イッセイ  ルアー  ポッパーワーム

見た目はグロイが、実力は本物!!イッセイの「ポッパーワーム」は小刻みに震えて水面へバスを誘い出す!

FISHING JAPAN 編集部

ほとんどのワームは、沈むように作られています。

しかし、このイッセイの「ポッパーワーム」は水面に浮くんです!!

水面に浮くと、どのような効果が生まれるのでしょうか??

見た目はちょっとグロテスクな虫のような形ですが、どのようなパワーがあるか見ていきましょう!

約9グラムの重さにより楽々キャストが可能

イッセイの「ポッパーワーム」は、全長約8.4センチで自重が約9グラム。

これだけの重さがあれば、ベイトタックルで投げることが可能です。

ということは、太めのラインで水面にあるカバー(=障害物)に擦りながら使えるといえそうですね!

動画でそのアクションを確認してみてください♪

フックがズレないための対策

イッセイの「ポッパーワーム」が水面をかき乱しながら泳ぐ様子は、とてもインパクトがありますね。

頭部のフラット面で、水を強く押して水しぶきを上げ続けていると、セットしたフックがズレてくるおそれがあるかもしれません。

きっちりとフックをセットするための動画がこちら!

リグり方をマネしてみてくださいね!!

イッセイの「ポッパーワーム」の中空構造によるメリットとは

イッセイの「ポッパーワーム」は、中身が空っぽの中空構造になっています。

その空気室の存在が、プカリと水面に浮き上がる要因になっているのです。

バスが食い付いたときも、ボディがつぶれてフックの先がむき出しになりやすいので、刺さる確率が向上します!

また、最後尾のシャッドテールが垂れ下がり気味に付けられているので、しっかり水をつかんでくれます。

ボディが水から飛び出さないための工夫なんですね!

そして、この突き出た6本の触手が、あらゆるアクションに反応して、小刻みに震えます。

活き活きとした生命感がそこに生まれ、バスを誘うことに役立っているんですね!

ぜひ使いこなせるようになりたいアイテムなので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

イッセイの「ポッパーワーム」の商品レビューはこちらからチェック!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング