ルアーと魚のアップ写真

バンタムBtベイト99SSに2021年追加カラーがラインナップ!バス釣り用3連結ジョイントスイムベイト

FISHING JAPAN 編集部

3連結のジョイント系スイムベイトといえば、200ミリ前後のビッグサイズ・ビッグボリュームのものばかりがリリースされているイメージが強いですよね。

シマノのバンタムBtベイト99SSは、その中にあってとてもコンパクトに仕上げられているのが特徴です。

2021年には追加カラーをラインナップ予定、ますます見過ごせなくなる存在になってきました。

その詳細をご紹介しましょう。

バンタムBtベイト99SSとは

バンタムBtベイト99SSとは、シマノから発売中のコンパクトな3連結ジョイント構造のスイムベイトのことです。

全長は99ミリで、ウエイトはたったの7グラムしかありません。

スローシンキングにセッティングされていますから、着水後ゆっくりと水に絡んでくれるようになっていますよ。

これにより、バスが意識している水面直下レンジを、素早く丁寧に探ることができます。

実際にキャストしてみると、水への絡み付きはじゅうぶん。

すぐにボトムに向かってしまうのではなく、ラインスラックを徐々に引っ張って連れていくような沈み方をしてくれます。

視野から消えてしまう前に、ロッドを立ててリトリーブを開始。

じっくりその泳ぎを観察すると、ルアーの頭部を微妙に左右に振っているのが分かります。

これはワームのスイミングなどでは、なかなかお目にかかれないアクションで、バンタムBtベイト99SS独自の特性といえるでしょう。

コンパクトボディで着水プレッシャーをバスに与えず、その直後から始まる頭部揺れスイムアクションで、強過ぎないアピールによる誘いがバイトトリガーを構築していきます。

アプローチは極めてシンプル。

キャストとしてただ巻きがベターで、追従してきたバスがなかなか食わないときに、トゥイッチやキル+テンションフォールを絡めてみましょう。

ただし、ほとんどの場合は、ただ巻きアプローチの中でバイトまで完結してしまいます。

それほどバンタムBtベイト99SSの引きは魅力的で、バスはどうしても見切ることができないでしょう。

思わず口を使ってしまう、3連結ジョイント系ならではの強みを、ぜひ体感してください。

バンタムBtベイト99SSの標準フックに注目!

このスイムベイトには、トレブルフックが2つ標準で装備されています。

お腹のフックアイには8番サイズが、リアフックアイには12番サイズが選ばれていますよ。

気になるのは、リアの12番という小さなトレブルフック。

ビッグバスがバイトしてきたら、バラしてしまうのでは?と思いがちですが、実際のところこのルアーは丸飲みされてしまうケースが多く、バスの口の中のどこかにフックポイントが刺さることを想定すれば、丸飲みされやすい12番のほうがメリットは大きいことが分かります。

2021年の追加カラーバリエーションは3種類!狂鱗ホログラムを採用

バンタムBtベイト99SSカラーには、2021年に追加カラーが3種類リリースされます。

●013 キョウリンギル

●014 キョウリンバス

●015 キョウリンウグイ

シマノ独自の狂鱗ホログラムが施されているので、ウロコ模様がくっきり浮かび上がっていますよ。

まさに逃げ惑うベイトフィッシュそのもの、ワームでは表現しづらい美しいリアルフィニッシュといえるでしょう。

バンタムBtベイト99SSのデモンストレーション動画はこちら

バンタムBtベイト99SSを結んでキャストしたいおすすめのロッドをピックアップ!

バンタムBtベイト99SSにマッチしたおすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ロングキャストをおこなって、広範囲からバスを呼び込もうとすれば、やはりスピニングロッドに分があるでしょうか。

ただ巻きアプローチを長くおこなうためにも、飛距離を伸ばす要素は必須です。

ショートバイトでもしっかりとフッキングに持ち込めるブランクスが、扱いやすいのは間違いありません。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム スピニング ジグ&ワーム 1ピース 274L-SB マイクロスイムベイト対応モデル

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム スピニング ジグ&ワーム 1ピース 274L-SB マイクロスイムベイト対応モデル

最安値価格
¥40,656(Yahoo!)

Amazonへ ¥42,240

楽天市場へ ¥41,729

Yahoo!へ ¥40,656

シマノのバンタムシリーズにラインナップされている、軽量スイムベイト対応のスピニングロッドです。

全長2.24メートルと長めで、グリップジョイント方式の2ピース仕様になっていますよ。

ですから仕舞寸法は、196.8センチと長めです。

自重は107グラムと軽めなので、連続キャストを繰り返してもさほど疲れは感じずに済むでしょう。

先径は1.9ミリ、適合するルアーウエイトは3グラムから12グラムに設定されています。

適合ラインは、モノフィラメントラインなら3ポンドから6ポンド、PEラインなら最大で1.2号程度になります。

グリップ長は226ミリと短め、カーボン素材の含有率は93.6パーセントです。

実売価格は4万円台になりますから、やや高い価格帯になりますが、小型軽量なスイムベイトを扱う目的で作られているので、手にしてみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

ラインスラックを上手くメンディングしながら、ただ巻きアプローチでバンタムBtベイト99SSを泳がせてみたいですね。

バンタムBtベイト99SS追加カラーの気になる発売日はいつ?

バンタムBtベイト99SS追加カラーの気になる発売日は、2021年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,600円です。

リザーバーのインレット付近など、クリアな水質に落ち葉などの水面カバーが混じるようなシチュエーションで、それらをくぐるようなレンジをトレースしながら、バスを誘ってみましょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング