ルアーのアップ写真

躱マイキーに2020年追加カラー登場!カバー周りで活用可能なビッグベイト

FISHING JAPAN 編集部

躱(かわし)マイキーは、ジャッカルから発売中のジョイント系ビッグベイトです。

バス釣り用に作られていて、カバー周りで使うと引っ掛かりにくい=躱してくれる特徴を持っていますよ。

2020年には待望の追加カラーがラインナップ、ヘビーユーザーにとっては嬉しいですよね。

その使い方やキャストするのにおすすめのタックルについてご紹介しましょう。

躱マイキーとは

躱マイキーとは、ジャッカルからリリースされている3連ジョイントのビッグベイトのことです。

サイズは2種類、115ミリ・19.5グラムと140ミリ・31.5グラムが用意されていますよ。

これくらいのウエイトに絞られているのなら、ビッグベイト専用のタックルを組む必要はありませんよね。

バス釣り用ベイトタックルでいえば、M~MHパワーのロッドでじゅうぶん使いこなせるでしょう。

となると、他のルアーとのローテーションにも加えることができますし、ビッグベイト初心者のアングラーにも扱いやすいといえそうです。

実際にキャスト&リトリーブして釣りを楽しんでいる動画を見つけましたので、ご覧ください。

躱マイキーを使ってシャローカバーを攻めている動画はこちら!

躱マイキーの使い方

このジョイント系ビッグベイトの使い方は、リップの形状を活かすところから始まります。

幅広で大きく湾曲しているのが分かりますよね。

これにより、通常の真っ直ぐなリップよりも水をしっかりとつかみ、その分深く潜れるようになっていますよ。

具体的には1メートルよりやや深い層まで、きっちりトレースできます。

そこに障害物があると、真っ先にこの湾曲リップに当たりますから、引っ掛からずにスルリと躱せるわけです。

そのアプローチを続けていると、ボディがロールする様子や周りの水を攪拌する状態を確認できるので、釣れるイメージが高まってきますよ。

おとなしくないアクション、短い移動距離で反転するような強めの勢いを感じ取れるルアーであることが分かります。

徹底してシャローに点在するカバーを撃ち、リップを干渉させていきましょう。

激しく接触しても、意外とフックは引っ掛からないので、手返しよく次のポイントに触れることが可能です。

フェザー付きのフックを標準装備!

躱マイキーには、フェザー付きのフックが標準で装備されています。

水絡みがよくなり制動も利きますから、メリハリのあるアクションを手助けしてくれるアイテムといえるでしょう。

またほんの少し口を開いてバイトしてくるバスも、フェザーを吸ってフッキングに持ち込めることがあります。

胸びれや尾ひれにもビジュアル的に見えるので、追従してきたバスを誘うのは間違いなさそうですね。

完全にアクションをストップさせて水面に浮かせておいても、フェザーの部分だけユラユラ動くことが。

それもじゅうぶん誘いの要素になっているので、上手く使いこなしたいですね。

躱マイキーを操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

それでは、躱マイキーをキャストして操るのにおすすめのタックルを挙げてみましょう。

ウエイトのあるルアーなので、太いラインを用いたベイトタックルを活用します。

そのほうがカバー周りで接触を繰り返すのに適しているでしょう。

手返しよくキャストと繰り返すならハイギアのベイトリールが有利ですが、ローギアのベイトリールなら、ややラインをたるませながらのリトリーブを実践できますよ。

そのほうがいきなりのバイトを弾かずに済むケースが増えるでしょう。

「柔らかいロッドを使えばいいんじゃないの?」という人もいるでしょうが、ロッドの曲がりが間に合わないこともあるのです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト ジグ&ワーム 2ピース 170MH ジグ&ワーミング 幅広いシーンで活躍

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ベイト ジグ&ワーム 2ピース 170MH ジグ&ワーミング 幅広いシーンで活躍

最安値価格
¥38,962(Yahoo!)

Amazonへ ¥41,479

楽天市場へ ¥39,160

Yahoo!へ ¥38,962

シマノのバンタムロッド・170MHの2ピースモデルです。

仕舞寸法が109.7センチに収まるので、持ち運び便利で扱いやすいですよ。

ファーストテーパーで硬めのロッドですが、ラインのたるみを利用したアプローチなら、バラシを気にせずに躱マイキーをキャストできるでしょう。

長さが7フィートもあるので、ロッドを上向きにすると垂らし・たるみをカンタンに作り出すことができます。

それを上手く利用して、スローリトリーブからの誘いやフッキングを実践してみてください。

自重は132グラムで極端に軽いわけではありませんが、手に取った感じではバランスよく保持し続けられるので操作性は高いですよ。

キャスタビリティは申し分なく、飛距離を伸ばして遠目のポイントも正確に射貫けます。

ピッチングやサイドハンドキャストにも向いていますから、オーバーハング下や沈木・ブッシュ周りにも積極的にアプローチしてみましょう。

着水音を抑えることで、バスの警戒心を下げて引き寄せることができます。

出来る限り低い弾道でキャストし、完全サミングで静かに着水することを心がけてください。

その際、躱マイキーのジョイントボディは、各パーツが干渉音を鳴らして着水することに。

ガチャ!という音は雑音に聞こえますが、ラトルなどで作り出す音とは異なる音色になるので、バスを振り向かせるきっかけになるかもしれません。

いろいろ試して一瞬のバイトをフッキングに持ち込めるように、準備しておくことが大切です。

躱マイキーを使いこなしてバス釣りを楽しもう!

躱マイキーの2020年追加カラーは、全部で5種類です。

リアルなベイトフィッシュ系カラーや、膨張色を絡めた視認性の高いカラーが含まれていますよ。

自分が通う釣り場のシチュエーションを思い出して、有効なカラーを選択してください。

オールラウンドに使えるのは視認性の高いカラーですから、最初の1個を迷ったらチャートやピンクの入ったものを手に取るようにしましょう。

ジャッカルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング