ルアーのアップ写真

人気のトップウォータールアー・ロペに2020年追加カラー登場!カバーに強いポッパー

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用のトップウォータールアーで人気の高いラインスラックから、2020年ロペの追加カラーが登場しました。

口部分が大きく開いているポッパータイプで、スプラッシュや捕食音を発生させることができますよ。

独特の二股に分かれたボディデザインも個性的、オールドヘドン初期のフロッグルアーを彷彿とさせてくれます。

ここでは、ロペの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

ロペとは

ロペとは、バス釣りを楽しむために作られたトップウォータールアーのことです。

ラインスラックからリリースされていて、2020年には追加カラーが6種類も出ていますよ。

オールドルアーの配色として人気のKCHやコーチドッグカラーやブラックバグ、レッドタイガーやニッケル・フロストが揃っているので、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

全長は7センチで自重は23グラム、これだけウエイトを載せていればキャストの際の飛距離はじゅうぶん。

遠く離れた岸際のカバーにもねしっかり届けることができます。

また濃いカバーでも撃ち抜けますから、その中に潜んでいるビッグバスを誘い出すことにも長けていますよ。

他のルアーでは攻め切れなかったポイントも、ロペなら積極的にアプローチ可能でしょう。

最後尾に付いているフラットスカートの効能

ロペには、最後尾に2つのフラットスカートが標準で装備されています。

着水するとゆっくり広がり、その重さで下方に垂れ下がっていくように作られています。

垂直に下がった時点でバイトが発生するケースが多いですから、慌ててリトリーブを開始する必要はありません。

着水後に長めのポーズを取って、フラットスカートが動く間を与えるようにしましょう。

小型の魚なら、このスカートを噛んだり引っ張ったりするケースも出てきます。

それをバスが見ていて、小魚ごとロペを飲み込もうとすることも。

上手くフッキングできれば、効率よく釣りを展開することができるでしょう。

効果の大きなタングステン素材のラトル音

ロペには、タングステン素材のラトルボールが内蔵されています。

振ってみると、かなり大きなゴロゴロ音を発生させますよ。

これならキャストとして着水させたエリアに、大きな刺激を与えること間違いナシ!

バスは音に対して敏感ですから、威嚇バイトを仕掛けてくることもあります。

スプラッシュやフラットスカートの効果と複合させて、上手くフッキングに持ち込んでみてください。

使い方のコツは、ポーズの時間を長めに取ること。

素早い移動を繰り返してしまうと、せっかくバスが接近しているのにバイトの機会を奪ってしまうことになります。

ワンアクションで周囲の水が乱れたら、それが鎮まるまで待っても全然OKでしょう。

ロペを操るのに適しているおすすめタックルはこちら!

ロペはトップウォータールアーですから、あまり硬いロッドは向いていないでしょう。

胴に乗るようなしなり・曲がりをみせてくれるものを選んで、狙ったピンポイントへ届けることのできるタイプがおすすめです。

グラスファイバー100パーセントのブランクスより、低弾性カーボン素材をメインに作られているロッドのほうが、扱いやすいでしょう。

テンリュウ バスロッド スピードスティック TSS#1L-256B ベイトモデル 1&H (オフセットハンドル)

テンリュウ バスロッド スピードスティック TSS#1L-256B ベイトモデル 1&H (オフセットハンドル)

最安値価格
¥30,337(Yahoo!)

Amazonへ ¥32,552

楽天市場へ ¥31,752

Yahoo!へ ¥30,337

天龍から2020年にリリースされたトップウォーター用ロッド・スピードスティックです。

しっかり曲がり込む、低弾性カーボン+グラス素材のコンポジットロッドに仕上がっていますよ。

5.6フィートと短めのレングスですから、狙ったピンポイントに正確に届けられる特性を備えています。

ロングキャストを実践したいなら、もっと長いスピードスティックもラインナップされているので、チェックしてみてください。

実際に手に取って使ってみると、軽さによる振り抜けの良さが際立っています。

キャストフィールがバツグンで、少々重いルアーでも胴に乗せて遠くへ届けてしまう印象が強いですね。

コルク製のグリップは細身で握りやすく、手元に伝わってくる感度も良好。

ラインガイドの配置も絶妙で、ブランクスの曲がりに対してスムーズに順応していきます。

リアグリップの長さが160ミリしかありませんから、シングルハンドでのキャストがメインになるでしょう。

もちろん空いている手のひらを、グリップエンドに沿えることも可能です。

そうするほうが、キャストの際のロッドのブレをきっちりと抑え込めますよ。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 15 カルカッタコンクエスト 100HG 右ハンドル バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 15 カルカッタコンクエスト 100HG 右ハンドル バス釣り

最安値価格
¥41,430(Yahoo!)

Amazonへ ¥43,185

楽天市場へ ¥42,009

Yahoo!へ ¥41,430

シマノの丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストです。

こちらは100番サイズなので、最もコンパクトなデザインになっていますよ。

ハイギアモデルですから、ハンドル1回転で77センチのラインを巻き取れます。

キャストしたルアーを早めに回収することができますし、じっくり浮かせてポーズからのスイミングアクションに展開することも可能です。

巻き心地が軽やかでスムーズ、使っていてストレスを感じさせないのが、このベイトリール最大のメリットでしょう。

ロペを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

ロペの特徴や使い方、おすすめのタックルについて取り上げましたが、いかがでしたか?

お腹にダブルフックが1つ付いているだけなので、カバーにぶつけても引っ掛かりにくいでしょう。

その特性を利用して、積極的に枝や草などに当ててみてください。

イレギュラーな方向へ跳ね返ったり、当てたことがクッションとなってやんわりと着水させてくれたりしますよ。

バスがバイトしてくるきっかけになり得るでしょうから、何度も当ててじっくり観察してみましょう。

トップウォーターの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング