ロッドとリールのアップ写真

Tコネクション コンフィーの発売日っていつなの?初心者に優しいトラウトロッド

FISHING JAPAN 編集部

エリアトラウトゲームの季節がやってきました!

今年から始める初心者の人も多いでしょうが、まずは何から揃えればいいのか、迷っていませんか?

そこでおすすめなのが、ジャッカルのエリアトラウトゲームブランド・ティモンから2020年リリースとなるニューロッドです。

その名は、Tコネクション コンフィー。

いったいどんなスペックなのか、詳しくご紹介しましょう。

Tコネクション コンフィーとは

Tコネクション コンフィーとは、ジャッカルのティモンブランドから2020年に新発売されるロッドのことです。

2つの機種がラインナップされているので、ひとつずつチェックしていきましょう。

まずは、TCC-S510ULから。

こちらは、全長1.79メートルと比較的短めのレングスで2ピース仕様。

仕舞寸法は92.0センチに収めることができますから、クルマはもちろん、電車・バスなどの公共交通機関を利用して管理釣り場へ向かうのに、とても携行しやすくなっています。

蛍光グリーンカラーのロッドバッグも付いているので、それに入れて持ち運びしましょう。

ウルトラライトパワーで、適合ルアーウエイトは0.6グラムから3グラムまで。

極小スプーンやちびサイズのクランクベイト・ミノーなどに対応できるでしょう。

掛かったトラウトをランディングする際も、ショートレングスのほうが取り回ししやすいですよ。

グリップ周りのボリュームは、とても絞り込まれている印象。

これなら手のひらの小さな女性や子供でも、ロッドをしっかりと支えることができそうです。

Tコネクション コンフィーのデモンストレーション動画はこちら

Tコネクション コンフィーの詳細スペック

もうひとつのロッドは、TCC-S62Lです。

全長1.88メートルとやや長めで、2ピース仕様になっていますよ。

仕舞寸法は97.0センチ、こちらも持ち運びに便利なサイズに収まるのがいいですね。

ライトパワーのブランクスに、1グラムから4グラムまでのルアーを乗せることができます。

重めのスプーンや、ボリュームのあるプラグ類をキャストするのに向いているでしょう。

ロングレングスによる遠投性能をしっかりと持たせつつ、なんでも扱える汎用性も兼ね備えたマルチパーパスなバランス設計が、このロッドのウリでしょう。

富士工業のステンレスフレームKガイドを標準装備!

Tコネクション コンフィーのガイドシステムに注目してください。

富士工業のステンレスフレームKガイドを、標準で装備しています。

これならラインにPEラインを採用したとしても、絡まりトラブルを抑えることができますよね。

初心者アングラーにとって、予期せぬライントラブルがイチバン厄介。

またイチからショックリーダーラインを結び換えたり、リールの道糸を全て巻き換えたりしていたら、釣りを楽しむ時間がどんどん減ってしまいます。

頼りになるガイドシステムなら、安心してトラウトとのやり取りを楽しめるでしょう。

Tコネクション コンフィーにマッチしそうなおすすめのリールを選んでみた!

Tコネクション コンフィーにぴったりマッチしそうな、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

軽めのトラウトルアーをキャストしますから、1000番からC2000番辺りが良さそうですよね。

ただ巻きアプローチを重視するなら、ローギアモデルの使い心地を試してください。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000S

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2000S

最安値価格
¥6,325(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,980

楽天市場へ ¥29,034

Yahoo!へ ¥6,325

2020年に発売された、シマノの新しいスピニングリール・ヴァンフォードです。

c2000番で、ギア比は5.1対1。

ハンドル1巻きで69センチのラインを回収できるようになっています。

これならキャストして、ゆっくりとただ巻きアプローチを実践可能ですよね。

自重は150グラムと、ハイエンドスペックモデル並みの軽さを誇っていますよ。

1日中キャストを繰り返しても、手首や肩・ヒジ・二の腕などが疲れてしまうことにはならないでしょう。

ラインキャパは、PEライン0.6号で150メートル巻けますから、極細のエステルラインならもっと多めにストックできそうですね。

実際に手にしてみたところ、やはり相当軽い印象を持ちました。

ローターの回り出しもスムーズで、ドラグの利きもじゅうぶん。

これで実売価格が2万円台ですから、コスパ優秀なのは間違いないでしょう。

ハンドルノブも握りやすく、トラウトの引きの強さに合わせて寄せるのを楽しめますよ。

ドラグノブにもタッチしやすいので、ややきつめに締めてあったとしても、素早く対処してラインを放出できるでしょう。

Tコネクション コンフィーと組み合わせた状態で、早く実釣してみたいですね。

Tコネクション コンフィーの気になる発売日はいつ?

Tコネクション コンフィーの気になる発売日は、2020年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2機種とも12,200円です。

管理釣り場には独自のルールやレギュレーションが設定されています。

予約や問い合わせの段階で、公式サイトなどを詳しくチェックしておきましょう。

また釣行当日、隣りに立っているアングラーとの距離をじゅうぶん取って、密状態にならないように配慮したいものです。

感染症が流行してから、俄かに釣りブームがやってきているようですが、クラスターを発生させないための工夫や取り組みを、率先しておこなえるアングラーになりたいですね。

管理釣り場によって、放流されている魚種が異なりますから、動画などで釣り方やアプローチ方法も予習しておくと、当日より一層トラウトゲームを楽しめますよ。

トラウトの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング