ワームのアップ写真

根魚フラットでカサゴ・メバル釣りを楽しみたい!バス用人気ワームのダウンサイジング版

FISHING JAPAN 編集部

海水温が下がってくると、カサゴやメバルなどの根魚=ロックフィッシュゲームが盛んにおこなわれるようになってきます。

岩礁帯やテトラエリアを果敢に攻めなければならないので、テキサスリグやダウンショットリグを多用することに。

そこで使いたいのが、バス釣り用ワームとして人気のデプス・ブルフラットをダウンサイジングした、レインズの根魚フラットです。

平たいボディ+フレキシブルにアクションするテールは、このサイズでも健在。

その使い方について、詳しくご紹介しましょう。

根魚フラットとは

根魚フラットとは、レインズからリリースされているロックフィッシュゲーム用のワームのことです。

全長50ミリとかなりコンパクトに設計されていて、ボディフォルムはあのデプス・ブルフラットとそっくり。

それもそのはず、レインズとデプスがタッグを組み、ロックフィッシュゲーム用にアレンジしたワームだからなのです。

ロックフィッシュが潜む岩礁帯にテトラエリアには、アジやヒイラギなどの平たい形をした小魚も、多数泳いでいます。

それらをイメージして、ひらひら・ユラユラと漂わせると、カサゴ・メバル・アイナメ・アコウ・ソイなどが、こぞって襲い掛かってきますよ。

ストレートワームやカーリーテールワームが多いロックフィッシュゲーム用ワームですが、そこにこのフラットサイド系ワームが加われば、まさに鬼に金棒!

これまで反応してくれなかったロックフィッシュも、バイトに持ち込みやすくなるでしょう。

使い方は、各種リグにセットして漂わせるところからスタート。

まずは定番のテキサスリグに仕上げてください。

用意するのは、バレットタイプのスリップシンカーに、オフセットフック。

先にラインにスリップシンカーを通して、ラインの先端にオフセットフックを結びます。

そこに根魚フラットをセットして、ハリ先をワームボディに埋めれば完成。

根掛かりを気にせずに、岩礁帯やテトラ・防波堤の壁際や隙間などを攻めることができますよ。

根魚フラットをダウンショットリグにセット!

このワームなら、ダウンショットリグにセットする使い方も有効です。

先にシンカーがボトムと接触することになりますから、底取り感が手元にダイレクトに伝わってきますし、根掛かりも抑えられるメリットがあります。

着底後ラインをピーンと張って、そこから緩めてはまた張り直すことを繰り返していると、ロックフィッシュが近寄ってきますよ。

アタリは明確に表われますが、いきなりフッキングせずに2秒から3秒ほどラインが走るのを目視するようにしたいですね。

糸フケを魚に取ってもらう感じでしょうか。

そのほうがすっぽ抜けが減り、確実にフッキングに持ち込めるでしょう。

シンカーからフックまでのライン部分を長めに取ると、緩やかなフォーリングを絡めたアプローチを繰り出すことができます。

逆にそのライン部分を極端に短くすると、ワームのアクションにメリハリが生まれて、キビキビした動きを演出することが可能に。

どちらのアプローチも試してみて、その日のロックフィッシュの反応をチェックするのが重要です。

カラーバリエーションも豊富!

根魚フラットには、さまざまなカラーバリエーションが用意されています。

ソルトウォーターゲーム向けにリファインされていますが、よく見るとバス釣りにも使えそうなカラーも。

全長は50ミリとコンパクト化されているので、タフコンディション下のバス用にも使えそうですね。

グロー系やUV系もラインナップされていますから、暗がりや深い層で誘いをかけるのにも適していますよ。

エビやカニなどの甲殻類に似たカラーもありますから、岩肌に同化させながらトレースしてみるのもいいかもしれませんね。

もちろん、ジグヘッドリグやチャターベイトにセットして、中層スイミングで魚を振り向かせるアプローチにもトライしてみましょう。

根魚フラットを操作するのにおすすめのロッドはこちら!

根魚フラットをキャストして豪快にフッキングを決めたい!と考えるなら、やはりベイトタックルを用意するのがおすすめです。

ロッドは7フィート以上のロングレングスモデルで、硬めのブランクスにすれば、根に潜り込まれてもパワーで引き出すことができるでしょう。

各メーカーからさまざまなロックフィッシュゲーム専用ロッドがリリースされています。

リールとセットで購入を検討するなら、ダイワのラインナップは必ずチェックしておきたいところですね。

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HARDROCK X 86MHB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HARDROCK X 86MHB 釣り竿

最安値価格
¥13,306(amazon)

Amazonへ ¥13,306

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥17,170

ダイワから発売中のロックフィッシュゲーム専用ベイトロッドです。

長さは2.59メートルもありますから、沖合いでナブラが立っても狙えそうですよね。

ワーム+ジグベッドをリグっている状態なら、ロックフィッシュ以外にも青物やタチウオ・シーバスなどが掛かるかもしれませんよ。

2ピース仕様で仕舞寸法は134センチ、やや長めな感じはしますが、持ち運びにはとても便利。

足場のよくない岩礁帯エリアに持ち込むのにも重宝するでしょう。

自重は167グラムと重めですが、ブランクの長さを考えるとこれくらいの重さは許容範囲といえそうです。

適合ルアーウエイトは、軽いものが7グラムで最大45グラムのものまで背負えるようになっています。

45グラムといえば、ショアジギング用のメタルジグと変わりませんから、ロングキャストを実践したい人にも向いているでしょう。

実際に手にしてみると、ジョイント部分はきっちり作られていて、カンタンに抜けてしまうようなことはありませんでした。

曲がりもスムーズですが、硬めなので復元が素早く、バイト後に根から魚を引き離すのはとても容易です。

ガイドにラインが絡まるトラブルは、ほぼ皆無。

グリップもしっとりと握りやすい仕上がりなので、長く使い続けるロッドとして及第点以上ですね。

実売価格は1万円前半と、かなりコスパ優秀な価格設定になっていて、初めてロックフィッシュゲーム用ロッドを購入する人に優しい印象です。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 HRF PE SPECIAL 8.1R-TW (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 HRF PE SPECIAL 8.1R-TW (2020モデル)

最安値価格
¥22,300(amazon)

Amazonへ ¥22,300

楽天市場へ ¥23,562

Yahoo!へ ¥23,908

ダイワからリリースされているロックフィッシュゲーム専用のベイトリールです。

赤い配色が、フィールドでもすごく映えるのでカッコイイですよね。

2020年にリファインされたので最新スペックを搭載、キャストのしやすさはもちろん、PEラインを巻いたときのトラブルレスが、アングラーを心地よく釣りに集中させてくれるはずです。

ギア比8.1対1なので、ハンドル1巻きで86センチものラインを回収することができます。

ラインキャパは、PEライン2号で150メートルも巻けますから、ロングキャストにも対応可能なのが嬉しいですね。

ハンドルノブは、ラウンドタイプのEVA仕様。

これなら力を込めてつかみ、しっかりと巻き取れそうです。

実際に手にしてみると、自重195グラムは軽く感じますね。

手元感度の向上にもプラス要素になりますから、ビビッ!と感じたアタリは全てものにしたいものです。

実売価格は2万円台、専用モデルとしては価格が抑えられているほうではないでしょうか。

広範囲をチェックしながら、ロックフィッシュを見つけ出したい人におすすめです。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100HL (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100HL (2019モデル)

最安値価格
¥13,600(amazon)

Amazonへ ¥13,600

楽天市場へ ¥14,960

Yahoo!へ ¥14,416

同じくダイワから発売されている、バス釣り用のベイトリールです。

ソルト対応になっているので、ロックフィッシュゲームでもじゅうぶんに活用することができますよ。

自重195グラムは、HRF PE SPECIALと同じなので、操作性はキープされますし、キャストフィールも申し分ありません。

ラインキャパは、16ポンドラインが100メートルと、太いモノフィラメントラインをめいっぱい巻くことが可能です。

岩礁帯に擦れるケースがひんぱんに発生するようなら、こちらのベイトリールにナイロンやフロロカーボンを巻いて対処すればいいでしょう。

実際に手にしてみると、とてもコンパクトでパーミングしやすく、クラッチレバーにも指が届きやすいのが特徴。

安定した握り心地が維持されることで、アタリを待つ際の集中力持続にプラスに働きそうです。

実売価格は1万円台と、とても安い価格設定に収められていますよ。

これならロックフィッシュゲームをベイトタックルで始めたい人にも、強く響くでしょう。

根魚フラットを使いこなしてロックフィッシュゲームを満喫しよう!

根魚フラットの特徴やおすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ビックサイズのロックフィッシュを、ぜひ釣り上げてくださいね!

ロックフィッシュの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング