ルアーのアップ写真

ピクピク65/78の一点シェイクでバスを誘い出そう!ジャッカル2021年ニューモデル

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2021年新しく登場するトップウォータールアーに注目です。

その名は、ピクピク。

一見ミノーシェイプですが、極端に弧を描いたフォルムにリップは存在しません。

代わりに見慣れないラインアイが、背中の中心から上に向けて飛び出していますよ。

果たしてどのようなアクションを生み出すのか、興味が湧いてきますよね。

ここでは、ジャッカルの新しいルアー・ピクピクについて、詳しくご紹介しましょう。

ピクピクとは

ピクピクとは、2021年ジャッカルからリリースされるトップウォータールアーのことです。

設定サイズは、2種類用意されていて、全長65ミリ・自重3.0グラムと、全長78ミリ・自重4.9グラムから選べるようになっています。

どちらもフローティング仕様ですから、キャストして水面に浮き上がりますよ。

その際にアクションを加えるのですが、特徴はラインアイ。

なんと、背中の中心に配置されています。

ここにラインを結んで、トゥイッチやジャークをするのではなく、ロッドティップを震わせるシェイクを展開してください。

そうすると、ほぼ移動せずに一点でボディを揺らし続け、バスを誘い呼び込むことができるのです。

このアプローチのことを、ピクピク釣法と呼ぶことがありますよね。

ストレート系ワームのワッキー掛けでおこなった経験のある人もいるでしょう。

でも、水面に浮くワームはさほど多くありませんし、ピクピクアクションを続けると移動してしまうケースがほとんど。

バスが浮き上がってきても、そこにはすでにワームは無い!となれば、釣れる数も伸びません。

そこで研究開発されたのが、今回のピクピク。

ロッドワークを駆使しても、ほぼ一点でアクションを継続してくれるので、じっくりとバスを誘い出すことが可能になっていますよ。

しかもワームではなくハードルアーですから、水押し効果やフラッシング効果は強め。

これまで食わせることができなかったバスも、フッキングに持ち込めるかもしれませんね。

その水面ピクピクアクションを収めた動画をご覧ください。

ピクピクのデモンストレーション動画はこちら

ピクピクにはトレブルフックを2つ標準で装備!

ピクピクには、フックが2つ装備されています。

ワームの場合は、どうしても1つになりがちですし、しかもフックポイントも1つに。

それだとフックの無い部分を噛まれたら、フッキングには持ち込めないですよね。

その点このピクピクなら、ハードルアーの利点を活かして、アゴ下よりやや後方の腹部と、最後尾の先端にトレブルフックを装着することに成功しています。

バランスよく姿勢制御しながら、合計6つのフックポイントが存在することになるので、ついばむようなショートバイトでも口に貫通させることができるでしょう。

ピクピクは湾曲ボディでもロングキャストが可能!

ピクピクのボディには、65ミリと78ミリの2種類のサイズがラインナップされています。

それがどちらも湾曲した形になっていて、水面で起き上がりこぼしのように左右へのパタパタアクションを生み出してくれますよ。

通常ならこういう形は、キャストの際に空気抵抗を受けてあまり飛距離が伸びないのですが、動画を観て分かるようにしっかり飛んでくれます。

ボイルの発生した遠くのポイントまで届けることができれば、バイトチャンスは一気に広がりを見せるでしょう。

自重が軽めなので、65ミリサイズのほうはスピニングタックルがメインになりそうですが、78ミリサイズのほうはベイトフィネスタックルでも対応できそうですね。

ピクピクを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ピクピクをキャストしてアクションさせるのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

2種類のサイズともオールラウンドに使えるのは、スピニングタックルでしょうか。

一点ロングシェイクを実践するなら、ロッドティップがしなやかで繊細に動くもののほうが扱いやすそうです。

ラインは、水面に浮かんでくれて伸びを抑えたPEラインがマッチするでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ スピニング 268UL ライトアプローチ フィネスロッド

シマノ(SHIMANO) バスロッド 18 ポイズンアドレナ スピニング 268UL ライトアプローチ フィネスロッド

最安値価格
¥31,710(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥31,710

シマノのバスロッド・ポイズンアドレナシリーズのスピニングロッドです。

全長2.03メートルで1ピース仕様、自重は85グラムとかなり軽めの設定です。

ロッドティップ径は1.5ミリなので、とても細い印象ですね。

適合するルアーウエイトは、2グラムから7グラムまでですから、ピクピクの2機種とも扱いやすいでしょう。

グリップ長は190ミリと短め、キャスティングの際に邪魔にならず、スムーズな操作性を実現してくれますよ。

ブランクスはレギュラーテーパーで、美しい弧を描く感じに曲がり込みます。

カーボン含有率は100.0パーセント、軽さと張りを期待できる要因でしょう。

実際に手にしてみると、長さの割りにアジングロッドのような軽量感・振り抜け感を味わうことができます。

グリップには、フルカーボンモノコックグリップが採用されていて、軽量化と高感度に拍車をかけていますよ。

実売価格は3万円前後と、やや高めな価格設定ですが、搭載されているハイスペックを考えると、じゅうぶん検討したくなるロッドといえそうです。

軽量スピニングリールと組み合わせて、ピクピクの強みを引き出してみたいですね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 2500S バス用スタンダード エギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 2500S バス用スタンダード エギング

最安値価格
¥9,310(Yahoo!)

Amazonへ ¥45,123

楽天市場へ ¥49,546

Yahoo!へ ¥9,310

シマノが誇る軽量スピニングリールのヴァンキッシュ、2500番タイプです。

ギア比5.3対1ですから、ハンドル1回転で78センチのラインを巻き取れるようになっています。

自重はなんと、165グラムしかありません。

この番手でこの軽さなら、他のリールと比べても圧倒的なアドバンテージを生み出すでしょう。

ラインキャパは、PEライン0.6号で200メートル巻くことができます。

細糸でも強度はじゅうぶん、ラインを水面に浮かせながらピクピクアクションを与えてみましょう。

実際にこのリールを手にしてみると、軽さのさることながら、巻き心地の軽やかさ・滑らかさに驚かされます。

ローター回転があまりにもスムーズ、これなら素早くラインスラックを回収して、バスのバイトをフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は4万円台と、やや高めの設定になっています。

軽さと使い心地を考慮すれば、ぜひ手に入れてピクピクと組み合わせてみたいですよね。

ボディにはマグネシウム合金を使っているので、大きな負荷が掛かってもしっかり耐えてくれます。

PEラインとの相性がいいのも、軽さだけではないトータルバランスの高さが影響しているのかもしれませんね。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 12本編み 150m 0.6号 サイトライム 13.9lb PL-M52R 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 12本編み 150m 0.6号 サイトライム 13.9lb PL-M52R 釣り糸

最安値価格
¥2,396(amazon)

Amazonへ ¥2,396

楽天市場へ ¥2,543

Yahoo!へ ¥2,419

シマノの12本撚りPEラインです。

原糸を12本も撚り合わせているので、強度はバツグン。

表面は滑らかにコーティング処理されていますから、ガイドに引っ掛かるような感じは受けず、スムーズなライン放出を体感できますよ。

こちらは、太さ0.6号で150メートルの巻き数。

強力は、13.9ポンドもあるので、ビッグバスが掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

カラーには、サイトライムを採用していて、視認性はとても高いですよ。

日陰にルアーを入れても、細糸だからと見失うことはなくなるでしょう。

実売価格は2千円台とやや高め、それは4本撚りや8本撚りと構造が異なる部分ですから納得の価格設定といえそうです。

シマノのピットブルシリーズなら、撚り数別にラインナップされているので、自分の好みに合わせて購入することができます。

価格帯も選べるのが嬉しいですね。

また飛距離を測ることが稀なバス釣り用なら、単色で視認性の高いものやカモフラージュ効果のあるものを選べるほうがいいでしょう。

PEラインも、アングラーの嗜好に合わせてどんどん進化していくのは間違いなさそうです。

ピクピクの気になる発売日はいつ?

ピクピクの気になる発売日は、2021年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,650円から1,700円です。

カラーバリエーションは、全部で10種類用意されています。

ゴースト系やチャート・ピンク系が充実していて、リアルフィニッシュな小魚系も選べますよ。

どうしても食わせられなかったバスを攻略するのに、ぜひ投入してみたいルアーになってくれるでしょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング