シンカーのアップ写真

2ウェイシンカーならフリーリグでもテキサスリグでも対応可能!2021年ダイワから新登場

FISHING JAPAN 編集部

カサゴやアイナメ・ソイなどをターゲットにしているロックフィッシュゲームでは、岩礁帯やテトラを直接叩くアプローチを実践します。

その際に根掛かりしやすいシンカーを使っていては、手返しが悪くなってしまいますよね。

2021年ダイワからリリースされる2ウェイシンカーなら、すり抜けバツグンでストレス要らず。

しかも2通りの使い方を選ぶことができるスグレモノです。

ここでは、ダイワの2ウェイシンカーについて、詳しくご紹介しましょう。

2ウェイシンカーとは

2ウェイシンカーとは、2021年ダイワから新発売される、ロックフィッシュゲーム用のスリップシンカーのことです。

スリップシンカー=ラインの中通し可能なシンカーのことで、後に続くフックやワームとの一体感を出すのに優れていますよ。

ウエイトの種類は、全部で8種類用意されています。

5グラム・7グラム・10グラム・14グラム・18グラム・21グラム・24グラム・28グラムの中から選んでください。

軽いほうが、沈下物やストラクチャーにスタックしにくいですが、少しのロッドワークで移動したり浮き上がったりしてしまいます。

重くすると、ボトムを取りやすいというメリットが発生しますが、根掛かりの危険性は増しますし、加えた魚が重過ぎて離してしまうかもしれません。

適所で使い分けることで、貴重な1匹につながることを心得ておきましょう。

さて、この新しい2ウェイシンカーですが、アップ写真を見てみると、尖った先にラインを入れる穴が開いていて、それを抜き出す穴が、2ヵ所に開いていますよ。

まずは、シンカーの胴体から抜き出してみましょう。

大きな凹みも設けられていますから、肉薄部分と肉厚部分が存在していることに。

水中に沈めれば、当然肉厚部分がボトム側=下側になりますから、自動的に胴体凹み部分が水上を向きます。

そこに穴があるわけですから、ラインの先に結んでいるフック+ワームは立ち上がり姿勢になり、そのまま沈んでいくでしょう。

まさに、フリーリグの様相を呈してしますよね。

ボトムでバンピングさせれば、エビが跳ね回るようなアクションをカンタンに演出できますし、ロックフィッシュがバイトしてきても、フックがきっちり口の中へ吸い込まれやすいでしょう。

2ウェイシンカーの使い分けをマスターしよう!

次におこなうのは、ラインをシンカーのお尻部分から出すやり方。

まさにこれ、使い慣れたテキサスリグにカタチになりますよね。

ボトムをズル引きしたり、藻などのカバーやストラクチャーに入れて抜き出したりが、とてもカンタンにおこなえるでしょう。

スイミングさせると、安定した姿勢をキープ。

複雑な地形を攻める機会の多いロックフィッシュゲームには、なくてはならないリグを使えることになります。

カラーにはマッドカーキカラーを採用!

2ウェイシンカーなら、1つのシンカーで2通りの使い方=二刀流アプローチが可能になります。

となると、タックルボックスに入れて持ち運ぶシンカーの量・種類を減らせますから、ランガンスタイルで歩き回っても疲れにくいでしょう。

またこれまで反応しなかった魚も、このシンカーなら口を使ってくれるかもしれません。

釣り場のシチュエーション応じて、リグを素早く使い分けられるメリットを、じゅうぶん堪能してみたいですね。

2ウェイシンカーのカラーには、マッドカーキカラーを採用しています。

水中で目立ちにくく溶け込みやすい印象ですから、一層ワームが映えてバイトにつながるでしょう。

2ウェイシンカーを使ってロックフィッシュを仕留めるのにおすすめのロッドを選んでみた!

2ウェイシンカーを使ってロックフィッシュゲームを楽しむのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ウエイトが重くなりますから、太いラインが使えるベイトロッドがいいかもしれませんよ。

カバーやストラクチャーに常に擦るので、ラインチェックはこまめにおこないましょう。

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF KJ 77MHB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF KJ 77MHB 釣り竿

最安値価格
¥17,899(amazon)

Amazonへ ¥17,899

楽天市場へ ¥21,308

Yahoo!へ ¥18,315

ダイワからリリースされているHRFシリーズのベイトロッドです。

全長2.31メートルですから、ロングキャストやパワフルなフッキングをこなしやすいでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は120センチにまで縮まります。

自重は133グラムと軽めなので、手元感度が高くアタリを読み取りやすいのがいいですね。

先径/元径は、1.9/12.9ミリです。

適合するルアーウエイトは、5グラムから35グラムまでですから、2ウェイシンカーのウエイトバリエーションをフルで活用できますね。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10ポンドから24ポンドまで。

PEラインなら、0.8号から2.5号までですが、ショックリーダーラインを必ず結ぶようにしましょう。

ブランクのカーボン素材含有率は、95パーセントです。

実際に手に持ってみると、長さの割りに持ち重りせず、軽やかに振れる印象です。

曲がり込みからの復元は早めで、張りがかなりあることから、バラシを抑えるための工夫が要るでしょう。

例えば、曲がったらそのままをキープして、ラインテンションを緩めないこと。

ロッドブランクに仕事をさせ続けることで、活きてくるロッドといえそうです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯になっているのが魅力的ですね。

2ウェイシンカーの気になる発売日はいつ?

2ウェイシンカーの気になる発売日は、2021年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、440円です。

異なるウエイトタイプを複数用意して、釣り場状況に合わせてみましょう。

ロックフィッシュの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング