リールのアップ写真

タトゥーラシリーズでバスを釣りたい!どんどん進化するダイワのスタンダードベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのベイトリール・タトゥーラシリーズは、どんどん進化を遂げています。

タトゥーラTWに始まり、ボリュームはコンパクト化。

タトゥーラCTタイプRに至ってはスプール幅の狭いものを搭載し、タトゥーラSV TWは直径32ミリのスプールをベースに作られました。

そして2021年、タトゥーラシリーズは大きな転換を迎えます。

太いラインでビッグサイズルアーをキャスト可能な、これまでの流れと異なるベイトリールがラインナップに加わったのです。

ここでは、最新のタトゥーラシリーズの特徴やスペック・インプレについて、ご紹介しましょう。

タトゥーラシリーズなら安心してキャストできる!

ダイワのタトゥーラシリーズなら、バックラッシュトラブルを気にせず、安心してキャストをおこなえます。

この分かりやすいコンセプトは、初代タトゥーラからブレることなく引き継がれていますよね。

支えているのは、TWS=Tウイングシステム。

これは、ベイトリールのスプールに最も近い距離にあるパーツ・レベルワインドのラインガイドを、アルファベットのT字型にしたものです。

すなわち、キャストの際のライン放出で、真っ先に振れるパーツの幅を、既存のものより極端に広げたことになります。

広がれば、ラインが強く擦れたり当たったりすることが抑えられ、バックラッシュトラブルの発生を減らせる効果が見込めますよ。

実際にタトゥーラシリーズを手にしてキャストしてみると、とてもスムーズにラインがスプールから出ていきます。

急にスプール上で膨れたりすることが、ほぼありません。

どんどん飛距離を伸ばしていくルアーが着水するころには、これまで体験したことのない快適なキャストフィールを誰もが得られるようになっています。

しかもこのTWS、クラッチをつないでラインの巻き取りを開始すると、カチッ!とターンしてT字型だったラインガイドが幅狭のI字に切り替わるのです。

幅狭のラインガイドなら、レベルワインドの左右の動きで、回収したラインを整然とスプールに巻き取っていけますよね。

キャスト時にはトラブルを抑え、巻き取り時にはラインをきっちりスプールに収められるという、画期的なシステムが、タトゥーラシリーズの存在価値を高めているわけです。

2021年には、最新のタトゥーラシリーズ・タトゥーラTW300/400がリリースされました。

タトゥーラCTタイプRは100番というコンパクトなスプールサイズでしたが、最新リールには300番・400番というスプールサイズが搭載されていますよ。

その詳細スペックや実釣インプレを収めた動画を、じっくりご覧ください。

タトゥーラTW300/400の実釣インプレ動画はこちら

最新のタトゥーラシリーズはどこが変わったの?

最新のタトゥーラTW300/400について、詳しくチェックしてみましょう。

まずはスプールサイズ、これが大きくなって、それに合わせてボディもコンパクト化からビッグサイズに切り替わっています。

スプールの直径は、なんと43ミリ。

それによるラインキャパの拡大で、太いラインをたくさん巻けるようになっています。

具体的には、300番はモノフィラメントラインの25ポンドを145メートル。

400番は30ポンドを140メートルも巻けますよ。

これにより、どんな釣り方を実施できるのでしょうか。

タトゥーラTW300/400はどんな釣り方に向いているの?

タトゥーラTW300/400なら、ビッグベイトと呼ばれる大型のスイムベイトを、自在に操ることができます。

自重のあるビッグベイトですから、細いラインでは安心してキャストを繰り返すことは難しいでしょう。

25ポンド以上のモノフィラメントラインや5号以上のPEラインを、100メートルを超える巻糸量で対応可能なスペックだからこそ、豪快な釣り方を実践できるのです。

またボディフレームやサイドプレートには、剛性・耐久性の高いアルミ素材が使われていますから、この点でも安心度が増していますよね。

広大なウィードエリアで、ロングキャストを絡めながらのビッグベイトフィッシングをしてみたいなら、最新のタトゥーラシリーズを手にしてみることをおすすめします。

タトゥーラTW300/400と一緒に使ってみたいおすすめルアーをピックアップ!

それでは最新のタトゥーラTW300/400でキャストしてみたい、おすすめのルアーを取り上げてみましょう。

ビッグベイトと呼ばれるルアーは、ボディサイズが大きくて重いものばかり。

あまりに負担を感じてしまうと、キャストの手返しが落ちてしまう可能性がありますから、キャストしやすいもの・動かしやすいものを選んでみました。

JACKALL(ジャッカル) ダウズスイマー 220SF マルハタオチアユ

JACKALL(ジャッカル) ダウズスイマー 220SF マルハタオチアユ

最安値価格
¥5,321(amazon)

Amazonへ ¥5,321

Yahoo!へ ¥12,150

ジャッカルからリリースされている、3連ジョイント式のビッグベイトです。

全長220ミリで自重は3.6オンス=100グラムを超える設定ですね。

実際にラインに結んでキャストしてみると、さほど重くは感じませんでした。

軽やかにロッドを振って、ゆるゆると飛ばす感じでも飛距離は伸びていきます。

着水後はスローに水面まで浮き上がってきて、水絡みはバツグン。

トゥイッチやジャークといったロッドワークを加えるよりも、ただ巻き+早巻きが効果的。

ときどきキルを入れて静止させておくと、バスやシーバスがどことからともなく浮き上がってきて、口先で触ってきますよ。

そのまま放置を続けても食い付くことはありますが、バイトを誘発したいなら、やや速めのスピードでただ巻きすることをおすすめします。

一瞬でスイッチが入ったようにS字スラロームを発生させ、身をよじるようにして泳いでくれます。

そういった動きにバスやシーバスが反応して、豪快に襲いかかってくるでしょう。

実売価格は5千円台と、やや高めの設定になっていますが、ビッグベイトにナチュラルさが盛り込まれたスペックが魅力的です。

使ってみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

テールパーツは別売りされていますから、もし取れたら自分で装着してください。

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー ジョインテッドクロー148改 15SS K-06BB スケルトンチャート.

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー ジョインテッドクロー148改 15SS K-06BB スケルトンチャート.

最安値価格
¥4,321(amazon)

Amazonへ ¥4,321

ガンクラフトから発売されているビッグベイトです。

さまざまな種類・サイズがリリースされているので、自分が通っている釣り場のシチュエーションに合わせて、使い分けることができますよ。

フローティングモデルやスローシンキングモデルからの選べますし、自分で板オモリを貼り付けて、浮力を調整するのも楽しいでしょう。

キャストフィールはバツグンで、イメージ通りの飛距離を引き出しやすくなっています。

着水音もサミングで抑えられますから、魚を散らしてしまうトラブルも避けることができます。

インレットでもカバー周りでも使いやすいですし、ソルトウォーターゲームでも魚を引き寄せるパワーがありますね。

こちらのモデルは、通常のジョインテッドクローよりも、身の振り幅はタイトです。

そういう動きに反応しやすい魚もいますから、その日の状況によって選べばいいでしょう。

実売価格は4千円台と、購入しやすい価格帯に収まっています。

カラーバリエーションも豊富なので、釣り場のベイトフィッシュにマッチしたカラーを用意しておきたいですね。

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ワーム ユニオンスイマー120F エコ #009 銀ピカアユ

FLASH UNION(フラッシュユニオン) ワーム ユニオンスイマー120F エコ #009 銀ピカアユ

最安値価格
¥1,620(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,744

楽天市場へ ¥1,681

Yahoo!へ ¥1,620

フラッシュユニオンから出ている、軟質系のスイムベイトです。

120ミリとビックベイトと比較したらコンパクトですが、誘い・食わせの要素ともハイレベルに仕上がっていますよ。

こちらは、フローティング仕様なので、水面に浮かしたまま放置できるのが強みですね。

最後尾のテールは、しっかりと水をつかんで動き出しの早いデザインになっています。

自重は5/8オンスしかありませんから、ソフトな着水音で魚に余計なプレッシャーを与えないでしょう。

実売価格は千円台と、とても安い価格帯になっているのが嬉しいですね。

カバーやストラクチャーに当てても、壊れにくくて長持ちするところも、大きなメリットといえるでしょう。

タトゥーラシリーズを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

タトゥーラシリーズの特徴や最新リールのスペック、おすすめのルアーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

タトゥーラの進化を肌で感じ取りながら、新しい釣りスタイルにチャレンジする1年にしてみたいですね!

ベイトリールの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング