ルアーと魚のアップ写真

ヘドンバドが2020年に復活リリース!甲高い干渉音でビッグバスを狙えるトップウォータープラグ

FISHING JAPAN 編集部

ヘドンバドといえば、アメリカの老舗ルアーメーカーであるヘドンが手掛けたトップウォータープラグです。

ベイトタックルでキャストしやすく、着水後はスローなただ巻きでOK。

ビッグサイズのバスを効率よく引き寄せて、バイトに持ち込むことができるスグレモノです。

ここでは、2020年に復活リリースされたヘドンバドについて、詳しくご紹介しましょう。

「こんな魚に見えない樽みたいなルアーで釣れるの?」

餌っぽいものでしか釣りは成立しない!と考えているのなら、ぜひこのヘドンバドを使ってみてください。

目からウロコがっ!を体験できるでしょう。

ヘドンバドとは

ヘドンバドとは、2020年に復活リリースされたトップウォータープラグのことです。

全長6.99センチで自重18グラム、ボリューム感のある円筒状のボディデザインが特徴的ですよね。

これだけの丸さ・太さが伴なうことから、浮力はかなり高めに設定されています。

大きなリップがアゴ下から突き出しているものの、水中に潜行しようとする動きは、この高い浮力によって相殺されてしまうのです。

潜りたいけど潜れない、だから水面を漂うしか選択肢はない!といったところでしょうか。

となると、常に水面を押し続けながら横移動を繰り返すことになるわけで、水押し効果はバツグンのものに。

水面に刻まれるV字の引き波や強い波動は、遠くにいるバスをも振り向かせるのにじゅうぶんです。

キャストして着水、ゆっくりリールハンドルを回しながら、ただ巻きアプローチをスタートさせましょう。

決して早巻きせずに、V字の引き波が安定して作り出せるスピードを見い出してください。

そしてバイトは突然やってきます。

水面が豪快に炸裂するシーンが多発することから、バスはヘドンバドに対して怒りを覚えているのでは?と感じることが。

いわゆる威嚇攻撃を発動させる理由は、何なのでしょうか?

ヘドンバドにはヒートン付きブレードを搭載!

バスがヘドンバドに対して威嚇攻撃してくるのは、その干渉音によるところが大きいでしょう。

ルアーの最後尾に注目してください。

ヒートンが刺さっていて、その先に金属製のコロラドブレードが装着されていますよ。

これがヘドンバドのアクションに連動して、ボディ最後尾のフラットな面にまるでシンバルのように激しく当たるのです。

擦れ音や干渉音が鳴り響き、それは当然水中にも伝わっていきます。

何だこのうるさいのは?オレのテリトリーで何やってくれてんだ?とバスが感じたとしたら、次の瞬間に威嚇攻撃に出ても不思議ではありませんよね。

大きな干渉音に驚いて、逃げ去ってしまう魚も多いでしょう。

でも、バスは違います。

かなりの高い確率で襲い掛かってきますし、そのサイズも大型のものが多いですよ。

白と黒のカラー効果をチェック!

ヘドンバドのカラーを見てください。

特に2020年の復活バージョンは、白か黒にベースカラーが統一されています。

実はこの2色、とても実績が高く、よく釣れるカラーとして広くアングラーに知られていますよ。

白はボワッと膨張して見えるので、バスが興味をそそられる対象になりやすいでしょう。

黒はシルエットがくっきり判別できるので、水深のあるエリアで深場からバスを引き寄せるのに、とても効果的です。

自分がよく行く釣り場のシチュエーションを思い浮かべながら、どちらを先に投入するか計画を練ってみてください。

釣りは、自宅にいる時間帯から始まっているのです。

ヘドンバドを操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それでは、ヘドンバドをキャストして操るのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

18グラムもあるので、通常のベイトタックルを組めばじゅうぶん扱えそうです。

あまりに硬いブランクスを選べば、せっかくのバイトを弾いてしまうかも。

そうならないために、柔らかくてよく曲がるブランクスのロッドを選びたいところです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 1ピース 160ML-G テクニカルショートロッド

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 1ピース 160ML-G テクニカルショートロッド

最安値価格
¥37,840(amazon)

Amazonへ ¥37,840

楽天市場へ ¥37,840

Yahoo!へ ¥37,840

シマノのバンタムシリーズ、グラスコンポジットのベイトロッドです。

長さは6フィートで自重107グラムと軽め、適合ルアーウエイトは5グラムから21グラムとなっています。

実際に手にしてみると、もっと重いルアーでもラクラク扱えるので、とても使用範囲の広がるロッドでもあります。

ヘドンバドをラインに結んで、バス釣りに使ってみました。

キャスタビリティはバツグンで、ずいぶん遠くまで届けることができますよ。

またアキュラシー精度も高く、狙ったピンポイントの水面に、静かな着水をおこなえるのがいいですね。

リトリーブを開始すると、ロッドティップがしっかり曲がろうとします。

それを自分の真正面に持ってきて、ラインにややたるみが出る程度のスピードで、ただ巻きを繰り返してください。

カシャンカシャン!と定期的に干渉音が鳴り響くたびに、ロッドティップが引き抵抗で小刻みに揺れます。

とてもアタリを取りやすく、取り回しもいいのがメリットといえるでしょう。

トップウォータープラグを用いた釣りなので、ガングリップタイプのグラスロッドでないと!という考え方は、自分を縛るだけになります。

もっとおおらかに柔軟性のある姿勢で、ヘドンバドと向き合ってみませんか?

実売価格は3万円台とやや高めな価格設定ですが、このハイスペックなら購入してみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

まだバンタムシリーズのロッドを使ったことがないのなら、まずは釣具店で触れてみてください。

ヘドンバドを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

ヘドンバドの特徴や使い方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

ビッグバスをターゲットにして、オールシーズン釣り場へ向かいましょう。

トップウォーターの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング