イカのアップ写真

エメラルダス イカシメスティック130Cは2020年新発売のエギング便利アイテム

FISHING JAPAN 編集部

エメラルダス イカシメスティック130Cは、2020年ダイワより新発売されるエギングゲームの便利アイテムです。

釣り上げたアオリイカやコウイカは、鮮度を保つために急所を突いて締めなければなりません。

ピックなどのニードルタイプよりも、滑らず確実に幅広く突けるアイテムが求められていますよ。

このエメラルダス イカシメスティック130Cなら、狙い通りにイカを素早く真っ白にすることができるでしょう。

詳しい特徴についてご紹介します。

エメラルダス イカシメスティック130Cとは

エメラルダス イカシメスティック130Cとは、2020年ダイワから新発売となるイカ締めアイテムのことです。

先端部分の形状に注目してください。

柔らかくて濡れているイカの体表に突き立てても、滑りにくく確実に急所を貫けるようにデザインされていますよ。

先端の刃部分の素材は、海水による錆に強いステンレス鋼を使っています。

ひんぱんに使うことになりますから、耐久性が高いのはありがたいですよね。

イカは締めることによって、身が白っぽく透明感を帯びるように変色します。

鮮度は保たれますし、味や歯ごたえもアップしますから、美味しく食べたい人にはイカ締め処理は必須といえるでしょう。

その作業をスムーズに実施するために必要なのが、エメラルダス イカシメスティック130Cということに。

最初は慣れていないので、急所を外してしまうかもしれません。

イカの体表が白っぽくならなかったら、もう一度締め直してみてください。

急所に間違いなく当たったら、一瞬で変色するでしょう。

アオリイカの場合は、目玉が目印。

身体の半分しか変色しない場合がありますので、残り半分の体色が変わるまで、角度を変えながら目玉の間を貫くようにしましょう。

慌てずに作業すれば、すぐにマスターできますよ。

エメラルダス イカシメスティック130Cには刃を収納する専用ケース付き!

このイカ締めアイテムには、専用ケースが標準で付いています。

水抜き穴が開いているので、刃に海水が付着していても抜けるようになっていますよ。

イカを締める作業をおこなう際は、このケースとグリップ部分を連結することが可能です。

そうしておけば、ケース部分をロストする心配が要らなくなりますよね。

またシッテロープを取り付けできるので、視認性を高めてすぐに見つけられるようにアレンジ可能です。

専用ケースに刃を収納するときは、刃がよく切れるので慎重にゆっくりとおこなうようにしてください。

カンナ直し機能も標準装備!

エメラルダス イカシメスティック130Cには、グリップ部分にエギの針=カンナ直しが標準で装備されています。

エギングゲームでは海底を探ることが多く、その際にエギのカンナを引っ掛けてしまうことが多発します。

複数本あるカンナの中で、感度が変わったり伸びたりするものが。

それを釣り場でカンタンに修正し、元通りの状態に曲げて戻せるのが、カンナ直しです。

具体的には、グリップ部分にエギのカンナが刺さる程度の穴が設けられていて、そこに伸びたカンナの先端を刺し込みます。

後は元の角度・形に力を加えながら戻していくだけ。

一度実践すれば、誰でもカンタンにカンナ修正ができるようになるでしょう。

ただし、カンナはかなり鋭利ですから誤って指先などを指してしまわないように、万全の注意を持って作業に当たるようにしてください。

エメラルダス イカシメスティック130Cと一緒に釣り場へ持ち込みたいおすすめアイテムをチェック!

エメラルダス イカシメスティック130Cと一緒にエギングゲームを盛り上げてくれる、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

ギャフやランディングネットなどが思い浮かびますが、もっとベーシックなところでいえば、エギですよね。

エメラルダスシリーズのエギは、アングラーからの評価が高く、常に注目を浴びています。

ダイワ(DAIWA) エギ エメラルダス ステイTypeS RV 3.0号 金-オレンジストライプ ルアー

ダイワ(DAIWA) エギ エメラルダス ステイTypeS RV 3.0号 金-オレンジストライプ ルアー

最安値価格
¥858(楽天市場)

Amazonへ ¥1,320

楽天市場へ ¥858

Yahoo!へ ¥955

ダイワのエギ・エメラルダス ステイTypeS RVです。

サイズは3.0号で、ウエイトは18グラムに設定されていますよ。

沈下スピードは、1メートル沈むのに6秒もかかるようになっています。

スローにフォールしていくことで、イカに見つけてもらいやすく、抱き付くきっかけを作り出しやすいといえるでしょう。

頭部側面にはスタビライザーが突き出しており、低重心設計と相まって安定したフォール姿勢になりますよ。

またボディ内部には、グラス製のラトルボールが複数入っているので、ロッドをシェイクすれば干渉音を発生させることができます。

イカは目も耳も良いですから、干渉音をしっかりとらえて接近してくるでしょう。

その際にスローフォールしているボディを見せつけることができれば、反射的に抱き付いてくるかもしれませんね。

実際に使ってみると、かなりゆっくりフォールしていく印象が強いですね。

ダートアクションで誘うエギとローテーションしながら、イカの反応を見てみましょう。

実売価格は900円台、ラトル入りとラトル無しが販売されていますから、どちらも試したくなります。

その日の釣り場のシチュエーションによって反応の度合いが変わるので、イカに合わせてベターなエギを選ぶようにしたいですね。

エメラルダス イカシメスティック130Cの気になる発売日はいつ?

エメラルダス イカシメスティック130Cの気になる発売日は、2020年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,000円です。

カラーバリエーションは2種類、プラックカラーとエメラルドカラーから選んでみましょう。

エギングの関連記事はこちら

エメラルダス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング