ワームのアップ写真

沈むエビ系ワームのシュリンピードに2021年追加カラーが4種類ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

食わせ要素の高いエビ系ワームといえば、ダイワのシュリンピードを思い起こしますよね。

2021年には新しいカラーが、追加でラインナップされます。

より一層幅広いシチュエーションに対応できるようになるはずですから、ますますタックルボックスから外せませんね。

ここでは、ダイワのシュリンピードについてご紹介しましょう。

シュリンピードとは

シュリンピードとは、ダイワからリリースされているバス釣り用ワームのことです。

上下左右対称となっているデザインがとても個性的で、エビ系でも虫系でもある雰囲気を醸し出していますよ。

全長は43ミリで、ウエイトは3.3グラムですから、メインで扱うのはスピニングタックルになりそうです。

実際にフィールドでキャストしてみましたが、よく飛びますし着水音はとても静か。

着水からすぐにフォール姿勢へ移るのですが、オフセットフックでもマスバリでも水平姿勢をキープしますよ。

しかも、全身から生えている足パーツが、水の抵抗を受けてピリピリと細かくアクション。

その様子は、まさにエビが手足を動かしているような生命感に溢れています。

細かなアクションは、アングラーのシェイキングなどでは起こしにくいもの。

それをフォールさせるだけで自発的に動くとなれば、さまざまなピンポイントで落とし込みオンリーで釣れる確率がアップするでしょう。

コンクリート護岸や垂直岩盤、ウィードのアウトサイドエッジなど、縦方向にトレースしたいカバーやストラクチャーを見つけたら、ぜひ投入してもらいたいですね。

このピリピリアクション、やはり素材の影響も大きいのではないでしょうか。

引っ張ってもカンタンには千切れない、硬めのマテリアルが採用されています。

ただ硬いといっても、フッキングの邪魔になるような硬さではなく、操作性の向上に役立つ部分に絞られている印象が強いですね。

何度もキャストして接触が増えても足が取れてしまわないのは、ありがたいですね。

ときどきブルーギルに引っ張られることがありますが、それでも原型をとどめていることが多いですよ。

トゥイッチした際の水押し効果も、期待できそうです。

シュリンピードの断面にはポッパーのようなカップをデザイン!

このワームの断面を見てください。

左右どちらも凹んでいて、まるでトップウォータールアーのポッパーのようなデザインです。

これにより、しっかりと水をつかむことができますし、その引き抵抗が移動距離を抑えた演出を可能にしてくれるでしょう。

スプラッシュを撒き散らすほどではないですが、制動はしっかり掛かります。

アクションのベースになるのは間違いなく、メリハリのあるアプローチを実践することができますよ。

こういった細かな部分にも工夫が盛り込まれているのが、シュリンピードの強みでしょう。

シュリンピードに追加されるカラーは全部で4種類!

シュリンピードの2021年追加カラーは、全部で4種類用意されています。

●レッドクローカラー

●ブラックエビミソカラー

●脱皮シュリンプカラー

●テナガグリーンフレークカラー

なんと背中とお腹で色調を変えていて、こだわりがスゴイのが伝わってきますね。

フォールで誘いをかけるわけですから、単一カラーよりは刺激的になるはず。

バイトの有無は、ラインスラックが張ったり緩んだりすることから読み取りましょう。

分かりにくいときは、ロッドを立てて瞬間的にラインスラックを消し去ってみてください。

バスがくわえていたら、ロッドティップが曲げられてしまうはずです。

ただし、せっかく口にしているワームを吐き出される可能性もあるので、強めのテンションをかけるのはダメですよ。

シュリンピードを上手く活用してバス釣りを楽しんでいる動画はこちら

シュリンピードを操るのにおすすめのロッドをピックアップ!

シュリンピードをキャストしてフォールさせるのに、おすすめのロッドを取り上げましょう。

スピニングロッドなら、フリーフォールさせやすいですよ。

カバー周りで操るなら、ライトラインだと破断しやすいので、バイトを感じたら一気にカバーから引き離すようにしたいものです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 681LFS 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 681LFS 釣り竿

最安値価格
¥19,162(amazon)

Amazonへ ¥19,162

楽天市場へ ¥19,162

Yahoo!へ ¥20,020

ダイワからリリースされているバス釣り用のスピニングロッドです。

全長2.03メートルと、やや長めですから、ロングキャストやラインメンディングをしやすいでしょう。

1ピース仕様で、自重は89グラムと軽めの設計です。

先径/元径は、1.3/9.9ミリとかなり細い仕様になっています。

適合するルアーウエイトは、0.9グラムから7グラムまで。

適合するラインは、フロロカーボンラインなら2.5ポンドから6ポンドがベストマッチでしょう。

ブランクのカーボン素材含有率は、99パーセントです。

実際に手にしてみると、長さと比べてとても軽く、ロッドティップを持ち上げやすいのがいいですね。

ノーシンカーリグを意図的にリフトするときに、フロロカーボンラインは沈んでいますから、上にロッドティップを持ち上げても、ワームは前進することに。

そこで発生するバイトを拾いやすく、フッキングに持ち込みやすいのが大きなメリットです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格に設定されています。

ラインをできるだけ細くすると、フリーフォールがより自然な状態になりますよ。

バイトを多く誘発させたいなら、ラインにもこだわりたいですね。

シュリンピード追加カラーの気になる発売日はいつ?

シュリンピード追加カラーの気になる発売日は、2021年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、660円です。

エビが多く棲んでいる水路などで、活躍してくれるのは間違いないでしょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング