ルアーのアップ写真

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDの発売日が気になる!2021年登場のサーフヒラメ専用ミノー

FISHING JAPAN 編集部

サーフからのロングキャストでヒラメやマゴチを狙うサーフゲームが、盛んにおこなわけています。

さまざまなメソッドが注目を浴びる中、シンキングミノーをスローにリトリーブすることでバイトに持ち込めることが分かってきました。

ダイワから2021年にリリースされるフラットジャンキー ヒラメハンターZ SDなら、超スローリトリーブで瀕死の小魚を演出できるでしょう。

ここでは、新製品・フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDについて、詳しくご紹介します。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDとは

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDとは、2021年にダイワから新発売されるシンキングミノーのことです。

全長は125ミリと、ヒラメを狙うのに丁度いいサイズで、ウエイトは25グラム。

これならロングキャストを実践できるので、広範囲を丁寧に探れるでしょう。

注目すべきは、そのネーミングにあります。

末尾に付いている“SD”とは、何の略だと思いますか?

実は、スロードライブ=スローにミノーをリトリーブして誘うことを意味しています。

サーフエリアでヒラメを釣るためには、離岸流の位置を確認しますよね。

岸から離れていくその流れの中でミノーを躍らせるには、単なるシンキングミノーでは事足りません。

傷付いて瀕死の状態になってしまった小魚を、きっちり演出する必要があるのです。

そのためには、超スローリトリーブでシンキングミノーを漂わせてみましょう。

ダイワのシーバスゲーム用ミノーに、ショアラインシャイナーZバーティスSDというモデルがあります。

これはスローで引っ張ると、弱めのウォブリング+ロールアクションを発生させるよに作られていて、派手な動きはあえて抑え込まれていますよ。

このアクションをヒラメ専用に転化したのが、フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDなのです。

離岸流が絡むサーフに潜んでいるヒラメは、ビッグサイズになるほどカンタンには口を使ってくれません。

そこでこのSD仕様のシンキングミノーを、繰り返し何度も通してみると、高い確率でバイトしてくるのです。

瀕死なら激しくアクションはしませんから、スロージギングによる誘いのようなアプローチが効果的ということでしょう。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDはセミフラット形状!

このミノーのデザインは、セミフラット形状になっています。

横倒れしてから元の姿勢に戻る際に、フラッシング効果や水押し効果を期待できますよね。

またお腹の部分に鏡面フィニッシュ仕上げが施されていますから、ここでも強いフラッシング効果が発生することに。

ボトムの砂地に隠れているヒラメから、しっかり見えることにつながり、浮上して激しくバイトしてくれるでしょう。

マゴチも同じように、ボトムから急浮上して噛み付いてくるはずです。

それから意外と多いのが、回遊している青物がサーフでバイトしてくること。

フックには4番のトレブルフックが標準で装備されているので、大型の青物もバイトしてくるかもしれませんよ。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDのカラーバリエーションは全8種!

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●アデルバーニングイワシカラー

●アデルヒラメイワシカラー

●アデルヒラメピンクイワシカラー

●アデルヒラメピンクマーブルカラー

●アデル竜宮城カラー

●ダブルレッドゴールドカラー

●不夜街カラー

●レッドヘッドグローベリーカラー

どれもヒラメやマゴチが好みそうな、実績の高いカラーばかりですね。

チャート系のアピールカラーで攻めた後は、ナチュラルでリアルフィニッシュなカラーにローテーションして、誘いをかけてみましょう。

いきなり強烈はバイトが来て引っ張られてもかまわないように、心の準備もしておきたいですね。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDをサーフでロングキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDをサーフエリアでロングキャストするのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ある程度の長さがあるほうが、カンタンに飛距離を伸ばせるのは言うまでもありません。

ラインが絡みにくいガイドシステムを組んでいると、ストレスなくサーフゲームを続けられますよ。

ダイワ 21 ジグキャスター 100MH・N

ダイワ 21 ジグキャスター 100MH・N

最安値価格
¥15,375(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,016

楽天市場へ ¥16,005

Yahoo!へ ¥15,375

2021年の2月からリリースが開始されている、ダイワの新しいショアキャスティングロッドです。

全長は3.05メートルと長めなので、飛距離を伸ばすのに適していますよ。

2ピース仕様で仕舞寸法は157センチになります。

自重は245グラムですから、ガッシリした印象がありますね。

先径/元径は、1.9/15.8ミリとやや太目でしょうか。

適合するルアーウエイトは、15グラムから65グラムまでなので、フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDならジャストフィットです。

適合するPEラインは、1.5号から3号までとなっていますよ。

ブランクのカーボン素材含有率は、97パーセントです。

実際に手に取ってみると、さほど重くは感じませんし、しっかりとした作り込みであることのほうが印象深いですね。

ショアジギングを始めたい人におすすめですし、サーフヒラメゲームも同時進行でマスターしてしまいましょう。

どちらも1本のロッドでカバーできるなら、かなりコスパ優秀であるといえそうですね。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

トップガイドにSiCリングが装着されているのも、安心してキャストを続けられる要因になるでしょう。

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDの気になる発売日はいつ?

フラットジャンキー ヒラメハンターZ SDの気になる発売日は、2021年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,940円です。

座布団サイズのヒラメを、このミノーで釣り上げてくださいね!

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング