ルアーのアップ写真

ダーティンZ140Sは2020年新発売のジャーキング専用ソルトゲームミノー!

FISHING JAPAN 編集部

ソルトウォーターゲームを実践していると、ただ巻きアプローチでは食わないときがあります。

こちらから誘いをかけてバイトのきっかけを作ると、一瞬で火が入って豪快に食い付いてくることが。

2020年ダイワから新発売されるダーティンZ140Sは、そんなきっかけ作りを目的としたシンキングタイプのミノーなのです。

特徴や動かし方、気になる発売日等々を詳しくチェックしてみましょう。

ダーティンZ140Sとは

ダーティンZ140Sとは、2020年にダイワからリリースされる、ソルトウォーターゲーム用のミノーのことです。

シンキング仕様で全長140ミリと大き目、自重は25グラムと細身ボディにしてはしっかりと重みを持たせていますよ。

安定した重心を作り出し、ロングキャストを繰り返すためのバランス設計が施されているといえそうです。

シーバスやタチウオ・サワラなどをターゲットにした釣りを展開しているとき、スピンテールジグやワームのジグヘッドリグを投入しても、なかなか口を使ってくれないケースがありますよね。

そんなタフコンディションで有効なのが、ジャーキングテクニック。

ロッドを水面に向けて、トーン!とやや強めにロッドティップを落とすイメージ。

それを1回としてリールハンドルも1回転させれば、程よくラインスラックを回収しながら、ミノーを左右にダートアクションさせることができます。

真っ直ぐ泳いでいたミノーが、いきなり左右に飛ぶのですから、追従していた魚にとって大きな刺激となり得るでしょう。

またミノーの側面を見ることになるので、ダッシュをかければ食い付ける!という算段が、頭の中を駆け巡るのかもしれません。

豪快ながらも慌てた様子で噛み付いてくる様子は、凄まじいのひと言。

フィッシュイーターらしい野性味溢れたバイトシーンを、ジャークアクションの直後に味わえるかもしれませんよ。

ダーティンZ140Sのリップ形状に注目!

このミノーのリップを見てください。

ジャークアクションに適した突き出し角度と面積が、与えられています。

ただし、このリップでただ巻きをすると、弱めのウォブンロールアクションになるようで、アピール度も弱めに。

やはりジャーキングテクニックを駆使して、左右に激しくダートさせながら操ってみたいですよね。

長い時間ジャーキングを実施していてもあまり疲れないように、軽めのジャークでしっかりアクションが発生するセッティングになっていますよ。

3連のトレブルフックは、フッキング効率の向上に加えて、ジャークによるダートアクションからの姿勢復元にも役立っているでしょう。

この辺は、アメリカのオールドジャークベイトの味付けが活かされている感じがして、好感を持てますね。

豊富なカラーバリエーションでフィッシュイーターを翻弄!

ダーティンZ140Sには、さまざまなカラーバリエーションが用意されています。

夜光カラーとしてグロー系、紫外線をとらえて発光するケイムラ系と、フィッシュイーターたちが好むカラーが含まれているのが嬉しいですね。

発光しないカラーとのローテーションを交えながら、その日のベストを見つけ出してください。

合計で10種類から選べるようになっているので、アタリはあるはず。

根気よくキャストとジャークを繰り返しつつ、飛距離も伸ばすようにしましょう。

メーカーの確認では、平均して約64メートルものロングキャストを実証しています。

早くフィールドで試してみたいですよね。

ダーティンZ140Sを操るのにおすすめのロッドはこちら!

ダーティンZ140Sをキャストしてジャーキングテクニックを展開するのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

ロングキャストするのに長めのロッドが欲しくなりますが、ジャーキングを繰り出すつもりなら、あまりに硬い調子のものは避けたほうがいいでしょう。

スピニングロッドなら、こちらが扱いやすいですよ。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 96ML・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 96ML・R 釣り竿

最安値価格
¥24,816(Yahoo!)

Amazonへ ¥28,061

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥24,816

ダイワから発売中のラテオシリーズのスピニングロッド・96MLです。

全長9.6フィートでMLパワーですから、よく曲がり込みその反動でルアーを軽々とキャストできますよ。

自重は129グラムと軽めですから、手首を使ったシャーキングテクニックも繰り出しやすいでしょう。

適合ルアーウエイトは、7グラムから35グラムまで。

ダーティンZ140Sはその範囲内にしっかり収まっているので、安心して使うことができるでしょう。

実際に手にしてみると、キンキンに張りがあってパワフル!というタイプではなく、とても扱いやすい印象です。

振り切ってからの復元も素早くて、ブレが残りません。

ステンレスフレームのSiCガイドを標準で装備していて、Kガイドシステムを採用しているので、糸ガラミも抑えられているのがいいですね。

実売価格は2万円前半と、とてもリーズナブルな価格設定ですから購入しやすいのも魅力です。

シーバスゲームやタチウオ・サワラ攻略など、マルチパーパスな使い方ができる名竿といえるでしょう。

ダーティンZ140Sの気になる発売日はいつ?

ダーティンZ140Sの気になる発売日は、2020年の11月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,000円です。

トレブルフックのサイズが4番とかなり大き目なので、外掛かりの可能性も出てきます。

フッキング後はラインテンションを一切緩めずに、一気に引き寄せてランディングするようにしたいですね。

ダイワの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング