仕掛けのアップ写真

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式でファミリーフィッシングを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

暖かい季節になってくると、家族連れで釣りに行きたくなりますよね。

手軽に好釣果を楽しめるのが、防波堤などからのサビキ釣り。

専用のサビキ仕掛けが、2021年ダイワからリリースされます。

その名も、快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式。

アミカゴの付いているサビキ仕掛けなので、釣り場ですぐに釣りを始められるでしょう。

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式とは

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式とは、2021年ダイワから新発売となる、サビキ仕掛けのことです。

釣具メーカーのダイワが手掛けた仕掛けなので、独自のこだわりを見ることができますよ。

まず、ダイワの熟練した工員によって完全な手作業で作られています。

疑似餌や針号数によって、結び回数も切り換えて対応していますよ。

細部にまで手を加えつつ、実釣で扱いやすい仕上がりになっているのが嬉しいですね。

それから構成するラインには、フロロカーボン素材のDフロンを使っています。

それにより、疑似餌部分がしっかりと踊ってくれるしなやかさを保持しています。

加えて②糸グセがつきにくいので、仕掛け同士が絡まりにくいでしょう。

結び目の結節強度がアップしていますから、不意に破断してしまうようなトラブルを防いでくれますよ。

元々船釣り用のハリスとして開発されたフロロカーボンラインですから、使い勝手の良さは船釣りからフィードバックされているわけです。

豊富なノウハウを元にして作られているサビキ仕掛けなら、安心して使えますし、魚とのやり取りもおこなえるでしょう。

このサビキ仕掛けを用いることで釣果が向上すれば、次の釣行でも選んで使いたくなります。

そうしながらクルマの中にサビキ釣りセットを常備しておくと、いつでも釣り場を見つけたタイミングで、釣りを始めることができるでしょう。

駐車スペースをきっちり確保できるところを見つけたら、周囲の邪魔にならないように停めて、いざサビキ釣りをスタートさせましょう。

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式には樹脂製アミカゴが標準装備!

この新しいサビキ仕掛けには、樹脂製のアミカゴが標準で付いています。

わざわざ別売りのものを購入しなくて済むのが嬉しいですね。

着底させると必ず立ってくれる仕様で、ウエイトサイズは12号です。

これなら普通の延べ竿で、カンタンに操れるでしょう。

防波堤に当たる潮が早めでも、12号あれば仕掛けそのものが安定します。

しかも深場に落とし込んで操ることが可能ですし、底取りをきちんとおこなってから釣りを始められるのもいいですね。

アミカゴ自体が底で立つことで、根掛かりは避けやすくなりますし、水からあげて撒き餌を入れるのも楽です。

またアミカゴの側面には、穴=アイが装備されていますから、そこにハリスを結んで枝針として使うこともできますよ。

合計2種類のカラーがラインナップ!

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式には、合計2種類のカラーがラインナップされています。

●ピンクカラー

●ケイムラカラー

ケイムラカラーのほうが、販売価格が少し高めの設定になっていますよ。

針サイズは、ピンクカラーのほうが0.5号から8号まで、ケイムラカラーのほうが3号から8号までとなっています。

釣り場で回遊している魚の大きさを詳しくチェックして、その口のサイズにマッチした針を選ぶようにしたいですね。

快適職人サビキセットでおこなうサビキ釣りを解説している動画はこちら

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式とマッチングのいいおすすめロッドを選んでみた!

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式と一緒に使ってみたい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

延べ竿でもかまわないのですが、足場の高い防波堤なら対応が難しくなる恐れがあります。

そんなときは、2号以上の振出式磯竿を転用して、スピニングリールを装着してください。

足場の高い分だけ、柔軟に道糸を送り出せますからね。

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 3-45・K 釣り竿

最安値価格
¥7,810(amazon)

Amazonへ ¥7,810

楽天市場へ ¥7,975

Yahoo!へ ¥7,875

ダイワからリリースされている、振出式の磯竿です。

全長をあまり長くしてしまうと、手持ちしたときに重くて疲れてしまいますから、ウエイト軽めのロッドを選ぶようにしたいですね。

全長は4.46メートルで、仕舞寸法は101センチにまで縮まります。

継数は5本ですから、持ち運びにはとても便利でしょう。

自重は195グラムと、200グラムを切る軽さです。

先径1.4ミリ/元径20.1ミリと、やや細身に仕上がっていますよ。

錘負荷は、5号から10号前後を目安に使うことができます。

対応ハリスは、ナイロンの3号から7号クラスですね。

ステンレス製のリールシートなので、スピニングリールのリールフットを取り付けるのがカンタン。

また衝撃に強いハードガイドを装備していますから、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

ガイドカバーが付いていて、糸通しバーにガイトリングを通して保管することができます。

実際に手にしてみると、ハイスペックではないものの標準的な機能満載なので、とても扱いやすい印象です。

伸ばしても持ち重り感はさほど感じませんから、長い時間釣りをしていても疲れにくいでしょう。

実売価格は7千円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ファミリーフィッシングを楽しむのに、丁度いいロッドといえそうですね。

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式の気になる発売日はいつ?

快適職人サビキセット ソフトアミエビ5本下カゴ式の気になる発売日は、2021年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、500円から520円です。

防波堤では密状態にならないように、隣りの釣り人との距離を開けてサビキ釣りを実践してください。

サビキの関連記事はこちら

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング