ルアーのアップ写真

メガバスのルアー特集!人気ルアーメーカーのおすすめアイテムをインプレッション

FISHING JAPAN 編集部

メガバスのルアーといえば、1990年代から2000年代に巻き起こったバス釣りブームを牽引したことが思い出されます。

当時は、メガバスのトップウォータールアー・ポップXを購入するのもひと苦労。

釣りで使いたいのになかなか入手できない!という状況が長く続きました。

今では釣具店やネット通販サイトを利用すれば、欲しいときに買えるようになっています。

実際に使ってみたインプレッションを、詳しくご紹介しましょう。

メガバスのルアーとは

メガバスのルアーとは、ルアーがどのように魚を惹き付けるかを、個々のアングラーが感じ取りやすいように丁寧に作られたデバイスのことです。

決してリアルな造形だけに走った疑似餌ではありません。

それが証拠に、バス釣りはもちろんシーバスゲームやトラウトゲームなどにおいて、他のルアーでは成し得ない釣果を得ることができます。

数を釣るのは当然として、釣り場のとあるシチュエーションで強烈に魚を惹き付けたり、サイズアップに貢献したりと、活用できる振り幅がかなり大きいのです。

魚が釣れることで、アングラーは吸収できる情報量が増えます。

メガバスのルアーが、いったい何を目指したものなのか、じっくりと考察する気持ちの余裕が生まれるのです。

それが個々の釣りスキル向上に、自然とプラスに働いてくれるでしょう。

例えば、キャストのしやすさが、キャストスキルを一歩前へ前進させてくれます。

着水してからのレスポンスの良さが、釣れるルアーの動かし方に気づかせてくれます。

そういった経験を経て、メガバスのルアーをラインに結ぶ意味が、しっかりと見えてくるはずです。

メガバスのおすすめルアー①I×Iシャッド・タイプR

メガバスのルアーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、バス釣り用に作られたハードプラグ・I×IシャッドのタイプRから。

キャストして驚かされるのは、その飛距離です。

自重7グラムとは到底思えないほどの伸びを見せてくれて、着水音も極めて静か。

リトリーブを開始すると、しっかりと巻き抵抗が感じられて、それが弾けるように破綻する瞬間があります。

グゥーッと負荷が掛かって重くなり、そのまま重く鳴り続けるのかと感じた瞬間、プンッ!と弾け飛ぶように抜けます。

たぶん水深1メートル程度まで潜行したところで、ロールしていたボディが左右のどちらへ流れたのでしょう。

そのバランス崩れからの復帰が俊敏で、且つカチッとハマって元通りになるのが痛快です。

再度バランスが崩れるまでリトリーブを続け、また弾けた瞬間にバスがバイトしてきました。

潜行可能な最深部まで潜って、そして弾けた瞬間に強くバスを誘えることになります。

リップが沈下物や地形変化に触れたわけでもなく、この自発的な弾けによって散発的にバイトトリガーを発するルアーなど、他メーカーで聞いたことも見たこともありません。

I×IシャッドのタイプRは、そういう意味でエポックメイキングといえるでしょう。

シャローエリアよりも沖合いの中層を漂うニュートラルバスに、ぶつけてみたい名作ですね。

I×Iシャッド・タイプRのデモンストレーション動画はこちら

メガバスのおすすめルアー②SWING HOT=スイホウ

メガバスのルアーには、チヌゲーム用に作られたポッパーがあります。

SWING HOT=スイホウと名付けられていて、これまた自重は7グラム。

軽い故に着水音は魚の警戒心を逆撫でせず、安定した釣果のベースを作り出してくれます。

ポッパーというからには、強烈なスプラッシュが可能なのかと試してみたら、甘く抑えめな仕上がり。

代わりに首振りが短い距離で繰り出されるようになっていて、水に絡み付くように泡を発生させます。

その泡が、スイホウ自らの引き波に揉まれて、ひとつずつ引き離されては消えていく状態を作り出します。

チヌやシーバスの反応は良く、淡水のバス釣りに使っても上々の釣果。

フッキング後に魚が暴れてもバレにくい工夫も、他のポッパーにはない特徴でしょう。

メガバスのルアーを操るのに使いたいタックルをピックアップ!

メガバスのルアーをキャストして操作するのに使いたい、おすすめタックルをご紹介しましょう。

ハードルアーを手返しよく操るなら、しかも10グラム前後のアイテムとなると、ベイトタックル+太いラインがベストマッチでしょう。

濃いカバーに絡まれても、無理やり引き離せるような芯のあるロッド・リール・ラインを選んでみました。

メガバス(Megabass) ロッド DESTROYER CARBON HEAD MODEL(デストロイヤーカーボンヘッドモデル) F1-60X 37497

メガバス(Megabass) ロッド DESTROYER CARBON HEAD MODEL(デストロイヤーカーボンヘッドモデル) F1-60X 37497

最安値価格
¥28,173(amazon)

Amazonへ ¥28,173

楽天市場へ ¥33,834

Yahoo!へ ¥36,080

メガバスといえば、ロッド・デストロイヤーもアングラーから高く支持されてきました。

新しいデストロイヤーもリリースされましたが、こちらはカーボンヘッドモデルといわれている、やや価格を抑えたタイプ。

長さ6フィートは、どのようなシチュエーションでも扱いやすいのがメリット。

オカッパリシーンでもカヤックライディングでも、真っ先に選びたくなるロッドですね。

適合ルアーウエイトは、1/8オンスから1/2オンスまで。

自重7グラムのルアーをキャストするなら、ドンピシャの守備範囲を擁しています。

スローテーパーな味付けといえど、そこはメガバスのロッドらしく、しっかりと張りがあって振りやすく曲がりやすいブランクスに味付けされているのがいいですね。

実際に使ってみてバスを掛けると、ロッドの曲がりがバスの暴れる動作をしっかり吸収。

掛かったルアーが弾かれることなく、ランディングまでスムーズにおこなうことができました。

大型サイズを掛けても伸されるケースはなく、操作性の高さが際立ったロッドといえそうです。

実売価格は3万円前後と、他のメガバスロッドと比べて安い価格設定に。

もしまだデストロイヤーシリーズを使ったことがない人なら、このロッドから手にしてみることをおすすめします。

トップウォータールアーや軽めのシャッド・クランクベイト・ミノーにもマッチング良好ですよ。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SHL (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SHL (2019モデル)

最安値価格
¥12,850(amazon)

Amazonへ ¥12,850

楽天市場へ ¥15,200

Yahoo!へ ¥13,649

ダイワのコスパ優秀なベイトリール・タトゥーラTWです。

太いラインをたくさん巻けるので、こちらを推してみました。

ラインキャパは、16ポンドラインで100メートル巻くことが可能ですよ。

ギア比は7.1対1で、ハンドル1回転で75センチのラインを回収することができます。

これならラインスラックを発生させても、すぐに巻き取れそうですね。

自重は195グラムと軽めなので、ただ巻きやトゥイッチ・ジャークなどのロッドワークも、機敏におこなえるでしょう。

実際にメガバスロッドに装着してみると、手のひらで包み込みやすく、それが強いフッキングパワーの伝達にもつながっています。

ハンドル回転・スプール回転ともに滑らかで、ヘビーユースにも耐えてくれるでしょう。

実売価格は1万円台と安い価格設定ですから、メガバスルアーを多めに購入することもできそうです。

マットブラックカラーのボディ配色は、どんなロッドにも似合いますよね。

左巻きハンドルも右巻きハンドルも用意されているので、使い慣れたほうを選んでみてください。

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 12lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 12lb

最安値価格
¥1,327(amazon)

Amazonへ ¥1,327

楽天市場へ ¥1,410

Yahoo!へ ¥1,410

クレハから発売中のフロロカーボンラインです。

シャッドやクランクベイトに用いるのは定番ですが、実はトップウォータールアーの移動距離を抑えたいときにも効果を発揮しますよ。

素材の比重が高く、水に沈もうとするので、水面をラインが滑って流れようとしません。

それが制動となって、ポッパーなどをその場に縛り付ける役割を果たしてくれます。

ピンポイントで食わせたいときの奥の手ですね。

ただし、ルアーの浮き姿勢がやや下を向くようになりますから、通常のアクションでなくなることは覚悟の上で活用しましょう。

ナイロンラインのように吸水しない素材ので、意外と長持ちしますよ。

ノットも強度が上がっていて、破断の原因にはなりにくくなっています。

擦れには強く、カバーに接触させながらのアプローチを多用するアングラーにおすすめです。

12ポンドくらいから使ってみて、扱い慣れたら10ポンド→8ポンドと細いラインにチャレンジしてみましょう。

そうすれば軽いルアーをキャストできるようになります。

メガバスのルアーを使いこなして釣りを楽しもう!

メガバスのルアーの特徴やインプレッション、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

これからもメガバスの新作ルアーに注目しましょう。

自分の釣りスタイルを、根底から変えてくれるかもしれませんよ。

メガバスの関連記事はこちら

メガバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング