ルアーと魚のアップ写真

人気のハードコア ヘビーショットに2020年追加サイズ・125ミリが登場!

FISHING JAPAN 編集部

ショアからのキャスティングゲームで人気の高い、デュエルのリップ付きシンペン・ハードコア ヘビーショットに新サイズが登場します。

全長125ミリで自重40グラムもありますから、サーフや磯場・防波堤などからロングキャストを決めることかできますね。

沖合いの潮目や発生したナブラを、確実にとらえて釣果につないでみましょう。

2020年リリースのハードコア ヘビーショット125について、詳しくご紹介します。

ハードコア ヘビーショットとは

ハードコア ヘビーショットとは、人気メーカーのデュエルーから発売中のシンペンのことです。

2020年には追加サイズ・125ミリがラインナップされますよ。

自重40グラムですから、ショアジギングに用いるメタルジグと何ら変わらない重さですよね。

当然飛距離は圧倒的に伸び、最大で90メートルに達するほど。

これなら沖合いに棲む大型ヒラメや青物・ヒラスズキ・シーバス・マダイ・マゴチなどを幅広くターゲットにすることが可能です。

これまでリリースされていたのは、85ミリ・20グラムと105ミリ・30グラム。

どちらもボリュームがコンパクトですから、アピール度でいえば125サイズのほうが上といえそうです。

季節風が強めのときや潮の流れが激しいポイントでも、レンジキープが容易で狙ったコースをトレースしやすくなっています。

ベイトフィッシュのサイズが125ミリに近ければ効果は大きくなりますし、ルアーの存在をアピールしたい時にも効果があるでしょう。

フック設定は、3つのトレブルフックが標準で装備されていて、信頼の4番サイズが選ばれていますよ。

ヒラメのアッパーカットバイトも、確実にフッキングに持ち込めるはずです。

ハードコア ヘビーショットの小さなリップに注目!

このシンペンには、アゴ下に小さなリップが付いています。

リップと言ってしまうと、ミノーなのか?と考えてしまいがちですから、突起と言っていいほどの小さいものです。

でもこれが設置されているおかげで、リトリーブしても水面から飛び出さずに水面直下を泳ぎ続けてくれますよ。

強風でラインが横に流されても、ルアーだけは水面に出ないといのは、釣りをする上で大きなアドバンテージとなります。

足場の高い釣り場でも、トレースの層を維持できるというのは、好釣果に直結するでしょう。

小さな突起だからこそ、飛距離が驚くほど伸びていくのかもしれませんね。

着水後はボトムへ向かってシミーフォールするセッティング!

ハードコア ヘビーショットをキャストして着水させると、そのままシミーフォールを開始します。

シミーフォールとは、ボディをロールさせながらボトムに向かって落ちていくことで、フラッシング効果や水の攪拌効果を期待することができます。

しかもこのシンペンは、前進しながらシミーフォールするように作られていますから、より一層フィッシュイーターに対してアピール度を増すことになるでしょう。

フォールでもアピールし、リトリーブでもしっかりと魚を誘うのですから、死角はどこにも見当たりませんね。

とにかくロングキャストできるように、しっかりと投げ込むことが大切。

飛距離を伸ばして広範囲のポイントをトレースすることで、釣果アップしていくのは間違いないでしょう。

ハードコア ヘビーショット125のデモンストレーション動画はこちら

ハードコア ヘビーショット125をキャスト&リトリーブするのにおすすめのタックルを選んでみた!

ハードコア ヘビーショット125を操作するのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

何といっても、どんなロッドを使えばいいのか気になりますよね。

ショアからのロングキャストとなれば、ショアジギング用やサーフヒラメゲーム用からの転用が考えられます。

長さは、長めのほうが飛距離に結び付きそうですね。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ネッサ エクスチューン S100MH+ シーバス ショアキャスティング ヒラメ ブリ シイラ サワラ メジ カツオ

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ネッサ エクスチューン S100MH+ シーバス ショアキャスティング ヒラメ ブリ シイラ サワラ メジ カツオ

最安値価格
¥46,507(amazon)

Amazonへ ¥46,507

楽天市場へ ¥52,359

Yahoo!へ ¥47,124

シマノからリリース2020年にされた、サーフヒラメゲームを堪能するためのスピニングロッドです。

全長3.05メートルで3ピース仕様、仕舞寸法は106.6センチと持ち運びに便利なサイズに収まります。

自重は177グラムですから、長さからみればかなり軽めの設定ですね。

MH+パワーのブランクスで、適合ルアーウエイトは10グラムから56グラムまで。

しっかりとハードコア ヘビーショット125のウエイトをカバーしていますよ。

ヘビーウェイトのルアーをメインに使いたいときに重宝しますし、ルアーの操作性や魚を掛けたときのコントロール性能の高さが突出している印象ですね。

ブランクスには、スパイラルxコアを採用していて、それをハイパワーXで縛り上げて補強してあります。

カーボンモノコックグリップによる高い感度と軽量化の実現や、スクリューロックジョイント採用によるセッティングのしやすさなど、バツグンの使い心地の良さを作り出しています。

実売価格は5万円と、やや高めな価格設定ですが、このハイスペックを考慮すれば購入を検討してもいいのではないでしょうか。

キャスティングを実施する際は、周囲に他のアングラーがいないことを確認してから、ロッドを振り回すようにしましょう。

通常のルアーゲームよりも長いロッドになるので、安全確認はし過ぎるほどしておいたほうがいいですね。

ハードコア ヘビーショット125を使いこなして大型魚を釣り上げよう!

ハードコア ヘビーショット125の特徴や、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

気になる発売日は、2020年の12月を予定しています。

豪快にロングキャストを決めて、大型のヒラメや青物をゲットしてください!

シンペンの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング