ルアーのアップ写真

スティーズクランクに2020年追加サイズ・400が登場!ダイワのバス釣り用クランクベイト

FISHING JAPAN 編集部

スティーズクランクは、ダイワから発売中のバス釣り用クランクベイトです。

リップの形状が独特で、先端部分がセミラウンド型になっていますよ。

スクエア型なら障害物にハードヒットして上方向に超えていくのですが、セミラウンドなこのリップなら、やんわり当たってスルリと抜けていく、藻などのソフトカバーをかわすのに向いているでしょう。

ここでは、2020年に追加ラインナップされる400番モデルについて、詳しくご紹介しましょう。

スティーズクランクとは

スティーズクランクとは、ダイワからリリースされているシステムクランクベイトのことです。

100番はシャローエリア、200番は水深2メートル、300番は水深3メートルまでダイブして効率よく攻めることができるようになっています。

全長は100番が最も小さくて、54ミリ。

ウエイトも10.1グラムと軽量で、カバーやストラクチャーに当てながらリアクションバイトを取っていくのに向いていますよ。

2020年に追加されるのは、最も大きなサイズの400番で、全長70ミリに拡大。

ウエイトも25.6グラムとかなり重いものに仕上がっています。

その分ロングキャストが可能になり、ダイブする水深も4メートルにまで達することができますよ。

これなら沖合いのブレイクラインにタッチしたり、ボトムに沈んでいる障害物もチェックすることが可能でしょう。

その際に効くのが、前述のセミラウンド型リップ形状。

地形変化や障害物にハードヒットせずに、柔らかく滑らかにトレースできるのがメリットです。

本場アメリカのクランクベイトにも多用されているので、実績はじゅうぶん。

藻が群生するようなエリアのアウトサイドエッジなどを、丹念に探るのにも適しています。

スティーズクランクのリップ形状

4種類を横並びにしてみると、セミラウンド型リップの形状の違いを把握しやすいでしょう。

100番が左側で、右に行くにしたがって潜行深度は深くなります。

リップの表面積がどんどん広くなっているのが分かりますから、効率よく水をつかんで潜れるようになるわけです。

ただし、あまりに巻き抵抗が大きくなり過ぎると、リールハンドルを回す指が疲れてしまいますよね。

適度な巻き抵抗を発生させながらも、以前のようなディープクランクベイトにはない快適な巻き心地を実現しているのも、このシリーズの特徴といえるでしょう。

キャストを維持して多くのポイントを探るのに、よく考え尽くされたリップ形状ですね。

実際にスティーズクランクをキャストしてみた!

実際にスティーズクランクをキャストしてみると、飛距離がよく伸びることを体感できます。

空気抵抗をうまく処理し、空気を受け流しながらグングン飛んでいくイメージですから、他のルアーでは触れなかったポイントも攻めることが可能です。

追加モデル・400番の標準装備フックは、2番サイズのトレブルフックなので、口の外側からでもフッキングに持ち込みやすいでしょう。

バイトがあった瞬間、即フッキング動作に入るのではなく、ロッドティップが曲がり込むのを視認してから、ラインスラックを取ってバスの重みを直に手元で感じてください。

それからラインが引っ張られていく方向とは逆にロッドを振り、フッキングを完了させましょう。

口の中に丸飲みさせることができれば、大きなフッキング動作は不要になりますよ。

スティーズクランクを操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

それでは、スティーズクランクをキャストしてリトリーブを繰り返すのに、おすすめのタックルをご紹介します。

クランクベイトを遠くまで届ける必要があるので、ロングレングスのベイトロッドが向いているでしょう。

硬くて張りのあるものなら、最深部まで潜らせるのが早いのですが、バスがバイトしてくると硬過ぎて弾いてしまうかもしれません。

その場合、採るべき手段は2つ。

ひとつはラインをナイロンにして、クッション性を高めること。

もうひとつはロッドを柔らかくして、バイトの衝撃を緩和することです。

となれば、選ぶべきロッドのスペックも絞り込めそうですよね。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 731MHFB-G 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 731MHFB-G 釣り竿

最安値価格
¥20,120(楽天市場)

Amazonへ ¥21,021

楽天市場へ ¥20,120

Yahoo!へ ¥20,300

ダイワからリリースされているバス釣り専用ロッドのリベリオンです。

全長2.21メートルと長めなので、ロングキャストをするのに適していますよ。

MHパワーでグラスコンポジットのブランクを採用、しっかりと曲がりますからルアーのウエイトを胴に乗せて遠くまで運ぶことができます。

カーボン素材の含有率は74パーセント、ブランクの張りや復元力も期待できそうですね。

自重132グラムで取り回しがしやすく、ルアーウエイトは42グラムのものまで背負えるようになっています。

ディープクランクベイトはもちろん、スピナーベイトやチャターベイトをキャストするのにも使ってみたいですね。

スティーズクランク400の気になる発売日はいつ?

スティーズクランクの追加モデル・400番の気になる発売日は、2020年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,550円です。

リアルなベイトフィッシュに似せたカラーや、チャート系膨張色などからカラー選びをおこなえます。

釣り場の状況に応じて適切なカラーをラインに結び、好釣果につなげたいですね。

潜行の際に何かに当たったら、リトリーブするのを止めてクランクベイトをその場で浮かせることを実践してみてください。

根掛かりロストをかなり減らせるようになるでしょう。

バス釣りの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング