ルアーのアップ写真

OSPのブリッツ特集!人気メーカーの定番クランクベイトを使ってみた

OSP

FISHING JAPAN 編集部

並木敏成プロが主宰するルアーメーカーのOSPからは、さまざまなルアーアイテムがリリースされています。

中でも高い人気を誇るのが、バス釣り用クランクベイトのブリッツ。

MAXやMR・DR、タイニーサイズなどが豊富にラインナップされるようになっているので、使ったことのないアングラーを探すほうが難しいかもしれませんね。

ここでは、OSPのブリッツについて詳しくご紹介しましょう。

実釣で使ってみたインプレや、マッチングの良いおすすめタックルもピックアップしてみます。

OSPのブリッツとは

OSPのブリッツとは、バス釣りにおいて効率よく口を使わせて獲っていくのに秀でた、クランクベイトのことです。

初代ノーマルサイズをチェックしてみましょう。

全長は53.0ミリと、かなりコンパクトに作られていますよ。

これならバスが丸飲みにしやすいですよね。

自重は9.0グラムですから、全長に対して軽過ぎるということはありません。

むしろ必要十分なウエイトが与えられている印象です。

特徴的なのは、このウエイトのベースとなるパーツが、お腹から外側へ突き出していること。

ベリーフックアイの真後ろに、まるでおへそのように飛び出していますよ。

こうすることで、ボディ全体の重心をより一層低くする役割を担っています。

「なんで重心を低くしなきゃいけないの?」

それはこういう効果が見込めるからです。

ボディが揺れても、重心が低くて一点集中にしていれば、レスポンスよく元の姿勢に戻ろうとします。

そのスピードにキレが発生すればするほど、ウォブリングやローリングといった基本アクションにもキレが伴なうようになるのです。

ブリッツを泳がせてみて、とてもハイピッチだなぁ!という印象を持ちますが、この低重心バランスが一役買っていたことになります。

飛距離がバツグンに飛んでくれるのに、固定重心でしかも低い!となれば、他のルアーにはない個性を構築することができるでしょう。

OSPのブリッツのボディ内部に注目!

ブリッツのハイピッチなアクションは、低重心バランスだけで生まれているのではありません。

このボディ、内側がハニカム状に削り取られているので、徹底した軽量化が成されていますよ。

軽いとアクションにキレが出るのは当然、しかもハニカムは衝撃に対する強さ・硬さも実現してくれます。

他のルアーならカバーやストラクチャーに何度もぶつけると、最悪の場合変形や破損してしまうケースが多いのですが、OSPのブリッツなら、安心して使い続けることができるのです。

ハイピッチレスポンスに頑丈な耐久性が加われば、積極的に攻める姿勢でキャストを続けられますよね。

ブリッツが釣れるクランクベイトだと評価されるのは、結び換える必要がなくそのまま使い続けているアングラーが、かなり多いからではないでしょうか。

ワイドで極薄のスクエアリップも、このハイピッチアクションにプラスの要素となっているはずです。

カバーに接触してもカンタンにかわしてくれる、頼もしいリップですよね。

セミフラットなボディデザイン

OSPのブリッツを正面から見てください。

丸いボディだと考えていたのですが、実はセミフラットと呼べるくらい、ボディ側面がフラットにデザインされています。

そこに光が当たれば、しっかり反射してフラッシング効果が高まりますし、水押し効果も見込めることに。

強い波動を発生させるクランクベイトとして、定番の人気を誇る理由が分かってきましたよね。

シャローレンジからディープレンジまで、幅広い層をきっちり探れる種類の多さも、ブリッツシリーズの強みでしょう。

基本コンセプトは変わらずに、応用可能な範囲がどんどん広がっていくことは、バス釣りを楽しむのに外せないアイテムといえそうです。

実際にフィールドでキャストしてみると、風の強いシチュエーションであっても飛距離を伸ばしてくれますし、着水音も静か。

これならバスが警戒心を高めることもありませんから、着水即バイトも拾いやすくなります。

OSPのブリッツをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

OSPのブリッツをラインに結んでキャスト&リトリーブするのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ベイトタックルなら、手返しよくポイントにアプローチできますよ。

いきなり強烈にバイトしてくることがあるので、バスを弾いてしまうような硬めのロッドは向かないでしょう。

飛距離も欲しいので、ロングレングスなほうが扱いやすいかもしれません。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 701MFB-G 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 701MFB-G 釣り竿

最安値価格
¥17,640(amazon)

Amazonへ ¥17,640

楽天市場へ ¥17,820

Yahoo!へ ¥17,820

ダイワから発売中のバス釣り用ベイトロッドです。

型式の末尾に付いているGは、グラス素材がコンポジットされていることを表しています。

したがって通常のカーボン素材ロッドよりも、しなやかでよく曲がるテイストに仕上がっていますよ。

全長2.13メートルで、自重は115グラムと軽め。

カーボン素材の含有率は77パーセントですから、それ以外はグラス素材や樹脂ということに。

適合ルアーウエイトは、5グラムから28グラムまでなので、OSPのブリッツとの相性はバツグンといえるでしょう。

実際に手にしてみると、重く感じることはなく、ロッドティップからベリーにかけよく曲がる印象です。

バス釣りをしたインプレとしては、リトリーブ中のバイトを弾かずに、しっかり拾い続けてくれるロッドであるということ。

キャストフィールも良好で、広範囲を探れることから、ボート・オカッパリどちらでも使用しやすいでしょう。

ガイドシステムもバランスが取れていて、ラインが絡んでしまうトラブルは皆無でした。

オールステンレス製のガイドで、SiCリングが搭載されています。

実売価格は2万円前後と、コスパ優秀な低価格に収まっているのがいいですね。

コスメも個性的で、ブラックとオレンジの配色はよく目立ちます。

釣り場でリベリオンを手にしていれば、周囲のアングラーに気づかれるのは間違いないでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103SHL (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103SHL (2020モデル)

最安値価格
¥16,800(楽天市場)

Amazonへ ¥18,000

楽天市場へ ¥16,800

Yahoo!へ ¥16,800

2020年にリリースされた、ダイワのベイトリール・タトゥーラSV TWです。

これは、左巻きハンドルのハイギアモデルで、ギア比7.1対1。

ハンドル1回転で71センチのラインを巻き取ることができますよ。

ブリッツをキャストしてスローにリトリーブすることも、ハイスピードでリアクションバイトを取ることも可能です。

自重は190グラムと軽めで、ラインキャパは14ポンドラインを最大90メートルまでストックOK、ロングキャストもこなせるようになっています。

実際に使ってみると、手のひらにすっぽり収まるコンパクトデザインで、クラッチは切りやすくハンドル回転もスムーズです。

手返しよくどんどんキャスしても、バックラッシュトラブルがほとんど発生しません。

ひたすら正確にキャストすることに集中できますし、バスが食い付いてきても余裕を持ってフッキングに持ち込めるのがいいですね。

ダイワオリジナルのTWSはかなり安定していて、レベルワインドがターンすることに慣れてきました。

実売価格は1万円台後半と、とてもリーズナブルな価格帯になっています。

ギア比別に揃えても面白いですし、右巻き・左巻きハンドルを両方とも購入して、両方使いこなせるアングラーを目指しましょう。

それから軽量なルアーを難なくキャストできますから、ベイトフィネス専用リールを用意しなくても、このリールで対処可能ですよ。

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン スーパーソフト 150m 2.5号 10lb クリアブルー

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン スーパーソフト 150m 2.5号 10lb クリアブルー

最安値価格
¥1,955(amazon)

Amazonへ ¥1,955

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥3,665

バリバスブランドから発売されている、定番のナイロンラインです。

種類が豊富なので、10ポンドにこだわらなくても12ポンドや14ポンドを使ってみてください。

カバーやストラクチャーに接触しても、すぐには破断してしまわない強さを持っています。

ナイロン素材独特の伸びもありますから、バスが掛かったときのクッションの役割も担ってくれますよ。

カラーはクリアブルーで、水に溶け込むような仕上がりになっていますよ。

MA製法を採用しているので、強度面を向上しながら、扱いやすいしなやかさも保持しています。

ロッドガイドに対して滑りが良好で、飛距離の伸びも期待できるラインです。

実売価格は、千円台で安い価格帯に。

これなら巻き換えをひんぱんにおこなえそうですよね。

ナイロン素材は、その特性上どうしても水を吸ってしまいます。

ライン表面が変色したり、ちぢれ部分が発生してきたら、積極的に巻き換えてみてください。

OSPのブリッツを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

OSPのブリッツの特徴や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまな釣り場でキャストして、バスの反応を観察してください。

おすすめのカラーはキンクロ系で、あらゆるシチュエーションで実績が高いですよ。

クランクベイトの関連記事はこちら

OSP」カテゴリの人気記事

DAILYランキング