ワームのアップ写真

カバースキャットに2020年新色&4インチ追加!デプスの人気高比重ワーム

FISHING JAPAN 編集部

デプスから発売中のカバースキャットに、2020年新色が追加されます。

また2.5インチと3.5インチの2種類だったサイズに、4インチが加わりますよ。

ノーシンカーリグにセットして、複雑なカバーの奥をきっちり攻略するのに活用できそうですよねる

ここでは、デプスのカバースキャットについて詳しくご紹介しましょう。

カバースキャットとは

カバースキャットとは、デプスからリリースされている高比重ワームのことです。

とてもシンプルなフォルムなので、空気抵抗を抑えたロングキャストが可能な上に、着水してからの水平姿勢フォールも見事にこなしてくれますよ。

既存サイズの2.5インチで自重約6.6グラムもあります。

MLパワークラスのベイトタックルなら、余裕でキャストできそうですよね。

3.5インチのほうは自重約16.5グラムもありますから、MHパワーのベイトタックルでもトラブルなくキャストできるでしょう。

2020年には、そのラインナップに4インチが加わります。

自重はなんと、約26グラム。

ほぼ1オンスに近いウエイトなので、HからXHパワークラスのベイトタックルに太いラインでも、楽々ロングキャストを決めることが可能でしょう。

となると、小規模河川における対岸のカバーや、沖合いに広がるウィードベッド攻略にも、じゅうぶん使えますよね。

ノーシンカーリグの状態でアプローチできますから、濃いカバーでもスルリと奥まで入っていけるはずです。

これまであきらめていたポイントも、カバースキャットなら踏み込めそうな気がします。

カバースキャットの両サイドに設置されたフィンパーツの効能

このワームには、さまざまな工夫が盛り込まれていますよ。

例えば、ボディの両サイドに付いているフィンパーツ。

着水と同時にしっかり水をとらえて、水平姿勢をキープしたままフォールすることができます。

バスは、水平を保っている対象にバイトしやすい習性を持っているので、フォールの最中に襲ってくる確率は極めて高くなるでしょう。

またボリュームはあるものの飲み込みやすい形状ですから、バスは迷わず丸飲みしてくるはず。

フッキングのタイミングに時間的な余裕が生まれますし、しっかりロッドを振り上げてのフッキング動作につながるので、バラシを抑えてランディングすることが可能になります。

表面に施されたディンプル加工も、独特に水流を生み出して生命感をアピール。

吐き出してしまうことを抑える役割も持っているのではないでしょうか。

オフセットフックを装着しやすいデザイン

カバースキャットには、オフセットフックがマッチします。

そのクランク部分をガードして、ウィードなどが引っ掛かるのを防いでくれるカップが設けられていますよ。

またハリ先を刺す位置を決めやすいように、深めの縦長溝が刻まれています。

オフセットフックが真っ直ぐにセットできることで、水中での無用な回転を抑え、フッキング効率を高めることにも好影響を与えるでしょう。

水中でドッグウォークさせるのも、オフセットフックの安定した位置決めが不可欠。

ハリ先を埋めておけるガード付きなのも、見逃せないですね。

カバースキャットを操作するのにおすすめのベイトロッドはこちら!

カバースキャットを上手く操作するのに、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

各サイズを幅広く使いこなそうとすれば、Mパワー前後のブランクスがあれば対応できるはず。

濃いカバーの奥でバイトを感じたら、ラインテンションを目視しながら思いっきり体重をかけてフッキングしてください。

ロングレングスのロッドのほうが、扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト バーサタイル 1ピース 168M オールラウンド オカッパリ/ボート ハードベイト ワーム

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト バーサタイル 1ピース 168M オールラウンド オカッパリ/ボート ハードベイト ワーム

最安値価格
¥36,300(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥36,300

シマノのバンタムシリーズにラインナップされている、長さ6.8フィートのMパワーロッドです。

適合ルアーウエイトが、7グラムから21グラムに設定されているので、ノーシンカーリグをキャストするのに向いていますよ。

カバースキャットの4インチは約26グラムありますから、気になる人はMHパワーのロッドを選んでください。

バンタムシリーズはラインナップが豊富なので、お好みのパワーを選択しやすいですよ。

実際に手にしてみると、自重127グラムは扱いやすくて曲がりもスムーズ。

ノーシンカーリグを結んでバックスイングしてみると、ベリーぐらいまでしっかりと曲がってから復元しようとします。

リグを着水させてからのラインメンディングや、リフトしてからカーブフォールさせるのもカンタン。

バスのバイトがあっても、曲がりの追従がきっちりしているので、むやみに弾いてしまう展開にはなりません。

実売価格は4万円前後、オールラウンドに使えるメリットを得たいアングラーにおすすめです。

ガイドバランスもブランクスの曲がりに順応していて、ラインのバタつきがないのも嬉しいですね。

カバースキャット新色&4インチの気になる発売日はいつ?

カバースキャット新色と4インチの気になる発売日は、2020年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、750円です。

追加の新色は、全部で3種類で下記のバリエーションとなります。

●デッドシャッドカラー

●ウォーターメロンプロブルーカラー

●ワカサギカラー

ベイトフィッシュに寄せたカラーばかりですから、誘いと食わせの要素はじゅうぶんでしょう。

ワームをしっかりバスに見せながら水平フォールさせて、迷いなくバイトに持ち込んでランディングしたいですね。

4インチサイズなら、オフセットフックは6/0番前後がベストマッチとなります。

ワームの関連記事はこちら

デプス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング