ルアーのアップ写真

スピードキラーの実釣インプレ特集!春先に効く動き出しの素早いシャッドルアー

FISHING JAPAN 編集部

春のスポーニングシーズンに合わせて、使いたいルアーの準備を万全にしておきたいですね。

フラッシュユニオンからリリースされているスピードキラーなら、バツグンの引き寄せるチカラで好釣果を叩き出せますよ。

いったいどんなルアーに仕上がっているのか、詳しくインプレしてみましょう。

「んん、よく見るとリップ全体が曲がっているよね!」

その通り!従来のシャッドルアーとは明らかに異なる駆動要素を搭載していることになります。

スピードキラーとは

スピードキラーとは、藤木淳プロが主宰するフラッシュユニオンから発売中の、バス釣り用シャッドルアーのことです。

しっかりと体高のあるデザインですから、ボディ側面のフラッシング効果や水押し効果を期待できますね。

全長は60ミリとたいへんコンパクトに設計されていて、ウエイトは7.2グラム。

内部にはウエイトボールが最後尾まで可動する重心移動システムを搭載していますよ。

これならあえてベイトフィネスタックルを用いなくても、確実にロングキャストやアキュラシー精度の高いキャストを繰り出せるでしょう。

注目したい点は、なんといってもボディ先端に付いているリップ。

従来のクランクベイトやシャッドルアーに設置されているような、真っ直ぐに伸びているデザインは踏襲されていません。

なんと、リップの先からいきなり弧を描き始めて、その付け根に至るまで曲がっているのです。

ということは、このままキャストして着水させた場合、水面に水平に浮いた状態で、すでに正面からの流れの影響をリップの先が受けることになります。

実際にやってみましょう。

7メートルほどキャストして着水、水面に広がったラインスラックをリールハンドルを回しながら取り去った瞬間、もうすでにスピードキラーが左右に首振りをしていたのです。

ある程度まで潜行したアクションを開始するのではなく、ラインテンションがほんの少しかかっただけで、もうウォブリング。

まるでリードでつないだ子犬の散歩のように、ラインのたるみを除いただけでドッグウォークが始まるような感じですね。

これならかなり狭いポイントでも、例えば水面のベジテーションに囲まれたポケットのような場所でも、ラインテンションを与えては抜きを繰り返しながら、バスを誘うことが可能です。

スピードキラーの製作者である藤木淳プロの解説動画を見つけましたので、ぜひご覧ください。

スピードキラーのスペックを分かりやすく解説している動画はこちら

スピードキラーの実釣インプレ

スピードキラーを実際に釣り場で使ってみました。

まだ冬の気配が残るシチュエーションで、水温は8℃。

でも8℃あれば、大型サイズのバスならじゅうぶん動けますし、捕食のための移動を開始するはずです。

水面よりもボトムに近いほうが水温は安定していますが、実は8℃なら水面のところどころに、円状のホットスポット、つまり日照による水温急上昇のポイントが発生することがあります。

風が吹けばすぐにかき混ぜられて消えてしまうのですが、そうならないシチュエーションを探し出して、目に見えない円を頭の中でイメージしながら、スピードキラーをキャスト。

着水後は移動距離を極力抑えて、アプローチをスタートさせます。

水面でじっくり丁寧に誘えるスピードキラー

具体的には、3分かけても2メートル移動させない!を守りながら、スピードキラーを水面から水面直下でフラフラ、ネチネチ。

時折潜らせては、キックバックさせながら元いた場所近くまで再浮上。

この繰り返しを丁寧に続けていくと・・・。

地形変化が岬状に張り出していて、風の当たらない側+日照のよく当たっている側を選んでからの2分後に、スピードキラーが水面から消えて行きました。

まるで軽くついばんだかのような細い吸い込みバイトでしたが、掛かっていたのは予想以上のランカーサイズ。

この1本をこの時期に狙って獲れるというのは、とてもありがたく頼もしいですよね。

ラインセレクトなど、もっと詳細を煮詰めながら、スピードキラーを使いこなしてみたいと考えています。

ぜひあなたも、春のビッグバス狙いに使ってみませんか?

スピードキラーとマッチングのいいおすすめタックルをピックアップ!

スピードキラーをセットして使うのにベストマッチなおすすめタックルを取り上げてみましょう。

ベイトロッドは、MLパワー前後のブランクスを持ったものなら、キャスティングからランディングまでスムーズにおこなえますよ。

あとはキャストフィールの軽やかなベイトリールと、上質なフロロカーボンラインがあれば、ルアーのコントロールはやりやすくなるでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ ベイト 163ML テクニカルアプローチ ハードベイト トップウォーター ジャークベイト ライトテキサスリグ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ ベイト 163ML テクニカルアプローチ ハードベイト トップウォーター ジャークベイト ライトテキサスリグ

最安値価格
¥26,400(Yahoo!)

Amazonへ ¥29,507

楽天市場へ ¥28,160

Yahoo!へ ¥26,400

シマノから発売中のバス釣り用ベイトロッド・ポイズンアドレナです。

全長は1.91メートルとやや短めで、1ピース仕様。

自重は92グラムと、かなり軽く作られていますから、手元感度はバツグンでキャストフィールも軽やかです。

先径は1.8ミリあるので、細過ぎることはありませんね。

草木カバーの多く茂ったところで振り回しても、あまり接触を気にせずに扱える印象です。

ただし、ムリは禁物なので、フィールドにおいては丁寧なアプローチを心がけましょう。

適合するルアーウエイトは5グラムから15グラム、スピードキラーならキャストしやすいですよ。

適合するラインは、モノフィラメントラインの7ポンドから14ポンドまで。

グリップ長は215ミリと短い設計ですから、キャストの際にライフジャケットと干渉しにくく、サイドハンドやバックハンドへの切り換えもスムーズにおこなえます。

ブランクスはレギュラーファーストテーパーで、ルアーウエイトがしっかり乗って曲がり込みます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100.0パーセントです。

実際に手にしてみた感じは、とても軽くて高い感度を保持しつつ、しっかりとした張りを持ち合わせているということ。

これならビッグサイズのバスが掛かっても、主導権を奪われる展開にはなりにくいでしょう。

実売価格は2万円台と、ハイスペック搭載の割りには価格が抑えられています。

短めのバスロッドがずいぶんと少なくなりましたから、とても希少価値の高い小技の利くベイトロッドといえそうです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム XG RIGHT バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム XG RIGHT バーサタイル

最安値価格
¥31,515(amazon)

Amazonへ ¥31,515

楽天市場へ ¥31,515

シマノのロープロファイル+軽量ベイトリール・20メタニウムのエクストラハイギアモデルです。

ただ巻きリトリーブで誘うつもりなら、もっとギア比の低いタイプを使えばいいのですが、瞬間的にラインスラックを取り除きたいアプローチでは、このエクストラハイギアというスペックが効いてきますよ。

ギア比8.1対1なので、ハンドル1巻きで86センチのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は5.0キロで、自重は軽めの175グラム。

これなら操作していて、手首やヒジなどが疲れてしまうのを防げるでしょう。

スプール寸法は、直径34ミリで幅19ミリです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12ポンドを100メートル巻けますよ。

発売以来1年以上使い続けていますが、特に目立った故障箇所はなく、巻き取り時の軽やかさ・滑らかさはそのまま維持されています。

大きな負荷が掛かったときでも、ハンドルを回せなくなったり引っ掛かりを感じたことはありません。

コアソリッドボディはとても頑丈で剛性感が高く、長い間巻き心地の軽さを保ってくれるのがいいですね。

またコンパクトなマグナムライトスプールⅢは、低い弾道でスピードキラーを飛ばすことができますし、後半が伸びるので着水ポイントをより遠くへ設定できます。

実売価格は3万円台と、やや高めの設定ですが、納得のスペックですから購入を検討してみていいのではないでしょうか。

このスプールよりもうひと回り小さくなる、21カルカッタコンクエスト100にも、期待してしまいますよね。

スピードキラーを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

スピードキラーの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

最大潜行深度は1.5メートルで、8番サイズのトレブルフックが2つ装備されています。

フィールドで丁寧なキャストを繰り返しながら、自分オリジナルのアプローチを編み出してみましょう!

ルアーやラインの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング