リールのアップ写真

ジリオンSV TW1000は2020年ダイワから新発売のタフバーサタイルベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

ジリオンSV TW1000は、2020年ダイワから新発売となるタフでバーサタイルなベイトリールです。

昨年にジリオン10が出たばかりですから、毎年新しいモデルが投入されるこになりますね。

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームにもマルチパーバスに使えるリールとして、アングラーからの支持は確固たるものですから、期待は自ずと高まるでしょう。

ここでは、ジリオンSV TW1000の詳細スペックについてご紹介します。

ジリオンSV TW1000とは

ジリオンSV TW1000とは、2020年ダイワからリリースされる新しいベイトリールのことです。

1000番サイズですから、同時発売のアルファスSV TWよりもラインキャパが大きくなるのが特徴といえます。

16ポンドラインで最大90メートル巻けますから、太いラインでバス釣りやソルトウォーターゲームを展開したい人に向いているでしょう。

元々軽量コンパクトなルアーをキャストするよりも、さまざまなルアーを幅広く扱えるイメージのほうが強かったのが、ジリオンシリーズ。

ロングキャストを豪快のキメて、広範囲から魚を引き出すのに便利な機能は、新しいモデルにも引き継がれていますよ。

特に注目なのが、ハイパードライブデザインです。

これは4つの箇所をリファインして、強く・軽く・滑らかに駆動することを目指したもので、長く使い続けられるリールとしてのベースを作り出しています。

ひとつずつ見ていきましょう。

まずは、メインギアから。

ハイパードライブデジギアと命名された新しいメインギアは、歯のモジュールは小さくせずに噛合い率のアップを達成、。

初期の滑らかさが長く続くように作られているとのこと。

モジュールという言葉からして、シマノをバチバチに意識しているのは明らかです。

あちらはマイクロモジュールでアプローチしているわけですから、実際に使い比べてみるのがいいでしょう。

比較したいので、発売が楽しみですね。

ジリオンSV TW1000のハイパードライブサポートをチェック!

ジリオンSV TW1000に搭載されているハイパードライブサポートとは、駆動サポートシステムのこと。

ピニオンギアの両端をボールベアリングで支持することにより、リールハンドルを回した際の力を減衰させずに、力強く軽やかに巻き上げられるようになっていますよ。

魚が掛かったら大きな負荷が乗っかってきますから、そんな状態でもしっかりハンドルを回せるというのは、心強いですよね。

特に太いラインに頼った、カバー周りでの釣りを展開しているときなら、素早く確実に引き離したいもの。

このハイパードライブサポートがあれば、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

ジリオンSV TW1000のボディはアルミニウム合金製!

ジリオンSV TW1000には、ハイパーアームドハウジングを採用しています。

具体的には、ボディフレーム・ギア側のサイドプレート・ダイヤル側のセットプレートにアルミニウム合金を使っていますよ。

これにより大きな負荷がリールに掛かっても、高剛性・高精度でしっかりと支えて、滑らかな巻き心地とパワーを生むことができるのです。

またハイパータフクラッチも搭載していて、何万回クラッチ操作をしてもスムーズに扱えるようになっています。

塩ガミなどのトラブルが発生しないように、工夫されているのが嬉しいですね。

自重175グラムは、シマノの20メタニウムと同じですから、購入の際の比較検討は必ずしたいところ。

5.5対1のローギア設定がありますから、バンタムMGLと20メタニウムの要素をどちらも組み込んでいることになるのも注目点です。

ジリオンSV TW1000を装着したいおすすめのロッドを選んでみた!

ジリオンSV TW1000を装着して、実際にフィールドで使ってみたいおすすめのロッドを取り上げてみましょう。

ダイワのリベリオンシリーズなら、豊富なラインナップからあれこれ試せそうですよね。

マルチパーパスな1本といえば、この辺がいいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MHRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MHRB 釣り竿

最安値価格
¥18,067(amazon)

Amazonへ ¥18,067

楽天市場へ ¥19,865

Yahoo!へ ¥19,170

リベリオンのベイトロッド・6102MHRBです。

2ピース仕様なので、全長2.08メートルは仕舞寸法109センチに収めることができますよ。

これならオカッパリシーンで邪魔になることはなく、あちこちのフィールドに持ち運びしやすいでしょう。

自重は115グラムと軽めなので、ジリオンSV TW1000の軽さともマッチしますよね。

MHパワーでレギュラーファーストテーパーのブランクですから、きっちりと胴に乗せたキャスティングを展開できますよ。

適合ルアーウエイトは、7グラムから28グラムまで。

ジグ撃ちはもちろん、スピナーベイト・バイブレーションプラグ・クランクベイトなどの巻きモノまで、幅広くカバーすることが可能です。

当然ロングキャストもお手のものなので、SVブーストスプールとの相性もバッチリでしょう。

実際に手にしてみると、軽さと共に適度な張りを感じることができます。

カバーに潜られたバスでも、ロッドを立てて引き離しにかかるのに、さほど手間はかからない印象ですね。

実売価格は2万円を下回る安い価格設定、リールと一緒に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ジリオンSV TW1000の気になる発売日はいつ?

ジリオンSV TW1000の気になる発売日は、2020年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、42,800円です。

となれば、実売価格は3万円台になることが予想されますよね。

この辺りも、20メタニウムを意識した価格設定といえそうです。

一日も早く実物を手にしてみたいですね。

ダイワの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング