀魚が入ってくることがあります。

いるかどうかを確認するには、ルアーのキャスティングゲームでチェックするのがおすすめですね。

太刀魚の釣り方

太刀魚の釣り場探しで頼りになるのが、シーバス用に作られたルアーです。

例えば、鉄板系のバイブレーションルアーや、テールスピンジグなど。

ジグベッド+ワームもいいのですが、飛距離を伸ばしたいなら、鉄板やテールスピンに任せておくほうが効率がいいですよ。

しっかりとロングキャストして、一旦ボトムまでルアーを落とし込みます。

着底を確認できたら、ロッドを立ててラインテンションを与えてからリトリーブを開始してください。

このとき、あまり早く巻き取らないことがキモになります。

ややラインがたるんだ状態で、スローにリトリーブすることを心がけると、太刀魚がルアーにバイトしてきても、弾いてバラしてしまうことを防げるでしょう。

太刀魚の食べ方

太刀魚の食べ方について、知っておきたいことを挙げてみましょう。

まず、釣った直後の下ごしらえですが、シメてからクーラーボックスに入れます。

その際に氷だけでなく海水を汲んで一緒に保管しておくと、あの美しい銀色がほぼ損なわれずに持ち帰れますよ。

また長めのサイズのクーラーボックスを用意しておけば、太刀魚を曲げずにまな板の上に乗せることができます。

三枚におろすときに、背骨が曲がっているようでは、包丁を入れにくいですからね。

太刀魚の鮮度が高ければ、ぜひ刺身にしてください。

その他塩焼きやつけ焼き・天ぷら・フライ・酢じめなどがおすすめです。

一風変わった料理に仕上げている動画を見つけましたので、参考にしてください。

太刀魚をさばいて料理している動画はこちら

太刀魚を釣るのにおすすめのルアーをピックアップ!

それでは太刀魚を釣るのにおすすめのルアーを取り上げてみましょう。

船釣りならメタルジグが強いですよね。

ショアからキャスティングゲームをおこなう場合なら、このルアーが効果的ですよ。

キャストしやすくて、バイトも取りやすく作られています。

モーリス(MORRIS) メタルバイブ フラッシュユニオン フルメタルソニック 18g スプリングレッドクロー #006 ルアー

モーリス(MORRIS) メタルバイブ フラッシュユニオン フルメタルソニック 18g スプリングレッドクロー #006 ルアー

最安値価格
¥1,009(楽天市場)

Amazonへ ¥1,199

楽天市場へ ¥1,009

Yahoo!へ ¥1,009

フラッシュユニオンからリリースされている、鉄板系バイブレーションルアーです。

とても薄いボディ構造なので、着水してから動き出すまでが素早い印象があります。

当然スローリトリーブでもしっかりアクションしてくれますから、深い層をきっちりトレースできますよ。

太刀魚のアタリも明確に手元に伝わってくるので、フッキングのタイミングが図りやすいのがいいですね。

こちらのウエイトは18グラム、もっと軽いものもラインナップされています。

釣り場のシチュエーションに応じて使い分けてみましょう。

実売価格は900円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

キンクロ系やチャート系・シルバー系を押さえておけば、カラーローテーションは成立するでしょう。

スピニングタックルのほうがロングキャストしやすいですから、細目のPEラインと組み合わせてベストなセッティングを見つけてみてください。

フックは標準がダブルフックなので、トレブルフックに換装してもいいかもしれませんね。

掛かった太刀魚を取り外す際には、魚バサミなどで太刀魚をしっかり固定するのを忘れないようにしましょう。

太刀魚を釣り上げて美味しく食べよう!

太刀魚の特徴や釣り方・食べ方、おすすめのルアーを取り上げましたが、いかがでしたか?

釣り場で密状態になるのを避けながら、大型サイズを狙ってみましょう!

タチウオの関連記事はこちら

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング