魚とルアーのアップ写真

ロックフィッシュを釣るためのリグにはどんなものがあるの?おすすめワームもチェック

FISHING JAPAN 編集部

ソルトウォーターゲームが盛んにおこなわれる季節がやってきました。

岩礁帯エリアや波消しブロックの積み上げられた場所で、ロッドを振っているアングラーをよく見かけますよ。

実践しているのは、流行りのロックフィッシュゲーム。

いったいどんなリグ=仕掛けでアプローチしているのか、興味が湧いてきますよね。

ここでは、ロックフィッシュにアプローチするための各種リグについて、詳しくご紹介しましょう。

結構な重さになるものや、リグ自体を自作するケース、複数の種類を使い分けすることも見られます。

ロックフィッシュゲーム用のリグとは

ロックフィッシュゲームに用いるリグは、フック+ワームにシンカーをセットしたものが大半です。

岩礁帯やテトラなどのカバー・ストラクチャーにへばり付いているケースが多いので、リグを浮かせているとなかなかバイトにつながりません。

しっかり地形変化などに接触させながら、スローにズル引きしていくとアタリを取ることができるでしょう。

夜釣りになれば動き回る魚が増えるので、リフト&フォールなどのスイミングアプローチにも反応が出てきます。

最近では、フラッシング効果を搭載したリグもリリースされるようになってきましたから、日中の攻略方法に幅が出てきました。

定番の攻め方は確立されているものの、それだけにこだわる必要はないということでしょう。

カバーやストラクチャーをタイトに攻めるのなら、バス釣りで使われているリグを参考にすると、より一層広がっていく可能性があります。

柔軟な発想でアプローチを繰り返すことが、ロックフィッシュゲームを楽しむことになるのです。

基本的には根掛かりをかわしながらの釣りになるので、フックは上向きに。

そういうリグなら、すぐに頭の中に思い浮かべられるものが出てきますよね。

ジグヘッドリグにテキサスリグ・ダウンショットリグなどが実戦向きで、チャターベイトやスピナーベイトからの応用も効果的でしょう。

ジグヘッドリグを使うことから始めよう!

ロックフィッシュゲームのリグとして、まず最初に挙げられるのはジグヘッドリグです。

これは、上向きのフックにウエイトを接合したもので、そこにワームを装着すると、水平姿勢のままスイミングアクションを引き出せるように作られています。

ただ巻きアプローチやリフト&フォールで使うことができますが、ボトムで倒してしまうとカンタンに根掛かりトラブルに見舞われてしまうでしょう。

それを未然に防ぐために、フックの先端をワームに隠せるタイプを使ったり、テキサスリグへの転換がおこなわれるのです。

引っ掛かりさえ防げれば、岩礁帯の凸凹も怖くなくなりますからね。

ジグヘッドのウエイトには多くの種類が設けられていて、軽いものから重さのあるものまで揃っています。

水深のある深い層まで素早く落とし込みたいなら、重いものを使ってみましょう。

あまりに根掛かるようなら、徐々に軽いウエイトのジグヘッドに交換していくと、トラブルを防ぎつつバイトを取ることができるでしょう。

応用が膨らんでいくダウンショットリグ

根掛かりを抑えつつ、リグを一定の位置で小刻みに震えさせることの可能なリグも存在しますよ。

それがダウンショットリグです。

シンカーをリグの最先端に配置して、ボトムに真っ先に着くようにします。

そうすれば、根掛かりしても外れやすいので、シンカーが着底したポイントで、ワーム+フックをロングシェイクできるのです。

フックからシンカーまでのリーダーの長さを自由に変えられるのもメリットで、最近では三つ又スイベルを使って、リーダーレス状態のダウンショットリグも組まれるようになりました。

リグは日々進化しているので、こうしている間にも新しいものが生まれているかもしれませんよ。

ロックフィッシュゲームのリグにおすすめのワームを選んでみた!

ロックフィッシュゲームのリグに用いるための、おすすめワームを取り上げましょう。

まずは、甲殻類のエビやカニに似たものから。

岩礁帯エリアには必ずといっていいほど生息しているので、ロックフィッシュの主食となっていることが多い生き物です。

ボトムを這うようにして移動しますから、そういう動きを意識しながらアクションを付けてみましょう。

バークレイ(Berkley) ワーム クロー ソルトウォーターパワーホッグ3インチ アカキン MSPH3-AKA

バークレイ(Berkley) ワーム クロー ソルトウォーターパワーホッグ3インチ アカキン MSPH3-AKA

最安値価格
¥566(Yahoo!)

Amazonへ ¥644

楽天市場へ ¥575

Yahoo!へ ¥566

バークレイからリリースされている、甲殻類のエビそっくりなワームです。

いわゆるホグ系ワームとしてバス釣りで脚光を浴び、これならソルトウォーターゲームでも機能するのではないか!と転用された、代表的なワームのひとつですね。

全長3インチと、ひと口サイズのボリュームですから、丸飲みしてくれるロックフィッシュが結構いるはず。

そういうバイトの多いエリアなら、ジグヘッドリグに装着するのが効率的でしょう。

あまりに根掛かりが多い状況なら、テキサスリグにセットして、スローにズル引きしてみてください。

シンカーが引っ掛かるポイントまで来たら、しばらく動きを止めて放置。

時折ラインにテンションを与えて、ワームにプルッと震えるようなアクションを与えましょう。

その繰り返しが生命感を生み、そばに近寄ってきたロックフィッシュの食い気を誘うことになります。

素材には張りがあり、独特のフレーバーが含有されていますから、一度食い付くとなかなか離そうとはしません。

フッキングはラインが動き始めてからでOK、慌てて早めのフッキングをおこなうと、すっぽ抜けてしまうでしょう。

実売価格は500円前後と、たいへんリーズナブルな価格設定に。

これならグロー系などの発色カラータイプも一緒に購入して、カラーローテーションを実践しやすいですね。

2本の触角の先端がカーリーテール状にデザインされているので、リフト&フォールアクションを加えても効果的にロックフィッシュを誘うでしょう。

メジャークラフト ワーム ファイティングクロー根魚&チヌ用 FCW#110ソフトシェル #110ソフトシェル

メジャークラフト ワーム ファイティングクロー根魚&チヌ用 FCW#110ソフトシェル #110ソフトシェル

最安値価格
¥212(Yahoo!)

Amazonへ ¥320

楽天市場へ ¥347

Yahoo!へ ¥212

メジャークラフトから発売中の甲殻類系ワームです。

全長が4センチ程度しかないので、一瞬で飲み込めてしまうほどのボリュームだと考えてください。

アタリを感じれば即フッキングしても、上手くハリ先が貫通してくれるでしょう。

ジグヘッドリグやテキサスリグにマッチしていて、爪の部分に高めの浮力が与えられています。

ボトムまで落とし込んでそのままにしておくと、爪を上方向に持ち上げる状態に。

これを見たロックフィッシュは、エビ・カニと間違えてバイトしてきますよ。

実際にジグヘッドリグにセットしてキャストしてみたら、ボトムで爪を立たせてユラユラ。

これならよく目立ちますし、ロックフィッシュの目にもとまりやすいでしょう。

キャストの際には空気抵抗が発生しやすく、軽めのリグだと飛距離はあまり望めません。

一定以上の重さのあるリグにセッティングしてから、アプローチをスタートさせるほうが広範囲をチェックしやすいでしょう。

具体的には、5グラム以上のジグヘッドやシンカーと合わせたほうが、キャスタビリティに不満が出ません。

実売価格は300円前後と、かなり安い価格設定になっています。

脱皮した状態のカラーや、派手な蛍光カラーを購入して、魚の反応を比べてみましょう。

エコギア グラスミノーM #470

エコギア グラスミノーM #470

最安値価格
¥400(amazon)

Amazonへ ¥400

楽天市場へ ¥514

Yahoo!へ ¥493

エコギアから出ている定番のシャッドテール系ワーム・クラスミノーです。

ジグヘッドリグにセットしてキャスト、着底してからただ巻きアプローチをおこなうと、最後尾のシャッドテールが左右に小刻みに震えてくれます。

それがボディに伝わり、独特のタイトなロールアクションを発生。

それがロックフィッシュを釘付けにし、一気にバイトへと持ち込むことができます。

アピール度をアップさせたいときは、このワームをチャターベイトのトレーラーに使ってみましょう。

ブレードの振動がワームに伝わり、独特のアクションで広範囲をチェック。

活性の高いロックフィッシュを引き寄せられるでしょう。

ボディ素材にはやや張りがあり、それがアクションにメリハリを生んでいるようです。

実売価格は400円前後ですから、購入しやすい価格帯に収まっているのが嬉しいですね。

カラーバリエーションも豊富で、全国の地域別専用カラーも販売されています。

甲殻類系ワームへの反応が鈍いときなどに、積極的に活用してみたいですね。

ロックフィッシュゲーム用のリグを使いこなして大型魚を釣り上げよう!

ロックフィッシュゲーム用のリグの詳細スペックや、おすすめのワームを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

甲殻類系と小魚系のワームを駆使して、大型のロックフィッシュを釣り上げてみましょう。

ロックフィッシュの関連記事はこちら

ロックフィッシュゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング