ライン バス釣り バスフィッシング

【比べて納得】バスを釣るためにも知っておきたいラインの特性とは!?3種類のラインを比べてみよう!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りにおいて重要な道具のひとつが、ラインです。

最新型のロッドやリール、レアものと持てはやされるルアーをいくつ持っていても、ラインがなければバスを釣り上げることはできません。

ラインにも色々な種類があり、それぞれに特徴があります!

どんなラインがあるのかや、ラインの基礎知識についてチェックしてみましょう!

ラインがつなぐのは・・

ラインは、釣り人とルアーをつないで、その意思をきちんと伝達する役割を持っています。

言い換えれば、釣り人の意思が伝わりにくいラインは、釣りには不向きと言わざるを得ません。

釣り人がラインに求めるのは、簡単に切れない強度でしょう。

そのためにラインは、日々研究され進化を遂げてきました。

摩擦に強いラインといえば、ナイロンが挙げられます。

擦れてもなかなか切れないなら、安心して釣りに使えますよね!

ナイロンのメリット・デメリット

しかし、ナイロンは水分を吸ってしまう性質があります。

池や湖は元より、空気中の水分まで吸ってしまうので、新品の状態が最も強く、時間が経過すればするほど水分吸収による劣化により、弱くなってしまいます。

弱いラインは切れますから、古くなったナイロンは交換しなければ釣りには不向きといえるでしょう。

フロロカーボンラインのメリット・デメリット

水分を吸わないラインは存在しないのでしょうか?

実は、フロロカーボンラインなら、水の吸収率はゼロ。

これなら安心して使い続けることができるでしょう。

ただ、ナイロンより高価で、太くなるほど質が硬くなります。

ナイロンよりしなやかさがないのなら、トラブルが心配になりますね。

最近は細くて強いPEラインも、釣りで多用されるようなってきました。

そのPEラインでさえ万能ではなく、高価で擦れに弱いというデメリットを抱えています。

ラインはそれぞれの特徴を理解しながら使い分けるようにするのがベストです。

あなたにとってどのメリットが必要なのか考えてみてぜひ使い分けに挑戦してみてくださいね!

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング