ルアーのアップ写真

好評クランクベイトのワイルドハンチに2021年ニューカラーが追加ラインナップ

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りで人気のクランクベイトといえば、清水盛三プロが監修したエバーグリーンのワイルドハンチを挙げる人は多いでしょう。

固定重心なのによく飛び、ただ巻きで独特のウォブリングアクションを発生させます。

カバーやストラクチャーに接触しても、スルリとかわしてくるので使い勝手はバツグン。

自ずと手返しが良くなり、釣れる数が増えていくことに。

2021年には待望の追加カラーがラインナップ、ますますワイルドハンチから目が離せませんよ。

ここでは、エバーグリーンのワイルドハンチについてご紹介しましょう。

ワイルドハンチとは

ワイルドハンチとは、エバーグリーンからリリースされている、バス釣り用クランクベイトのことです。

ボディサイズは小振りで、全長5.2センチにウエイトが9.6グラム。

全体的に丸いフォルムですが、既存のクランクベイトよりは絞り込まれている印象が強いですね。

フローティング仕様で、最大潜行深度は1.6メートル前後。

ということは、シャローエリアをトレースしながら、沈木や岩があれば接触させ、その場で浮かしたりかわしたりを繰り返すのに適しているといえそうです。

実際にキャストしてみると、着水後に急速潜行してボトムノックを繰り返しますよ。

その際、カンタンには根掛からないので、だんだんトレースが大胆になります。

これでもか!とリールハンドルを回しても、いともカンタンにすり抜けてくるんですよね。

そのおかげで次のキャストに移れますし、どんどんキャスト数が増えることに。

増えれば釣れるバスの数も、比例して増えますから、ワイルドハンチの評価が上がっていくのは当然のことなのかもしれません。

内臓されているウエイトは、フルタングステン製で小粒でも比重が高くなっていますよ。

それを敢えて重心移動システムには載せず、固定重心にしてあります。

理由はボディバランスの低重心化を目指しているためで、そうすることによりリップで発生させたアクションに、一層のメリハリを与えることになるからです。

特にカバーやストラクチャーと接触した際の、姿勢の復元にキレが生じますよ。

釣れるアクションにキモがあるとするなら、こういった細部にこだわり、誰が使っても好釣果につながる仕組みを作り上げることだと感じます。

ワイルドハンチには、それがあるのです。

ワイルドハンチのフックサイズをチェック!

ワイルドハンチのフックサイズに注目してください。

お腹のほうが7番、最後尾のほうが5番のトレブルフックになっていて、お腹のほうが小さいことが分かります。

しかもフックアイが横アイ。

点でスプリットリングを支えますから、フック自体のブレを抑えられますよね。

お腹フックがブレにくいことで、フッキングしたバスのバラシを防ぐ効果が得られるようになっていますよ。

クランクベイトが持つ弱点を、克服するための工夫でしょう。

ワイルドハンチの2021年追加カラーは全4種類!

ワイルドハンチの2021年追加カラーは、全部で4種類用意されています。

●稚ギルカラー

●ブリーディングサンフィッシュカラー

●ネオンワカサギカラー

●マッディブルカラー

水中でリアルな小動物に見えるものや、派手な膨張色のものから選べるようになっているのがいいですね。

水質やボトムの地質・シチュエーションなどに合わせて、カラーローテーションを実践してみましょう。

既存カラーのゴールド系も交えると、釣れる確率は一気に上がるでしょう。

ワイルドハンチをキャスト&リトリーブするのにマッチするおすすめロッドを選んでみた!

ワイルドハンチをフルキャストして、カバーやストラクチャーに当てながら使うのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

あまりに硬いブランクだと、バスのバイトを弾いたり、障害物に引っ掛かったりしてしまいますよ。

舐めるように柔らかくトレースするには、ロッド自体に干渉を吸収する要素が求められます。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 661ML+RB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 661ML+RB 釣り竿

最安値価格
¥26,176(amazon)

Amazonへ ¥26,176

楽天市場へ ¥30,077

Yahoo!へ ¥29,172

ダイワからリリースされているバスロッド・ブラックレーベルLGシリーズです。

振り抜けが良く、しっかりと曲がり込むので、ボトムトレースなどを展開するのに適していますよ。

全長は1.98メートルと、やや短めで取り回しやすさが光る長さになっています。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採っていますから、仕舞寸法は172センチに。

自重は100グラムと軽めなので、連続してキャストを繰り返しても、手首やヒジなどが疲れを感じてしまうことはないでしょう。

先径/元径は、2.0/12.9ミリとやや太目。

適合するルアーウエイトは、4グラムから25グラムですから、ワイルドハンチならバッチリ使えますよ。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6ポンドから14ポンドまで。

ブランクのカーボン素材含有率は、98パーセントです。

手に取って使ってみると、まずその軽さに驚かされます。

ルアーをキャストしても、振り抜けが軽くてシャープ、しかもブレはすぐに収束しますよ。

これなら狙ったポイントへ、正確に丁寧に届けることができますし、バイトを感じてからのフッキングへの移行もスムーズ。

バラシも抑えられている印象が強く、ファーストムービングルアーを操るロッドとして、とても完成度が高いといえそうです。

実売価格は2万円台と、納得の価格帯に設定されていますよ。

操りやすいというスペックは、実際に手にしてみて体感できるもの。

ぜひ釣具店へ足を運んで、実物を握ってみてください。

ワイルドハンチ追加カラーの気になる発売日はいつ?

ワイルドハンチ追加カラーの気になる発売日は、2021年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,500円です。

水温が高まる春のスポーニングエリアで、まずはフルキャストを決めてみてください。

エバーグリーンの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング