ルアーのアップ写真

シルバークリークミノー61Sに2021年追加カラーが登場!ネイティブトラウト対応ミノー

FISHING JAPAN 編集部

渓流やその他流域における淵などの攻略には、やや重めでキレのいいアクションを出せるミノーが不可欠です。

ダイワのシルバークリークミノー61Sは、一段深いエリアを効率よくチェックし、ネイティブトラウトを誘い出すのに適した人気のミノー。

2021年には追加カラーがラインナップされる予定ですよ。

ここでは、その詳細についてご紹介しましょう。

シルバークリークミノー61Sの基本スペックをチェック!

シルバークリークミノー61Sの基本スペックを見ていきましょう。

全長61ミリですから、渓流エリアで用いるミノーとしては、やや大き目に寄せたボティフォルムですね。

シンキング仕様で自重は6.5グラム。

これだけのウエイトがあれば、しっかりとロングキャストをおこなえますし、アキュラシー精度の高いアプローチも可能になります。

実際に使ってみると、スピニングタックルはもちろん、流行りのベイトタックルでも安定したキャスティングをキープすることができました。

その理由のひとつが、後方重心設定にあるといえそうです。

逆風でも飛距離を伸ばせますから、釣り場でライントラブルが発生しにくく、着水してからラインがフックに絡み付くトラブルも、かなり抑えられている印象を受けます。

フォール中のバイトを取るなら、水平姿勢のほうが良さそうなイメージですが、そもそも急な流れのあるところで操るルアーですから、ラインテンションが常時かかった状態に。

テンションフォールであれば、意図的に水平姿勢を作り出すこともできるので、アングラーの意思でさまざまな演出を試みてはいかがでしょうか。

ボトムに点在する岩などに接触しても、カンタンには破損しない強度も嬉しいですね。

ベイトフィネスタックルで太目のラインを用いて、カバーコンタクトのアプローチにチャレンジしてみましょう。

シルバークリークミノー61Sの絶妙なヒラ打ちアクションに注目!

このミノーにロッドワークでトゥイッチを入れると、絶妙なヒラ打ちアクションを見せてくれます。

キレがいいので、トラウトの反応も良くなりますね。

アピール度は高く、広範囲からトラウトが接近してくるケースが多いです。

体側がフラットで長いですから、ボティのひねりや傾き+姿勢の復元によるフラッシング効果が絶妙。

しかも強めのロッドワークを駆使しても、水面から飛び出してしまうような浮き上がりにはなりません。

しっかりと水をつかんで潜り続けてくれることで、急流を積極的に攻めることが可能になります。

トロ場で深めの水深なら、ボトム付近をトレースしながらトラウトの反応を見てみましょう。

アルミ貼りフィニッシュでトラウトを誘い出そう!

シルバークリークミノー61Sのボディ仕上げには、アルミ貼りフィニッシュが丁寧に施されています。

高級感のあるハンドメイドミノーに匹敵する細やかさに、このミノーを使い込みたくなる理由が垣間見えます。

海外での大量生産品にはない、メイドインジャパンの雰囲気。

これをダイワは大切にしているのでしょう。

アルミ貼りフィニッシュにすることで、強過ぎるフラッシングではなく、柔らかな光の反射を実現していますよ。

イワナやヤマメ・アマゴなどをターゲットにするなら、丁度いい刺激となるはずです。

シルバークリークミノー61Sを操るのに適したおすすめタックルをピックアップ!

それでは、シルバークリークミノー61Sをキャストして操るのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

なんといっても気になるのは、ロッド選び。

ここでは、ベイトフィネスにチャレンジするためのベイトロッドをチェック!

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド ピュアリスト・V 56ULB・V 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド ピュアリスト・V 56ULB・V 釣り竿

最安値価格
¥13,640(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,099

楽天市場へ ¥14,948

Yahoo!へ ¥13,640

ダイワから2020年に追加リリースとなった、ピュアリストの56ULBです。

流行りのベイトフィネスロッドで、太いラインでトラウトを追いかけることができますよ。

全長1.68メートルで2ピース仕様、仕舞寸法は87センチになりますから、釣り場までの持ち運びがとても便利ですよね。

自重は74グラムと軽め、コンパクトなベイトリールと組み合わせれば、長い時間振り回しても疲れにくいセッティングを編み出せそうです。

適合ルアーウエイトは、1.5グラムから7グラムまで。

シルバークリークミノー61Sなら余裕でキャスト&リトリーブできます。

実際に手にしてみると、軽さはバツグンで張りがあり、ジョイント部分の曲がりも復元も無理のない仕上がり。

元々ダイワロッドの継ぎ目には定評があり、異音や硬さの出てしまうような違和感を持ったことはないですね。

実売価格は1万円台と、たいへんリーズナブルな価格設定に収まっています。

ガイドシステムは、頑丈なステンレスフレームのKガイドなので、釣り場で大胆に扱えるのが嬉しいですね。

アキュラシー精度の高いキャストはもちろん、川幅のあるところでは、ロングキャストもキメることができますよ。

初めてベイトタックルを手にする人にも、扱いやすい1本といえるでしょう。

シルバークリークミノー61Sの気になる追加カラー発売日はいつ?

シルバークリークミノー61Sの気になる追加カラー発売日は、2021年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,100円です。

追加カラーラインナップは、次の4種類です。

●アマゴ

●チャートヘッド黒サビアマゴ

●イワナ

●ライムイワナ

リアルでありながら、チャート系カラーで視認性の高さも確保しています。

さまざまなシチュエーションでラインに結んで、ネイティブトラウトにアプローチしてみましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング