ワームのアップ写真

タイドカーリーの発売日っていつなの?2020年ジャッカルからリリースのライトソルトゲーム専用ワーム

FISHING JAPAN 編集部

タイドカーリーは、2020年ジャッカルから新発売される、細長いフォルムにカーリーテールの付いたライトソルトウォーターゲーム専用のワームです。

アジングはもちろん、メバリングやカマス・メッキ・ロックフィッシュゲームにも転用できそうですよね。

どのような工夫が盛り好まれているのか、詳しくチェックしてみましょう。

「アジング専用ワームといえばコンパクトなストレート系が多いけど、これ結構長めだよね!」

長いとアジの口に吸い込まれるか心配になりがちですが、バッチリ対応されているようですよ。

タイドカーリーとは

タイドカーリーとは、2020年にジャッカルからリリースされる、ライトソルトウォーターゲーム専用のワームのことです。

主にアジングで使われることを前提に、上手くデザインされていますよ。

サイズ設定は2種類、2.0インチと2.8インチから選べるようになっています。

2.0インチのほうは、まさにアジングワームの定番ひと口ボリュームで、さまざまなシチュエーションにおいて活躍してくれるでしょう。

ジグ単やキャロ・フロートリグにも柔軟に対応できますし、ただ巻きやリフト&フォールにも使えそうですよね。

2.8インチのほうは、その長さがネックとなってアジの口に吸い込まれないかも?と思いがちですが、実はきっちり対策が組み込まれています。

カーリーテールとボディの接続部分にキールを設けていて、微波動は発生させつつも柔軟に変形するように作られているのです。

これにより、アジの吸い込みにも一瞬で折れ曲がり、フッキングの妨げにはつながりにくいでしょう。

2.8インチと長さがあるおかげで、カーリーテールの振幅は大きく水しも強めに。

となれば、遠くにいるアジも気づいてバイトに導ける確率が高くなるかもしれませんね。

タイドカーリーの最後尾に付いているカーリーテールの効能

カーリーテールの効能がもうひとつ、それはフォールの際にゆっくりとしたアクション+長い時間を取れることです。

フォールしていく時間が長ければ、アジにアピールできる要素はアップし、バイトしてくる可能性が高まります。

コンパクトなストレート系ワームでは、通り過ぎるのが早くて、アジが発見するまでに至っていないケースも。

これではトレースしているポイントが正解でも、実際に釣れる本数は伸びませんよね。

そういう展開のときに、ぜひローテーションの一角に加えて欲しいのがカーリーテール系ワーム、すなわちタイドカーリーなのです。

フラットな背中とリブを刻まれた腹部分に注目!

タイドカーリーを真横から見てください。

上部分=背中側にはリブが無くフラットな形状になっています。

これはジグヘッドをセットする際に、位置決めをしやすい効果があるでしょう。

下部分=腹側には、しっかりと深いリブが刻まれています。

これにより水をつかみ、フォールスピードを制御しつつ微振動や攪拌のベースを作り出していますよ。

それらが全て生命感溢れるアクションにつながっていきますから、好釣果を導く要因にもなるのです。

タイドカーリーのデモンストレーション動画はこちら!

タイドカーリーを操作するのにおすすめのロッドはこちら!

タイドカーリーをジグ単にセットして操るのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

軽量リグになるので、スピニングロッドを選択します。

エステルラインなどの極細ラインの使用でトラブルが発生しないよう、糸ガラミを抑えたガイドシステムを採用しているものにしたいですね。

また軽さは高い感度を生み出しますから、必須条件といえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) アジングロッド 19 ソアレ BB アジング S64UL-S 掛けのオールラウンド 幅広いリグに対応

シマノ(SHIMANO) アジングロッド 19 ソアレ BB アジング S64UL-S 掛けのオールラウンド 幅広いリグに対応

最安値価格
¥7,910(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,970

楽天市場へ ¥11,164

Yahoo!へ ¥7,910

シマノから発売中のアジングゲーム専用ロッドです。

長さ6.4フィートで自重70グラムですから、とても扱いやすい仕上がりになっていますよ。

適合ルアーウエイトは、0.3グラムから6グラムまで。

ジグ単をメインに、ライトキャロなどにも活用の幅が広がる設定ですよね。

実際に手にしてみると、ロッドティップを持ち上げやすいバランスなので、微細なアタリを感じた際に俊敏に対応できるでしょう。

またタフテック=カーボンソリッド穂先が採用されているので、高い感度を維持しつつも柔軟な曲がりによる魚への追従もじゅうぶん。

一度掛けたアジを、しっかりランディングまで持ち込めるのが嬉しいですね。

実売価格は1万円前後とたいへん安い価格設定で、初心者の人にもおすすめしやすいロッドになっています。

フロートリグをキャストするには、やや柔らか過ぎる感がありますので、もう1本追加でビシッ!と張りのあるロッドを揃えるようにしましょう。

もうひとつ注目しておきたいのは、グリップです。

CI4+素材を用いたブリッジライクシートを搭載していますから、感度はバツグンですよ。

アジのショートバイトでも、手のひらで感じ取ってフッキングに持ち込めるでしょう。

タイドカーリーの気になる発売日はいつ?

タイドカーリーの気になる発売日は、2020年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、どちらのサイズも420円です。

カラーバリエーションは、全部で10種類用意されていて、人気のグロー系カラーも含まれています。

釣れないときほどカラーローテーションが効果的ですから、手間を惜しまずワームの付け替え作業に勤しんでください。

視認性の高いカラーもいいのですが、クリアー系の爆発力も見逃せません。

最低でも3種類はローテーションして、アジの反応を確かめたいですね。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング