ルアーのアップ写真

スロープノーズを使ってバスを釣りたい!釣り方やおすすめタックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

スミスからリリースされているヘドン・スロープノーズ、2020年の秋にはBONE・BH・Jの3色が釣具店に並ぶようになりました。

ボリュームのあるこのトップウォータープラグは、ヘドンがルアーメーカーとして産声を上げた創業期を代表するルアーのひとつで、たいへん人気の高いモデルです。

当時はウッド素材で作られていましたが、2020年復刻バージョンはプラスチックで成型されていますよ。

早速フィールドで実釣してきましたので、その釣り方やおすすめのタックルをご紹介しましょう。

スロープノーズを使った釣り方

スロープノーズは、全長約120ミリで自重約20.5グラムのトップウォータープラグです。

浮力が強めで水面に浮き上がるように作られていますよ。

特徴的なのは、ボディの中心部からやや上にラインアイが付いていること。

これにより、着水してからの初動が、まず水面に向かうことになります。

スライドして移動するのはその後ですから、移動距離を短くした中でしっかりと魚に存在をアピールすることができます。

移動を抑える要素がもうひとつ、金属製のシャンプーハットのようなパーツ=エリマキが標準で装備されていますよ。

前進しようとすれば、必ず正面から水を受ける角度になっているので、否応にも左右どちらかへ水を逃がさなければなりません。

上手く逃がすことができないときは、その場にとどまろうとするでしょう。

この制動がかかったようなアクションは独特で、着水音に反応して後追いしてきたバスは、「おっ、弱って傷付いているかも!」と判断する可能性があります。

甘噛みしてくるか体当たりしてくるか、どんな襲い方をしてくるのかドキドキしながら待ち構えましょう。

ロングキャストを活用しながら水深のあるポイントを丁寧に探ろう!

実際にフィールドに出て、スロープノーズをキャストしてみました。

ロングキャストしやすいので、沖合いから岬を撃っていきます。

急に深くなる崖のような地形に隣接しているところで、バスが数多くバイトしてきましたよ。

深い層から真っ直ぐロケットのように浮上してきますから、スロープノーズの移動は抑えめのほうがミスバイトは減るでしょう。

立ち木などの縦方向に伸びるカバーがあると、近くの崖と連動してバスを浮上させやすいのかもしれません。

一切アクションさせずにスロープノーズを水面に浮かせておくだけでも、バイトが発生しました。

岬・垂直岩盤が連なる崖などを見つけたら、アプローチしてみることをおすすめします。

エリマキを用いて水飛沫を飛ばしてみよう!

スロープノーズに装備されている金属製パーツのエリマキ、ここで効率よく水飛沫を発生させることができます。

まるで凹型の口を持っているポッパーのようなイメージで、しっかり水をとらえて前方へ撒き散らせるのがいいですね。

それを見たバスは、捕食対象である小魚が他のバスに追われていると錯覚するかもしれません。

自分もその恩恵を受けたい!とバスが判断した瞬間、バイトモードに切り替わって食い付いてくる確率はアップするでしょう。

水面下にウィードが生え揃っているエリアやカバー周りはもちろん、前述のような水深のある岬・崖エリアでも効果を発揮してくれますよ。

スロープノーズを操作するのにおすすめのロッドはこちら!

スロープノーズの移動距離を抑えながら、効果的にバスへのアピールを付加していこうとすれば、硬くて張りのあるロッドよりも、柔らかくてよく曲がるものを選びたいですね。

グラス素材や低弾性カーボン素材のブランクスで出来たロッドなら、短い移動距離でバスを誘えるはずです。

バイトがあれば、強めにロッドを振り上げるのではなく、まずはリールハンドルを回してラインテンションを張り、ロッドをしっかり曲げ込むようにしてください。

曲がったままということは、バスの重みをじゅうぶんにとらえていること。

これをキープできればバラシは減りますし、ランディングにも持ち込みやすいでしょう。

スミス(SMITH LTD) ロッド スーパーストライクグリップレス クラシック FO-60/B

スミス(SMITH LTD) ロッド スーパーストライクグリップレス クラシック FO-60/B

最安値価格
¥25,739(楽天市場)

Amazonへ ¥25,740

楽天市場へ ¥25,739

Yahoo!へ ¥25,739

スミスから発売中のトップウォーター用バスロッドです。

長さ6フィートのブランクスで、グリップを装着して使うようになっていますよ。

素材にはグラスを使っているので、キャストやフッキングの際によく曲がってくれるのが特徴ですね。

バラシの軽減につながりますし、ルアーにアクションを加えた際にラインスラックが発生しやすく、そのたるみを利用した操作につないでいくことができます。

ガイドは全てダブルフット仕様になっていて、外部からの衝撃に対する耐久性はバツグン。

長く手元に置いて、使い続けるのに適しているでしょう。

実売価格は2万円台、専用グリップが1万円台ですから、4万円前後用意しておけば購入できますよ。

グラス素材の割りには軽めで、トップウォーターのバス釣りを1日中楽しめるでしょう。

スロープノーズを使いこなしてトップウォーターのバス釣りを楽しもう!

スロープノーズの特徴や使い方・釣り方、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ルアーには決まりがありません。

それを手に取って釣り場に立ったとき、自分が感じたままキャストして操ればOKです。

他人のアドバイスはあくまでも参考程度、どういう切り口なら釣れた実績がある!という情報として知っておくのがベターでしょう。

スロープノーズの強みは、さまざまなアングラーの操り方に、しっかり応えてくれるところ。

小魚やカエル・昆虫に似ているデザインではないけれど、アングラーによって入力されたチカラは、キレのあるアクションに変わり、バスを誘う要素を発散させてくれます。

あとはあなたが、信じて使い込めるかどうかにかかっています。

バス釣りの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング