リールのアップ写真

スティーズリミテッドSV TWは2020年新発売のフラッグシップベイトリール!ハイパードライブデザイン採用

FISHING JAPAN 編集部

スティーズリミテッドSV TWは、2020年ダイワからリリースされるハイエンドスペックのベイトリールです。

スティーズシリーズのフラッグシップモデルに位置づけされていて、最新のハイパードライブデザインが採用されていますよ。

フレームやギア側サイドプレートにマグネシウム合金を使っているので、軽量化もバッチリ。

ここでは、スティーズリミテッドSV TWについて詳しくご紹介しましょう。

スティーズリミテッドSV TWとは

スティーズリミテッドSV TWとは、2020年にダイワから発売される新しいベイトリールのことです。

スティーズシリーズの最新機種となりますから、フラッグシップモデルといっていいでしょう。

ボディが銀色で統一されているのが、今回リリースされる3機種の特徴で、一瞬これがスティーズなの?と見間違えてしまうほど。

斬新なカラーリングの転換は、次世代アイテムの到来を印象づけるのに効果的ですよね。

「銀色のヤツが新しいスティーズだ!」とユーザーに浸透しやすくなります。

こういう分かりやすさを付け加える工夫が、製品そのものの生命線になることも。

より多くのアングラーが、このリールを手にすることを期待します。

さて、搭載されているスペックですが、ハイパードライブデザインというコンセプトに基づいて、4つの箇所がリファインされていますよ。

メインギアは新設計で、耐久性を向上。

噛合い率のアップも達成して、初期の滑らかさをキープできるように仕上げられています。

ピニオンギアに関しては、その両端を2つのボールベアリングでしっかり支持。

魚からの負荷が掛かった場合でも、力強く軽く巻き上げられるようになっています。

巻きに安定感が生まれると、釣り自体のテンポ・手返しが良くなり、釣れる魚の数も比例して上がっていくでしょう。

スティーズリミテッドSV TWにはマグネシウム合金を採用!

スティーズリミテッドSV TWのボディフレームには、比重の低いマグネシウム合金が使われています。

剛性を保ちながらトータルウエイトの軽量化を実現、実はギア側のサイドプレートにもマグネシウム合金が採用されていますよ。

ダイヤル側のセットプレートには、アルミニウム合金が使われていて、強度アップに貢献しています。

これら外殻パーツの高剛性により精度は一層高くなり、巻き心地が滑らかで軽やかに維持されるでしょう。

またクラッチシステムのタフ化も図られていて、固着しないための絶縁構造になっています。

長く使うための新しい仕組みが、さまざまな箇所に配置されているのが嬉しいですね。

スティーズリミテッドSV TWを他機種と比較してみよう!

スティーズリミテッドSV TWのボディにマグネシウム合金が採用されていることで、シマノの20メタニウムとの比較が盛んにおこなわれることになるでしょう。

ただし、販売価格帯にハッキリと差が出ていますから、横並びで比較検討することには抵抗があります。

同時発売のアルファスSV TWやジリオンSV TW1000と並べた状態で、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選びたいですね。

自重はスティーズリミテッドSV TWの160グラムが、最も軽量。

ラインキャパは、ジリオンとスティーズが同じ容量に設定されていることにも注目したいところです。

スティーズリミテッドSV TWを装着して使ってみたいおすすめロッドはこちら!

それでは、スティーズリミテッドSV TWを装着してフィールドで使ってみたい、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

同じスティーズシリーズにロッドもラインナップされていますから、選びやすいですよね。

軽さは感度につながりますから、こちらのアイテムはいかがでしょうか。

ダイワ(DAIWA) バスロッド スティーズ レーシングデザイン 701MH/HXB-ST 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド スティーズ レーシングデザイン 701MH/HXB-ST 釣り竿

最安値価格
¥85,360(amazon)

Amazonへ ¥85,360

楽天市場へ ¥85,360

Yahoo!へ ¥85,360

ダイワのスティーズシリーズに、レーシングデザインと呼ばれるアイテムが存在します。

2020年に追加ラインナップされたのが、このRD701MH/HXB-ST。

長さ2.13メートルもあるのに、自重はなんと103グラムに抑えられていますよ。

適合ルアーウエイトは、7グラムから42グラムと、かなり幅広くなっています。

これならさまざまなルアーやリグを活用できますから、スティーズリミテッドSV TWとのマッチングも良好でしょう。

何といってもこのロッドシリーズは、バツグンの感度を誇っています。

魚の微細なバイトを感じ取ることはもちろん、柔らかなウィードエッジにルアーが引っ掛かって外れた瞬間すらも、明確に手元に伝えてくれます。

やや細過ぎるブランクを見ると、扱いが慎重になってしまう可能性はありますが、丁寧に操ることで多くの魚を釣り上げることができるでしょう。

実売価格は8万円台と、かなり高めの価格設定。

でもこのロッドしか取れないアタリがあるとしたら、購入を検討してみるのもありでしょう。

スティーズリミテッドSV TWの気になる発売日はいつ?

スティーズリミテッドSV TWの気になる発売日は、2020年の12月を予定しています。

同時にリリースされるジリオンとアルファスも、一緒に手に取って見てみたいですよね。

メーカー希望販売価格は、70,000円ジャストです。

さすがはスティーズシリーズのフラッグシップモデル、かなり高めの価格設定ですが、このハイスペックをあらゆるシチュエーションで試してみたいと誰しも感じているでしょう。

今年の12月は、期待を胸に釣具店へ足を運んでみてはいかがですか?

実機を手にしてじっくり触ってから、決断することをおすすめします。

ダイワの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング