ワイヤーベイト バス釣り バスフィッシング バズベイト

バズベイトって実はこうやって使う!バスを怒らせて誘うその活用術とは!?

FISHING JAPAN 編集部

金属のプロペラがついたワイヤーベイトのことをバズベイトといいます。

バズベイトは金属とゴム樹脂で作られているので、浮力が与えられていません。

ラインに結んで水面に向かって投げると、着水してそのまま沈んでしまいます。

どのようにして使うのか、悩んでしまいがちなルアーかもしれませんが、実は意外とシンプルな操作方法に驚かされます!

バズベイトの扱い方について、マスターしてみましょう!

プロペラで誘う!

どこから見てもヘンテコな形をしているバズベイト、こんな生き物は見たことはないので、バスの食性に訴えて釣る道具でないのは、ひと目でわかります。

これはバスが満腹のときでも口を使う気にさせる「誘い」の道具なのです!

ではどのような方法で、バスを誘うのでしょう?

大きなプロペラが付いているので、どうもこの辺りに秘密があるようですよね。

さまざまな音を発生!

バズベイトのプロペラに水が当たって回転を始めますが、そのときにさまざまな音が発生します。

水しぶきが飛び散る音や、プロペラがワイヤーアームに干渉する音、それからプロペラを支える部品との摩擦音が挙げられます。

1度耳を傾けて聞き入ってみてください。

ふと、あることに気づくはずです!!

バスの怒りを誘発!

それは、聞き慣れない音です。

聞き入ってみるとバズベイトが発する音の中に、明らかに自然界では聞き慣れない音色を発見すると思います。

まるで金属同士がこすれ合うような、神経をさかなでするようなキリキリ音。

こんなものを頭の上で響かされたら、バスは黙ってはいません。

物を食べるという食性以外の理由で口を開き、音源とおぼしき対象めがけて威嚇攻撃に出るでしょう。

バズベイトの狙いは、まさにそれなのです!!

水面を逃げる小魚を水しぶきで演出しながらも、もし食性の誘いでは振り向かないバスのために、威嚇攻撃を誘発させる音という要素も装備しているバズベイト。

バスを見失ったときや、ヤル気スイッチを入れたいときに役立つのは間違いなさそうです。

なかなか使い方がわからなかったという方は一度試してみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング