魚とスケールのアップ写真

ワカサギスケールは2020年新発売のワカサギ釣り用アルミ製スケール!

FISHING JAPAN 編集部

ワカサギ釣りが盛んにおこなわれる季節になってきました。

家族や仲間と一緒に数釣りを競うケースが多いですが、釣りですから当然大物狙いを目指すアングラーも。

10センチを超えてくるワカサギなら、ギガサイズと呼んでいいのではないでしょうか。

そこで便利なのが、プロックスから2020年にリリースされた、ワカサギスケール。

ここでは、その詳しい特徴についてご紹介しましょう。

ワカサギスケールとは

ワカサギスケールとは、2020年プロックスから新発売された、ワカサギのサイズを測るためのスケールのことです。

ドームや釣り船などから湖に仕掛けを垂らし、微細なアタリを敏感に感じ取って大漁を狙うワカサギ釣り。

冬の風物詩として、各地で多くのアングラーが集まり、賑わいを見せています。

年々人気がアップしていく中で、インスタなどのSNSに釣果を掲載する人も現れました。

「確かに100匹を超える好釣果なら、SNSにアップしたくなる気持ちも分かるよね!」

その通り!それがワカサギ釣りの醍醐味だと考えるアングラーは少なくないでしょう。

その数釣りと肩を並べているのが、釣れたワカサギのサイズを競うこと。

アジングで釣れた大型のことをギガアジと呼ぶように、10センチをはるかに超えてくるギガワカサギをターゲットにしている人、結構いるはずです。

大物狙いは、アングラーのロマンですから、小魚の部類に入るワカサギでも、サイズを意識しないわけにはいきません。

そこで開発されたのが、このワカサギスケールなのです。

全体の大きさは、W16×D3.1×H1.1センチ。

5.5センチから最大16センチまでのワカサギを測ることが可能です。

ワカサギスケールの素材はアルミニウム!

このスケールの素材は、アルミニウムで出来ています。

頑丈で耐久性がありますから、誤って落としても破損してしまう恐れはないでしょう。

ゼロの位置と底辺に当たる部分に、垂直折り曲げで立ち上がりを設けてあります。

そこに釣り上げたワカサギをぴったり合わせれば、正確にサイズを計測することができますよ。

ワカサギが暴れにくいですし、姿勢がピーンと真っ直ぐになりますから、スマホで撮影してインスタなどのSNSに掲載しやすいでしょう。

当然ワカサギ以外の小魚を、計測し撮影するのにも適しています。

例えば、流行りのハゼ釣りで釣り上げた大型サイズのハゼや、水路で釣れるタナゴなども、インスタ映えするのは間違いないでしょう。

カラビナと強力なネオジウム磁石のリリーサーが標準装備!

ワカサギスケールには、カラビナが標準で装備されています。

ゲームベストやバッカン・タックルボックス・バッグなどにぶら下げて、釣り場へ持ち込むことができますよ。

またカラビナとワカサギスケールの間には、強力なネオジウム磁石のリリーサーが付いています。

引っ張ればカンタンに取れますから、スケールで測りたいときにすぐ取り出せます。

収納したいときは、磁石が強力につないでくれるので、あっという間に元通りの状態に。

これなら忘れ物にならずに済みそうですよね。

ワカサギ釣りでは、持ち込むタックル類が結構多いですから、手軽に持ち込めるこの機能は、とても嬉しいですね。

ただし、素材がアルミニウムなので水には浮かばないですから、計測の際は湖面に落とさないように注意してください。

ワカサギ釣りに持ち込みたいおすすめタックルをピックアップ!

それでは、ワカサギ釣りにあると便利なおすすめタックルを取り上げてみましょう。

専用のロッドやリール以外に、釣り場に持ち込めば重宝するものが、いろいろと作られていますよ。

寒さを抑える防寒ウェアは必需品ですし、釣ったワカサギをキープしておくクーラーボックスも活躍してくれます。

リールテーブルやアイスドリルも、使い勝手の良いものを選びたいですよね。

プロックス(Prox) ワカサギスターターセットST 並継34+リール PX931

プロックス(Prox) ワカサギスターターセットST 並継34+リール PX931

最安値価格
¥3,373(amazon)

Amazonへ ¥3,373

楽天市場へ ¥3,432

Yahoo!へ ¥3,389

プロックスから発売中のワカサギ釣りを始めたい人にピッタリな、スターターセットです。

必要なタックルが、しっかり揃っていますよ。

まずは全長34センチの並継のワカサギ釣り専用ロッド、それから巻き取りカウンターの付いた専用リールを取り出して、セッテイングしてみましょう。

釣りに使う仕掛けと水槽も付いていますよ。

ロッドグリップは、5ミリ元径に適合するように作られているので、汎用性が高くなります。

穂先は、先端が視認性のいいオレンジカラーに塗られています。

リールは両軸タイプで、10センチごとにメーター数値が切り替わる計測カウンター付きで、タナ停止フックも装備されています。

水槽の容量は3.4リットルもありますから、釣り上げたワカサギをしばらく泳がせておいて、泥などを吐かせるのに使いましょう。

上フタがありますから、タックルやエサ・仕掛けなどを入れて持ち運びに活用してください。

実売価格は4千円前後と、とてもリーズナブルな価格設定になっています。

赤虫などの餌を調達すれば、釣りを始めることができますね。

初心者アングラーと一緒にワカサギ釣りに行く機会の多い人は、クルマに積んでおくと便利でしょう。

ワカサギスケールでサイズを計測しながら家族や仲間と一緒に釣りを楽しもう!

ワカサギスケールの特徴や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

感染症の流行で、狭い部屋に多くのアングラーが入ってワカサギ釣りをすることは、まず困難でしょう。

釣り場を管理している受付事務所などで、感染症対策のレクチャーをきちんと受けてから、ワカサギ釣りを始めるようにしたいですね。

釣り場の予約を入れる段階で、どのような状況なのか確認するようにしましょう。

ワカサギ釣りの関連記事はこちら

ワカサギ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング