ルアーのアップ写真

人気ポッパーのワンズバグに2021年ニューカラーが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

エバーグリーンからリリースされている人気ポッパー、ワンズバグ。

2021年には新しいカラーが追加ラインナップされることになりました。

使ってみると、飛距離がよく伸びて発生する水飛沫も安定、独特の混合ラトルサウンドが、バスを効率よく引き寄せてくれます。

ここでは、エバーグリーンのワンズバグについて、詳しくご紹介しましょう。

ワンズバグとは

ワンズバグとは、エバーグリーンから発売中のバス釣り用ポッパーのことです。

全長6.8センチでウエイトは9.8グラム。

よく見かけるポッパーは、7グラム程度のものが多いですから、結構重いセッティングといえますよね。

重い分よく飛ぶのですが、ウエイトアップだけが要因になっているのではありません。

ワンズバグを横方向からよく見てください。

最後尾に向かうにしたがって、上向きに反り気味なデザインになっていますよね。

既存のポッパーは、お尻下がりデザインがほとんどでしたから、飛距離の伸びはイマイチ。

それがこの尻上がりデザインを採用することで、驚くほどの伸びを見せてくれるのです。

着水地点が遠くなれば、探れる範囲が広大になります。

バスがどこに潜んでいるのか分からないときに、サーチベイトとして有効に役立つことになるわけです。

それから、頭部の口周りにも注目しましょう。

カップ状になっていて、その周囲がとてもシャープに切り立っていますよ。

これにより前方の水をしっかりつかんで、スプラッシュに変えていけるようになっています。

スピットで散らすか、泡にするか、ポップ音を奏でるか、アングラーが演出したいように展開できるのは、とても嬉しいですよね。

いきなりダイブさせたり、首振りアクションに移行させるのも思いのまま。

自らのロッドワークに磨きをかけて、ワンズバグで生命感を溢れさせましょう。

ワンズバグにはハイブリッドラトルを内蔵!

このポッパーには、ハイブリッドラトルが内蔵されています。

高音を奏でるタングステン・ブラス・スチール・グラスといった、4種類の異なる素材が使われていますよ。

それぞれの素材ラトルボールが、異なる周波数のサウンドを発生させてバスを刺激。

釣り場のシチュエーションが刻々と変わっていっても、それに順応しながらバスを誘い続けられるのは、他のアプローチにはない強みとなるでしょう。

無音のほうが、バスをスレさせなくていい!という意見もありますが、ポッパーにはフックやスプリットリングがぶら下がっていて、互いに干渉音を鳴らしますから、完全な無音状態にするのは難しいでしょう。

それならサウンドそのものにこだわり、発生する複雑な音でバスを刺激するように設計したほうが、理にかなっているのではないでしょうか。

6番サイズのトレブルフックを標準で装備!

ワンズバグには、お腹と最後尾に6番サイズのトレブルフックが標準で付いています。

6番というサイズは、吸い込みやすくてフッキングしやすいことで知られていますよ。

これ以上大きくなると、口周りに接触して吸い込み効率が落ちるかもしれませんし、小さくなるとフッキングの際に強めにロッドを煽れなくなる恐れが。

丁度いいフックサイズに、ワンズバグのボディボリュームを合わせたのかもしれませんね。

これならあらゆるシチュエーションで、ショートバイトに対応しやすいといえるでしょう。

ワンズバグをキャストして操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

ワンズバグをフルキャストして、広範囲からバスを獲っていくのにおすすめのタックルをご紹介しましょう。

ベイトロッドなら、LからMパワー程度のブランクスを持ったものがベストマッチではないでしょうか。

水に浮くナイロンラインの14ポンド前後を、100メートル程度巻けるベイトリールがあればOKです。

エバーグリーン フェイズ PCSC-63ML+ レーザーショット

エバーグリーン フェイズ PCSC-63ML+ レーザーショット

最安値価格
¥37,300(Yahoo!)

Amazonへ ¥40,205

楽天市場へ ¥37,840

Yahoo!へ ¥37,300

エバーグリーンから発売中のベイトロッドです。

MLパワーより少し張りのあるイメージを持っていましたが、実際に手にしてみるとかなり張りはあります。

硬過ぎるというレベルのものではなく、ポッパーを水面でメリハリのあるアクションをさせたいなら、これくらいの調子のほうが扱いやすいかもしれません。

全長は1.91メートルと短めで、グリップもかなりショート。

でもそのほうが、軽快なロッドワークを駆使することが可能です。

標準自重は121グラムですが、持ってみてそんなに重いとは感じませんでした。

ロッドティップからグリップエンドまで、とてもハイレベルなロッドバランスで作り込まれているからでしょう。

パワーはML+で、適合するルアーウエイトは5グラムから21グラムです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8ポンドから16ポンドまで。

カーボン素材の含有率は、95パーセントになっています。

実売価格は4万円台と、かなり高めな価格に設定されています。

エバーグリーンのコンバットスティックシリーズの中では、比較的安いほうでしょうか。

ハイスペックが豊富に搭載されていることを考慮すれば、この価格、納得できるレベルと判断できるかも。

まずは釣具店の店頭で実際に触ってみるところから始めてみましょう。

期待を裏切らない出来映えに、購入意欲がフツフツと湧いてくるはずです。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SH (2019モデル)

最安値価格
¥14,390(amazon)

Amazonへ ¥14,390

楽天市場へ ¥14,801

Yahoo!へ ¥14,572

ダイワのベイトリール・タトゥーラTWです。

ギア比は7.1対1で、ハンドル1巻きで75センチのラインスラックを回収することができるようになっています。

自重は195グラムと軽めですから、キャストを繰り返して操っても、あまり疲れを感じずに続けられるでしょう。

最大ドラグ力は5キロ、ラインキャパは14ポンドなら115メートル巻けますよ。

実際に使ってみると、マグフォースブレーキによるバックラッシュ制御は安定していて、飛距離もじゅうぶんに伸びてくれます。

広範囲を太いラインでチェックするなら、このベイトリールがおすすめですね。

バスがバイトしてから引き寄せるのに、ハンドルの巻き取りがしづらくなることはありませんし、スムーズに快適に釣りを押し進められます。

実売価格は1万円台と、かなり安い価格帯に設定されていますよ。

ダイワのベイトリールは、豊富なラインナップで有名ですが、SVブーストリールが登場した今でも、このタトゥーラTWのコスパは光り輝いています。

完成度の非常に高いアイテムですから、ぜひ使ってみてください。

エバーグリーン(EVERGREEN) ナイロンライン バスザイル フレックスハードHD 150m 14lb カムフラージュパステルブラウンカラー

エバーグリーン(EVERGREEN) ナイロンライン バスザイル フレックスハードHD 150m 14lb カムフラージュパステルブラウンカラー

最安値価格
¥1,140(楽天市場)

Amazonへ ¥1,267

楽天市場へ ¥1,140

Yahoo!へ ¥1,140

エバーグリーンから出ているナイロンラインです。

低伸度でありながら、しなやかで糸グセが付きにくく、ロングキャストに向いているラインに仕上がっていますよ。

こちらは、強度14ポンドで150メートルの巻き量ですから、さまざまなベイトリールのラインキャパにマッチするでしょう。

カラーは、カムフラージュパステルブラウンで、釣り場で使ってみると保護色系の、風景に溶け込むようなカラーでした。

カバーやストラクチャーに擦ってみたのですが、表面がカンタンにザラつくことはなく、破断に至るようなトラブルもまだ経験していません。

ラインスラックを用いたロッドワークで、ポッパーをキビキビとアクションさせることができますよ。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

予備用としてもストックしやすい価格ですし、長く使い続けられる信頼度の高いアイテムといえそうです。

水面に浮かんでいる状態でも、判別しにくいことがありますから、バスからも視認しにくいでしょう。

余計なプレッシャーを与えずに、バス釣りを展開できるのは嬉しいですね。

ワンズバグ追加カラーの気になる発売日はいつ?

ワンズバグ追加カラーの気になる発売日は、2021年の3月下旬を予定しています。

メーカー希望小売価格は、1,600円です。

追加されるカラーは、1種類のみです。

●フルメタルカラー

いわゆる銀メッキと呼ばれている、鏡のようなシルバーカラーです。

周りの風景がボディに映り込むので、保護色の要素も伴ないつつ、強いフラッシング効果も発揮できる優れたカラーでしょう。

日照の当たるエリアはもちろん、曇りの日でも活躍するシチュエーションは多くなるはずです。

ポッパーの関連記事はこちら

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング