ワームのアップ写真

バスエネミースティックに2021年リバースカラーモデルが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

ワカサギなどの小魚そっくりにシルエットを仕上げた、エバーグリーンのバスエネミースティック。

2021年には4インチサイズのリバースカラーが、追加ラインナップされますよ。

いったいどんなカラーに仕上がっているのか、興味が湧いてきますよね。

ここでは、ピンテールワーム・バスエネミースティックの特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

バスエネミースティック・リバースカラーとは

バスエネミースティックのリバースカラーモデルとは、エバーグリーンから発売中のバス釣り用ピンテールワームのことです。

頭部先端に付いているおヒゲのような突起物が個性的で、これはジグヘッドを装着したときのハリ先を隠すウィードガードの役割を担っています。

「えっ、ジグヘッドのハリ先って、上を向いてるんだから、このウィードガード逆向きじゃないの?」

ご指摘の通りです!

従来のバスエネミースティックは、このウィードガードが上向きに付いていました。

それを上下逆に、すなわちリバース状態にしたのが、リバースカラーモデルなのです。

サイズは4インチに設定されていて、装着するフックは、オフセットフックにフォーカスされていますよ。

次の写真をご覧ください。

おヒゲが下に向かって伸びていて、その直後にはオフセットフックが装着されています。

つまり、このノーシンカーリグでアプローチするための仕様なのです。

バスエネミースティック・リバースカラーモデルのメリットは2つ。

ひとつは、ウィードガードパーツが下側に伸びるので、バランサーの役割を果たします。

横倒れしかけても、元通りの姿勢に復元しやすいわけです。

例えば、ノーシンカーリグでI字系アプローチをおこなった際、泳ぎがバツグンに安定して、長い距離・広い範囲をただ巻きトレースできることに。

それに比例してバイトの確率が高くなっていくのは、至極当然ですよね。

もうひとつのメリットは、背中が濃い色調、お腹が白く薄い色調になっていること。

実物の小魚と同じなので、バスは違和感なくバイトできるでしょう。

バスエネミースティックの最後尾に注目!

このワームは、最後尾がピンテール形状になっています。

水の流れの影響を受けやすく、またアングラーが加えるロッドワークによって、ブレを元の状態に修正しやすい特徴を持っていますよ。

小魚が逃走アクションを繰り出す際の、タイトな揺れ・震えが再現できるので、バスの捕食スイッチがオンになりやすいのです。

ただ巻きアプローチでも、アクション→元通りに修正をセルフで演じられるのが強みですね。

当然静止した状態での、ロングシェイクにも俊敏に対応できますから、ほぼ万能のテール形状といえるでしょう。

2021年にはリバースカラーモデルが計4種類追加ラインナップ!

バスエネミースティックには、2021年リバースカラーモデルが計4種類追加ラインナップされます。

背中が濃くお腹が白い状態は、小魚っぽくて違和感がありません。

このワームを信頼して、長く使い込めるベースが出来上がっているカラーリングが、とても頼もしいですよね。

●#R84 ベイビーギルRカラー

●#R85 グラスクローRカラー

●#R120 スーパーアユRカラー

●#R130 フラッシュパープルウィニーRカラー

どれもフィールドで効いてくれそうなベイトフィッシュライクなものばかり。

お気に入りのオフセットフックを装着して、ガンガンキャストを繰り出してみましょう。

バスエネミースティックとマッチングのいいおすすめロッドを選んでみた!

バスエネミースティックのノーシンカーリグとマッチする、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

軽いウエイトになるので、スピニングロッドのほうがI字系として操りやすそうですが、カバー直撃でアプローチするつもりなら、太いラインを使えるベイトロッドのほうがいいかもしれません。

特にベイトフィネスタックルを選ばなくても、キャスタビリティはじゅうぶん備えていますよ。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ベイト バーサタイル 166M テキサスリグ スピナーベイト

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ベイト バーサタイル 166M テキサスリグ スピナーベイト

最安値価格
¥21,279(楽天市場)

Amazonへ ¥27,610

楽天市場へ ¥21,279

Yahoo!へ ¥21,279

シマノのバス釣り用ベイトロッドです。

全長6.6フィートと、扱いやすい長さのMパワーブランクスなので、応用範囲の広い使い方ができますよ。

とてもベーシックなテイストのロッドといえるでしょう。

適合するルアーウエイトは、7グラムから21グラムまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインの8ポンドから16ポンドまでカバーできます。

継数は1本で、自重は112グラムと軽めですね。

実際にフィールドで使ってみると、12ポンド前後のフロロカーボンラインとのマッチングが良くて、ノーシンカーリグを自在に操ることができました。

カバーの奥を直撃することも、バイトをしっかりフッキングすることも容易。

これならバスエネミースティックが持つポテンシャルを、フルに引き出すことができるでしょう。

やや硬く感じる人がいるかもしれませんが、手首を柔軟に動かして、ロッドブランクスにしなやかさを与えるようにしてください。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

とても購入を検討しやすい価格帯なので、初心者の人にもおすすめしたい1本ですね。

バスエネミースティックを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

バスエネミースティックの特徴や使い方、おすすめのロッドを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

さまざまなシチュエーションで、このワームを駆使してビッグバスを釣り上げてみてくださいね!

エバーグリーン公式サイト

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング