ルアーのアップ写真

人気のTGジャカブレードに2020年追加カラーが登場!ノリーズのメタルバイブレーションルアー

FISHING JAPAN 編集部

低水温期の定番・ノリーズのTGジャカブレードに、2020年追加カラーがラインナップされます。

ボトム付近の深い層に落ちて寒さに耐えているバスも、捕食活動はおこないますから、ボトムからあまり離さずに丁寧に誘えるアイテムが、TGジャカブレードなのです。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

「低水温のときはメタルジグをバーチカルにリフト&フォールするよね?」

それと同じように、このメタルバイブレーションも操ります。

違いはフッキング効率で、こちらのほうがフックの数が多い分、希少なバイトをフックアップに持ち込めるでしょう。

TGジャカブレードとは

TGジャカブレードとは、ノリーズから発売中のバス釣り用メタルバイブレーションルアーのことです。

サイズは3種類用意されていて、51ミリ9グラム・57ミリ12グラム・63ミリ16グラムの中から選べるようになっています。

重さから見れば、3つともベイトタックルで使いこなせそうですが、9グラムタイプならPEラインを用いたスピニングタックルでも操れるでしょう。

使い方は、キャストしてボトムまで落とし込み、そこからリトリーブスピードを変えつつただ巻きでOK。

ボディのハイピッチな振幅と、ぶら下がっているブレードの回転振動が、しっかり伝わってきますよ。

それでバイトが無ければ、ロッドを縦方向に動かしながらのリフト&フォールを実践してみてください。

1つのキャストで3回ほどボトムをタッチできれば、しっかりトレースできていると判断していいでしょう。

ただし、これは1つの目安ですから、ボトムタッチの回数をもっと増やしても全然かまいません。

自分なりの使い方を見つけ出せれば、釣果は確実にアップしていくでしょう。

TGジャカブレードの特徴と使い方①

このメタルバイブレーションルアーを効果的に使う方法があります。

それはボートやカヤックに乗り、池や湖の真ん中近くや岬の沖合いなどで、バーチカルにあまり高く引き上げずにボトムを取り続けることです。

具体的には、まずルアーを落とし込んでボトムを取ります。

その状態でラインスラックを取り除き、ロッドティップを20センチ前後素早く持ち上げて、すぐに落とし込みます。

ボトムでは、ブレードが回転しかけた矢先にまた沈むという状態でしょう。

これを一定のリズムで続けていくと、ボトムに張り付いている低活性バスに火を入れられるかもしれません。

メタルジグのようにリフト時の高さが発生しませんから、ルアーがバスの目の前で踊っていることに。

ショートバイトも拾いやすいですから、ぜひ実践してみましょう。

TGジャカブレードの特徴と使い方②

TGジャカブレードには、フックが前後に2つ標準で装備されています。

これにより、メタルジグと比較するとフッキングしやすいメリットがあります。

フックは2つともダブルフックなので、根掛かりの心配もさほどではないですよ。

ブレードが回転するたびにボディに干渉して、音が発生しているはずですから、広範囲からバスを呼び込めるでしょう。

沈下物を探してその周りでアクションさせるよりも、地形変化そのものをルアーで叩くイメージで使ってみてください。

おすすめは、岸際が岬になっているところの沖合い。

池や湖の中で、最も地形変化に富んでいる可能性が高いからです。

昔の切り株なども数多く残っているかもしれませんから、丁寧に探りましょう。

TGジャカブレードのデモンストレーション動画はこちら

TGジャカブレードを操作するのにおすすめのロッドをピックアップ!

それでは、TGジャカブレードを操るのに適したおすすめのロッドを取り上げましょう。

ルアーのウエイトにもよりますが、あまり柔らかいロッドだとリフトのパワーが足りません。

MHパワーぐらいなら、バイトを弾かずに上手く操作できそうですね。

ノリーズ(Nories) ロードランナーストラクチャーNXS STN670MH-St

ノリーズ(Nories) ロードランナーストラクチャーNXS STN670MH-St

最安値価格
¥44,599(楽天市場)

Amazonへ ¥49,555

楽天市場へ ¥44,599

Yahoo!へ ¥46,640

ノリーズのロードランナー・ストラクチャーシリーズに含まれるベイトロッドです。

全長6.7フィートでMHパワーですが、ロッドティップがソリッドなので、しっかりと曲がり込んでくれますよ。

適合ルアーウエイトは、1/2オンスまでなので、9グラムタイプや12グラムタイプのTGジャカブレードを操るのに適していますよ。

自重は115グラムと、ロードランナーシリーズの中では軽め。

バスがバイトしてきた瞬間に、フッキングを入れてランディングまて持ち込むようにしましょう。

ソリッドティップの曲がりと、パワフルなバットパワーが絶妙なロッドバランスを生み出して、これまで獲りにくかったショートバイトでも乗せることができるはずです。

実際に手に取ってみると、ロープロファイルの軽量ベイトリールとのマッチングは良好。

バーチカルジギングの要領でボトム付近を攻めるのなら、10ポンド以下の細いフロロカーボンラインをベイトリールに巻いてセットしたいですね。

PEラインでもかまわないのですが、ルアーに絡むとラインブレイクの恐れがありますし、地形変化に擦れる可能性もあるので、やはりフロロカーボンラインでいいのではないでしょうか。

実売価格は4万円台とやや高めな価格設定ですが、ロードランナーシリーズはバス釣りのさまざまなアプローチに特化したハイエンドスペックモデルですから、納得の上で購入したいところです。

一度手にして実釣で使ってみると、自分の指先とロッドティップがリンクした感覚を味わえるでしょう。

TGジャカブレード追加カラーの気になる発売日はいつ?

TGジャカブレード追加カラー・ガンメタナチュラルの気になる発売日は、2020年の11月を予定しています。

設定ウエイトは12グラムと16グラムのみで、最小9グラムタイプには用意されていません。

メーカー希望販売価格は、12グラム・16グラムについては1,100円です。

低水温期のバス釣りアプローチに悩んでいるようなら、ぜひ投入してみてはいかがでしょうか。

ノリーズの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング