ルアーのアップ写真

スピナーベイトで釣りたい!おすすめの人気アイテムをインプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

初めてスピナーベイトを見たとき、こんな生き物いないじゃん!と感じた人は多いでしょう。

ルアーは、生き物に似せて作られているだけではありません。

その最たるものが、スピナーベイトといえます。

ここでは、スピナーベイトの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

「確かに形はどの生き物にも似てないよね!」

しかしながら、小魚の特性であるギラリとした輝きや波動は、しっかり表現できているんですよ。

スピナーベイトとは

スピナーベイトとは、バス釣り用に作られたシンキングタイプのルアーのことです。

ボディはワイヤーで構成されていて、下側のアームワイヤーにはウエイトとなるヘッドとフックが装着されています。

上側のアームワイヤーには、キラキラ光るブレードが付いていますよ。

アームとブレードとの間には、回転スイベルが配置されているので、水中でリトリーブをおこなうと規則正しく回転を始めます。

これが光の反射を発生させ、小魚が泳いでいるかのような状況を作り出せるのです。

ブレードが2枚あれば、小魚の群れを表現したことになりますよね。

そういった状況作りが、バスを捕食モードに切り替えさせることにつながるのです。

カバーやストラクチャーに接触させても、フックが上向きに1本付いているだけですから、カンタンには根掛かりしません。

トラブルが抑えられると、キャスト数が自然に増え始めて、釣れるバスの数・サイズもアップしてくるでしょう。

ただし、キャストしてリトリーブしないことには釣りようがありませんから、いかにキャストをキープできるかに掛かっているルアーでもあります。

1/2オンス前後の重さを利用して、遠投可能になるタックルを用意してください。

着水後リトリーブを開始して、何やら違和感が伝わってきたときが、バスが食い付いた瞬間です。

ラインが張って走り出したら、それとは逆方向にロッドを倒してフッキングに移ってみましょう。

スピナーベイトの使い方

スピナーベイトの使い方を確認します。

フックが上向きにひとつ付いた状態なので、そのまま沈めてもボトムに引っ掛かりにくい構造になっていますよ。

これを上手く利用して、ボトムまで沈めてゆっくりリトリーブを始めてください。

地形変化や沈下物に接触すれば、しっかりと手元に伝わってきます。

そのタイミングでバイトが発生する確率が高いのですが、場所さえきちんと覚えておけば、再度アプローチしてバスを釣り上げることに至るかもしれません。

いわゆるボトムに沈んでいて目に見えないカバーやストラクチャーを、見つけ出すのに活用できるアイテムなのです。

ボトムの様子をチェックするには魚探の活用が知られていますが、もしその場に魚探がなくてもスピナーベイトさえあれば、バス攻略の糸口をつかめるでしょう。

ゆっくりボトムをトレースするつもりなら、浮き上がりを抑えられてスローリトリーブに向いたコロラドブレードの付いたスピナーベイトをおすすめします。

手早く広範囲をボトムチェックするなら、ウィローリーフフレードでしょうか。

コロラドは、丸くてカップに深みのある形状で、ウィローは細長い落ち葉のような形状をしています。

ブレードの種類に注目!

スピナーベイトのブレードについて、クローズアップしてみましょう。

前述のコロラドタイプは、スローに引っ張れて波動が強めになる特徴を持っています。

ウィロータイプは、フラッシング効果が高く、スピーディーにポイントを探れますよ。

実はそのどちらの特徴も持ち合わせているのが、インディアナブレードです。

丸形と枯れ葉形の丁度中間ぐらいのブレード形状をしています。

スローリトリーブしてもよく回転しますし、速めに引けばキラキラとしたフラッシング効果を得ることも可能ですね。

日本製のスピナーベイトには、インディアナブレードを採用しているタイプが極端に少ないのですが、なぜなのでしょうか?

おすすめのスピナーベイトをピックアップしてみた!

スピナーベイトには、さまざまな種類やカラーが豊富に用意されています。

ベイトタックルでキャストできますから、扱いやすいものを吟味して選び出したいですよね。

まずは、コロラドタイプのブレードを搭載したスピナーベイトから挙げてみましょう。

ノリーズ(Nories) ルアー ウインドレンジデカコロ 1/2oz 765 ライブワカサギシルバー(S/S)

ノリーズ(Nories) ルアー ウインドレンジデカコロ 1/2oz 765 ライブワカサギシルバー(S/S)

最安値価格
¥900(Yahoo!)

Amazonへ ¥946

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥900

スピナーベイトといえば、ノリーズのアイテムが種類も充実していて人気が高いですよね。

こちらはウィンドレンジシリーズのコロラドブレードタイプ・デカコロです。

特徴は、大き目のコロラドブレードが2個付いていること。

着水即ボトムまでフォールさせると、強めの波動を発生させながら落ちていきます。

ボトムに到達してからは、スローにリトリーブして地形変化をなぞることができますよ。

ブレードの付いているアームワイヤーが、他のスピナーベイトと比べて短くなっています。

これはフリーフォールさせたときのブレードの回転を上げるための工夫で、ノリーズならではの気の利いた仕様といえるでしょう。

実際にカバー周りでキャストしてみると、根掛かりがほとんど無いことに気づきます。

カバーには接触しているものの、スルリスルリとクリアしては元の軌道に戻ってくるイメージでしょうか。

ビッグバスほど複雑なカバーの奥に潜んでいることが多いですから、このスピナーベイトで引きずり出してみたいですね。

実売価格は千円に満たない価格帯で購入できるので、さまざまなカラーを購入して実釣で活かしたいものです。

ちなみによく釣れるとされているのは、ホワイトカラーを中心とした膨張色です。

ボワッと膨れて見えることによって、遠くのバスからも見つけてもらいやすく、接近した際にはボリュームが変化しているように見えるので、バイトトリガーになりやすいでしょう。

バークレイ(Berkley) DEX スピナーベイト 3/8oz ダブルウィロー パールホワイト DEXSPTG3/8DW-PW

バークレイ(Berkley) DEX スピナーベイト 3/8oz ダブルウィロー パールホワイト DEXSPTG3/8DW-PW

最安値価格
¥980(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,039

楽天市場へ ¥1,038

Yahoo!へ ¥980

バークレイから発売中のスピナーベイトです。

ウィローリーフブレードがダブルで装備されていますよ。

これによりフラッシング効果は高まり、広範囲からバスを引き寄せることが可能になります。

シャローエリアのカバー周りを、丹念に撃っていく釣り方に適しているでしょう。

ウエイトが3/8オンスですから、沈み込みがゆっくり。

その特性に合わせて、着水後すぐにリトリーブを開始すれば、引っ掛かりを抑えつつ探ることができますよ。

またウィローブレードが細長いフォルムであることから、カバーからすり抜けやすいというメリットも持っています。

積極果敢に攻めの姿勢でバス釣りを展開したいなら、このタイプのスピナーベイトを使いこなせるようになりましょう。

実際に使ってみると、大小さまざまなサイズのバスが釣れてきます。

フックが口の中に入らずに、外側から貫通しているケースもあり、フックポイントが鈍らないように注意しておくことが重要でしょう。

実売価格は千円前後とコスパ優秀な価格制です。

カラーの異なるタイプを複数個用意して、ローテーションしながらバスの反応をチェックしてみましょう。

JACKALL(ジャッカル) スピナーベイト デラスピン 1/4oz 婚姻ギルチャートディップ

JACKALL(ジャッカル) スピナーベイト デラスピン 1/4oz 婚姻ギルチャートディップ

最安値価格
¥868(amazon)

Amazonへ ¥868

楽天市場へ ¥910

Yahoo!へ ¥890

ジャッカルのスピナーベイト・デラスピンです。

これはインディアナブレードを搭載しているモデルで、フラッシング効果も水押し効果も期待できる仕様になっていますよ。

全体的なサイズがコンパクトに作られているのが特徴で、フィッシングプレッシャーの高い釣り場などでスレ対策に使えるでしょう。

ワームですらなかなか口を使わない!といったシチュエーションでも、難なくバスに口を使わせることができます。

こちらの自重は1/4オンスですが、空気抵抗が抑えられているので、ベイトタックルでもじゅんぶん飛距離を伸ばせますよ。

実際にラインに結んでキャストしてみました。

14メートルほど飛んで着水、その音は静かで場を荒らすような印象はありません。

リトリーブを始めると、いきなり水面まで上がってきますから、早巻きせずにスローに引っ張ることを心がけてください。

バスが追従してくるのが視認できることもあって、結構興奮しながらバス釣りを楽しめます。

初心者アングラーなら、スピニングタックルでキャストすることも可能なので、臨機応変に使い分けましょう。

実売価格が800円から900円台と、かなり安い価格帯です。

異なるカラーをいくつか購入して、最もよく釣れるカラーを見つけ出したいですね。

スピナーベイトを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

スピナーベイトの特徴や使い方、おすすめのアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

餌となる生き物の外観には似ていませんが、持っている要素はしっかり受け継がれています。

ぜひスピナーベイトを使いこなして、ビッグバスを釣り上げましょう!

スピナーベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング