ルアーのアップ写真

ジャックハンマーTGに2021年追加カラーが仲間入り!バス釣り用ブレーデッドジグ

FISHING JAPAN 編集部

エバーグリーンからリリースされている人気ブレーデッドジグ・ジャックハンマーTGに、2021年追加カラーがラインナップされます。

キャストしてリトリーブを開始すると、立ち上がりの素早いブレードアクションを披露してくれるこのルアー。

シャローエリアからディープレンジまで、丁寧に確実にバスを誘うことができますよ。

その詳しいスペックをご紹介しましょう。

ジャックハンマーTGとは

ジャックハンマーTGとは、エバーグリーンから発売中のブレーデッドジグのことです。

ラバージグをベースにして、ラインアイのところに薄い金属ブレードが取り付けられています。

リトリーブの進行方向に対して、垂直に設置されていますから、真正面から水を受けて左右に受け流す構造に。

その際、ブレードが左右にハイピッチで振れることになるわけです。

それに後続してスカートやフックが連なるので、ウィードレス効果はとても高く、カバー周りでも果敢に投入してトレース&スイミングさせることができますよ。

例えば、クランクベイトやスピナーベイトをリトリーブしても、バイトがない場合。

いきなりワームのリグにスイッチしてしまうと、手返しが悪くなります。

釣れるかもしれませんが、バスとの遭遇確率は低くなるでしょう。

それを補いつつ、バイト誘発を高めたいときが、ジャックハンマーTGの出番ではないでしょうか。

それでは豊富な搭載スペックを、ひとつずつ見てみましょう。

まずは、ヘッド部分。

鉛素材を使っているのではなく、樹脂タングステンが選ばれています。

環境対策ができていることで、FECOエコタックル認定商品としてバストーナメントなどで使われるルアーとなっています。

そのヘッドデザインは、低重心になるように扁平なカタチをしていますよ。

これにより、アクションの安定感が増して、スキッピングなど積極的なアプローチがやりやすいのがいいですね。

激しくダートさせた後の立ち直りも早く、ブレードアクションの維持にもつながるでしょう。

ジャックハンマーTGの金属ブレードに注目!

装着されているブレードは、ステンレス製で極薄の形状です。

厚さはなんと0.4ミリしかありませんから、ハイピッチでアクションを続けられる要因となっているのです。

左右へのアクションにバラつきが生じるのを防いでいて、強い水押し効果も見込めますよ。

しっかりした硬さを持たせつつ、キレキレのアクションを発生させるための薄さを導き出しているのがスゴイですね。

開発担当は、あの清水盛三プロ。

本場アメリカのバストーナメントで培ってきたノウハウが、存分に活かされているといえるでしょう。

ジャックハンマーTGには2種類の追加カラーがラインナップ!

ジャックハンマーTGには、2021年に新しいカラーバリエーションが追加されます。

●コールドシャッドカラー

●シークレットホワイトカラー

特にシークレットホワイトカラーは、暗がりでボワッと光る、グロー発光効果が採用されていますよ。

ディープレンジやオーバーハング下などの日照の届きにくいポイントで、バスを惹き付けてくれるでしょう。

このグロー発光なら、海のロックフィッシュゲームにも転用できそうですよね。

ジャックハンマーTGを操作するのにおすすめのロッドをピックアップ!

ジャックハンマーTGをキャストして操るのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ウエイトが、3/8オンスと1/2オンスですから、MHパワークラスのブランクスを持ったベイトロッドなら、思うようにアクションさせられるはず。

ラインも太目のモノフィラメントラインが使える仕様のほうが、カバーを攻略するつもりならベターです。

エバーグリーン(EVERGREEN) EG)フェイズPCSC-67MH

エバーグリーン(EVERGREEN) EG)フェイズPCSC-67MH

最安値価格
¥38,200(Yahoo!)

Amazonへ ¥48,400

楽天市場へ ¥40,656

Yahoo!へ ¥38,200

エバーグリーンからリリースされているMHパワーのブランクスを持ったベイトロッドです。

ファーストテーパーで独特の張りがありますが、手元で感じたバイトをしっかりフッキングに持ち込むことができますよ。

全長は2.01メートルで1ピース仕様、自重は142グラムです。

他メーカーのバスロッドより若干重めですが、実際に手にしてみるとあまり持ち重り感はありません。

ロッドバランスを丁寧に仕上げている証しでしょうか、使いやすさが際立っているロッドです。

適合するルアーウエイトは、7グラムから28グラムまで。

モノフィラメントラインなら10ポンドから20ポンドがマッチするでしょう。

太目のラインをベイトリールに巻けば、カバーやストラクチャーに干渉させながらアプローチを繰り返すことができます。

実売価格は4万円台と高めな価格設定ですが、エバーグリーンのロッドに関してはこの価格帯に集中している感があります。

どれもハイスペックな仕上がりなので、ハイエンドモデルを探している人にじゅうぶん響くでしょう。

ジャックハンマーTG追加カラーの気になる発売日はいつ?

ジャックハンマーTG追加カラーの気になる発売日は、2021年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,200円です。

さまざまなカラーを駆使しつつ、トレーラーに用いるワームにもこだわりながら、バス釣りを楽しんでみましょう。

軸部分にダブルワイヤーキーパーが付いていますから、トレーラーワームがキャストの衝撃でズレてしまうことなく使い続けられます。

キャストのたびに位置修正をしていては、テンポよく攻めることができませんから、とてもありがたい仕様といえるでしょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング