ワームのアップ写真

ラピッズテールは2021年新発売のソフトジャークベイト!ブレーデッドジグのトレーラー向き

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りで使われるワームの中には、スピナーベイトやラバージグのトレーラーとして製作されたものがあります。

2021年ダイワから新発売のラピッズテールは、ブレーデッドジグ=チャターベイトのトレーラーとして仕上げられたソフトジャークベイト。

その特徴について、詳しくご紹介しましょう。

「二股に分かれたテールデザインが、小魚っぽくてリアルだよね!」

その通り!カーリーテールやシャッドテールとは異なったアクションをし、生命感溢れる揺れでバスをその気にさせるでしょう。

ラピッズテールとは

ラピッズテールとは、2021年にリリースされるバス釣り用のソフトジャークベイトのことです。

サイズ設定は1種類で、全長4.6インチ=11.684センチになっていますよ。

丁度食べごろのボリューム感を出しているので、パスは捕食対象と認識して追いかけるでしょう。

最後尾の尾ヒレは、長めのスプリットテールになっていて、小魚の雰囲気そのもの。

微細な振動を発生させ、バイトトリガーとして有効に機能しますよ。

ボディはワーム素材ながらも、硬めのマテリアルを採用しています。

そのほうが針持ちが良く、セットしたフックやブレーデッドジグなどがズレにくいでしょう。

また水押しも強くなり、バスが気づいてくれる要因になります。

このワームは、上下2層構造で、マテリアルの質が異なっていますよ。

ボディの上部は、ノンソルトのマテリアルです。

ボディの下部には、高比重になるようにソルトインマテリアルを使っています。

そうすることで上下がひっくり返らなくなり、ノーシンカーリグでキャストした場合でもスイムバランスを崩しにくく、安定した姿勢を保ちながらアクションしてくれるでしょう。

姿勢の制御は、なかなか目立たないものですが、バイトする理由になり得るのでこだわりたい部分ではあります。

ラピッズテールのボディには深めのスリットを設置!

このワームには、スリットが設けられています。

かなり深くスリットを入れることで、フックの刺しやすさ・リグのセットのしやすさを向上させていますよ。

張りのあるハードなマテリアルだからこそ、スリットがあるほうが、フックをワームボディに対して真っ直ぐ取り付けることができますよ。

それがロッドワークによるアクションを加えたときに、安定した動きを発生させるベースを作り出してくれるのです。

バスがバイトしてきたときの、フッキング効率の良さにもつながっていくでしょう。

全部で8種類のカラーラインナップが魅力的!

ラピッズテールには、全部で8種類のカラーラインナップが用意されています。

●チャートバックカラー

●クリスタルハスカラー

●ブラックネオンカラー

●アブラハヤカラー

●セクシーワカサギカラー

●グリーンパンプキンカラー

●マジックシャッドカラー

●ウメキョーオレンジカラー

水中で視認性の高いチャート系カラーから釣りを始めると、活性の高いバスから反応を拾えるでしょう。

フッキングに至らないようなら、他のカラーへローテーションしていくことが望ましいですね。

時折ワームのボディ表面をチェックしてください。

手元では感じていなくても、バスが歯型を残していることがあります。

それくらいショートバイトのときは、より丁寧なアプローチを心がけて、微細なアタリでも見逃さないようにしましょう。

ラピッズテールを使ってビッグバスを釣るのにおすすめのロッドをピックアップ!

ラピッズテールをブレーデッドジグに装着してキャストするのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

ある程度飛距離を稼げて、バイトがあればしっかりフッキングに持ち込めるものがいいですね。

ロングレングスで感度の高いブランクなら、マッチングは良さそうです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MHRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MHRB 釣り竿

最安値価格
¥18,493(amazon)

Amazonへ ¥18,493

楽天市場へ ¥19,014

Yahoo!へ ¥18,680

ダイワのコスパ優秀なバスロッドとして人気を博している、リベリオンシリーズの2ピース仕様ベイトロッドです。

全長2.08メートルで継ぎ数は2本ですから、仕舞寸法は109センチ。

これならさまざまなオカッパリポイントへ、足を運ぶことができるでしょう。

自重は115グラムと、かなり軽め。

先径/元径は、2.1ミリ/12.8ミリでやや太目なので、少々葉や枝に干渉しても気にならないのがいいですね。

適合するルアーウエイトは、7グラムから28グラムまで。

ブレーデッドジグ+トレーラーワームの総重量を、きっちりカバーしています。

対応ラインは、モノフィラメントラインの10ポンドから20ポンドまで。

カーボン素材の含有率は、99パーセントになっています。

実際に手にしてみると、ガチガチに硬いMHパワーのイメージはなく、曲がり込みやすい素直なブランクの印象を持ちました。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

垂らしを長めにすれば、ラピッズテールのノーシンカーリグでもキャストすることは可能でしょう。

オールラウンドに使いこなしてみたいですね。

ラピッズテールの気になる発売日はいつ?

ラピッズテールの気になる発売日は、2021年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、600円です。

比較的安価に設定ですから、複数種類のカラーを購入して、タックルボックスに常備しておきたいですね。

そうすれば水の濁りや日照の強弱に合わせて、カラーを使い分けることができます。

どんな環境条件でも有効なカラーというのは存在しにくく、より多くのバスを釣るためには、カラーローテーションは不可欠なのです。

ラピッズテールのカラーバリエーションを、上手く使えるようになりたいものです。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング