ロッドのアップ写真

デプスの人気ロッド・グレートパフォーマー特集!デカバスを獲るためのおすすめ機種とは

FISHING JAPAN 編集部

デプスのバス釣り用ロッドといえば、初代サイドワインダーの印象がとても強いですよね。

太くて重いことで、他メーカーのロッド群とは一線を画していました。

全てはデカバスを獲るため!というストレートな目的に通じていて、その徹底した姿勢が多くのアングラーから支持されたのです。

そして第二世代のデプスロッドである、サイドワインダー・グレートパフォーマーが誕生しました。

ここでは、その特徴や魅力について、インプレを絡めながら詳しくご紹介しましょう。

デプスのロッドとは

デプスのロッドとは、デカバスを確実にハントするためのスペックを搭載した、妥協のない釣り道具のことです。

奇をてらったコスメで目を引くような要素は皆無で、ただひたすらにシンプルに、デカバスをとらえることを目的とした形・強さ・長さを有しています。

手に取ってみれば、このロッドは違うな!という感覚にすぐに浸れるでしょう。

まずは、重いという要素。

これは、デカバスを仕留めるパワーとトルクを考慮すると、本来ならこれくらいの重さになるというひとつの目安を提示しています。

軽くすれば高い感度が発生しますが、その領域は他メーカーがすでに出掛けていて、同じようなものを市場にリリースすることをよしとしなかったのでしょう。

重いロッドは、軽さを求めるアングラーを寄せ付けませんから、このまま製品化することはかなりの大胆さと決断が必要だったはず。

にもかかわらず、すでに第二世代のサイドワインダー・グレートパフォーマーまで発売されているということは、自らの判断に間違いはなかったと確信していることになります。

揺るぎない自信が、より一層ユーザーの共感を呼び、現代のバス釣りシーンに不可欠なアイテムへと成長したのです。

デプスのサイドワインダー・グレートパフォーマーを細部チェック!

デプスのサイドワインダー・グレートパフォーマーは、初代サイドワインダーのブランクをそのままに、剛性感とシャープさを向上させたロッドです。

特徴である重さは健在で、長さも9フィートを超えるものまで用意されていますよ。

写真の赤いパーツは、ロッドグリップ内部のカーボンパイプとブランクの接合部分に配置されたもので、マシンカットによるアルミ製リングです。

接合部分の剛性を高めていて、ブランクを挿入したときの強い固定力につながっていきます。

2本のラインが刻まれているのは、デプスロッドの第二世代という意味を含めていて、グレートパフォーマーのシンボルとされています。

通常の使用では、チラリと見えるだけのパーツですが、デプスのこのロッドに対するこだわりと自信が垣間見えますよね。

グリップはEVAタイプ

デプスロッドのグリップは、EVAを採用しています。

水が手に付いたまま握るケースが、バス釣りの場合はひんぱんに発生しますから、この仕様のほうが滑りにくくて安定しますよね。

グリップエンドには、高い強度を誇るハイカコルクを使っています。

これも滑りやスッポ抜けを抑えてくれますし、適度な重さを負荷するのでバランサーとしての効果も期待できるでしょう。

脇に挟んでただ巻きをする際にも便利で、ロッドを地面に立ててもブランクをしっかり守ってくれます。

オフショアゲームで用いる剛竿の仕様にも似ていて、強さの象徴のような雰囲気を醸し出していますね。

デプスのロッド「サイドワインダー・グレートパフォーマー」からおすすめのアイテムをピックアップ!

それでは、デプスのサイドワインダー・グレートパフォーマーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてインプレしてみましょう。

どれも高い剛性を伴なっていて、デカバスを獲るための道具というイメージを纏っていますよね。

釣具店の店頭で手に取って、その迫力を堪能してみてください。

デプス サイドワインダー グングニル GP HGC-962HR GP deps SIDEWINDER the GUNGNIR GREAT PERFOMER

デプス サイドワインダー グングニル GP HGC-962HR GP deps SIDEWINDER the GUNGNIR GREAT PERFOMER

最安値価格
¥50,490(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥50,490

デプスのロッド「サイドワインダー・グレートパフォーマー」の中では、超ロングレングスな9.6フィートを有しているアイテムです。

主にカバーに対するパンチングや、岸際のブッシュなどにフリッピングでアプローチするのに適していますよ。

長いことによって扱いにくいというデメリットはあるものの、それを補って余りある用途が非常に多いことに気づくでしょう。

例えば、狙いたいポイントに対して真上に近いポジションからのアプローチを可能にします。

テキサスリグなどをよりバーチカルに操ることになるので、カバーへの引っ掛かりが激減して、そこからバスを引きずり出すことも容易です。

斜め方向に引き離すのではなく、真上に引き出せるので、スムーズにランディングにまで持ち込めるということですね。

当然ラインへの負担は軽くなりますから、ラインブレイクの確率もグッと抑えられます。

手元に伝わってくるバスからのアタリも遮られず、フッキングの際のパワーロスもこれまでのロッドとは比べ物にならないくらい抑えられるでしょう。

また9.6フィートという長さがもたらすロングキャスト性能はバツグンで、手付かずだった遠くのポイントを効率よく攻めることかできます。

オカッパリアングラーの攻略範囲が、各段に広がるのは間違いありませんし、ボートからのアプローチも多岐に渡るのは必定。

このロッドを使いこなすことで、自分の釣りスタイルが根底から変わっていくのを、ダイレクトに実感できるかもしれませんね。

自重は約235グラムと重めですが、ジギング系ロッドやヒラスズキ用ロッドなら、同じ重さのロッドが並んでいますから、慣れれば何ら問題なくそのパフォーマンスを引き出せるようになるでしょう。

適合ルアーウエイトは、5オンスまで。

流行りのビッグベイトすら守備範囲に収めているので、使い方はどんどん広がりそうですね。

デプス(DEPS) サイドワインダー スラップショット グレートパフォーマー HGC-76XX GP

デプス(DEPS) サイドワインダー スラップショット グレートパフォーマー HGC-76XX GP

最安値価格
¥49,960(Yahoo!)

Amazonへ ¥51,480

楽天市場へ ¥50,965

Yahoo!へ ¥49,960

このロッドは、長さ7.6フィートの1ピースモデルで、高い剛性や感度を伴なっています。

実際に手に取って曲げてみると、とてもトルクフルな張りが伝わってきますよ。

レギュラーテーパーを採用しているので、しっかりと曲がり込みますから、チャターベイトなどのスイム系ジグをリトリーブしながら、発生したバイトを確実にフッキングに持ち込むのに適しています。

フルキャストしてもゆったりとしたスイングなら、チャターベイトに装着したトレーラーのズレまでも抑えてくれるしなやかさを持ち合わせています。

またディープゾーンでスローリトリーブをおこなっても、ブレードのかすかな揺れを手元で明確に感じ取れる高い感度も大きなメリットとなるでしょう。

自重は約194グラムと200グラムを下回り、背負えるルアーウエイトは1・1/2オンスまで。

トレーラーワームのボリュームをアップしても、じゅうぶん対応できそうですよね。

実際にチャターベイトにデスアダーを装着してキャストを試みましたが、スムーズに飛距離を伸ばすことができますし、リトリーブの際の震えもしっかりと感じ取ることができます。

藻などの水中カバーにブレードが触れただけで、巻き心地の感触が変わるのは、高い感度を有している証し。

これならテキサスリグやフリーリグなどのワーム使用にも、じゅうぶんに応えられるでしょう。

デプス サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-70XS/GP ブッシュバイパー

デプス サイドワインダー グレートパフォーマー HGC-70XS/GP ブッシュバイパー

最安値価格
¥49,999(楽天市場)

Amazonへ ¥51,480

楽天市場へ ¥49,999

Yahoo!へ ¥50,926

HGC-70XS/GPブッシュバイパーの特徴は、何といってもスローテーパーにデザインされていること。

2オンスまでのムービングルアーを背負えるようになっていながら、1/4オンスの軽量ルアーもキャスト可能な曲がり込みを見せてくれます。

シャローエリアを攻略するスピナーベイトやチャターベイトなどを駆使するのに、とても適している味付けが施されているといえるでしょう。

ガイドはスパイラルセッティングなので、PEラインを用いたアプローチでも糸ガラミを気にせずに、キャスト数を増やしていくことができますよ。

自重は約188グラムで1ピース仕様になっています。

実際に手にしてみると、振り抜けの良さが際立っていて、ムービングルアーの連続キャストを実践したいアングラーにおすすめですね。

デプスのロッドを駆使してデカバスをとらえよう!

デプスのロッドの特徴やインプレ、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ロクマルと呼ばれているようなデカバスを仕留めてみたい!と考えている人に、ぜひ使ってもらいたいスペックを誇っていますよ。

太いラインを巻けるベイトリールを用意して、実釣に投入してみましょう。

デプスの関連記事はこちら

デプス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング