ロッドと釣り人のアップ写真

エクスセンス特集!ロッドやリールが豊富に揃っているシマノのシーバスゲーム専用アイテム

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームは、河口域や防波堤・磯場・サーフなどで盛んにおこなわれています。

アングラーが手にしているタックルを見てみると、黒く引き締まった印象のシマノ・エクスセンスシリーズが輝いていることが。

扱いやすく感度も剛性も伴なっているとの評価を、よく耳にします。

実際に使ってみたインプレを交えて、詳しくご紹介しましょう。

新作ロッドのエクスセンスジェノスや、ベイトリールのエクスセンスDCSSなど、魅力のあるタックルがいっぱいです。

エクスセンスシリーズとは

エクスセンスシリーズとは、シマノのシーバスゲームブランドの総称です。

ロッドやリール・ルアーなどが豊富にリリースされていて、新作アイテムにも高い注目が集まっていますよ。

その理由として挙げられるのが、シマノが抱える優秀なフィールドテスターの存在でしょう。

常に実釣で結果を出し、アングラーに響くノウハウを公開できる釣りスキルを持ち合わせています。

そんな彼らが手にしているのがエクスセンスシリーズなら、そこには大きな説得力が発生することになるわけです。

誰しも大型のシーバスを釣ってみたい!ヒラスズキを豪快に仕留めたい!と願っていて、たどり着くまでの明確な道しるべを求めています。

シマノのエクスセンスシリーズが、その役割を担っているといえそうですね。

実際に手にしてみると、張りやパワーを感じるロッド群ですが、同時によく曲がる印象も持っています。

例えば、シンペンをただ巻きする際に、その動きに柔軟性を持たせようとしたら、ロッドティップが硬過ぎてはせっかくのダートアクションが、スライド幅の狭いものになってしまうでしょう。

誘いと食わせを両立させるための基本スペックが、しっかりと搭載されているのが、エクスセンスなのです。

エクスセンスシリーズのロッド

エクスセンスシリーズのロッドには、さまざまなシチュエーションを攻略するための種類が用意されています。

2020年にリリースのロッド・エクスセンスジェノスには、磯からのマルスズキやヒラスズキをターゲットにした4ピースモデルが追加されます。

全長がズーム機能で切り換えられる仕様になっており、磯場で遭遇する可能性の高い場面を、新しい機能で乗り切れるように作られていますよ。

またエクスセンスMBでは、仕舞寸法50センチ台を実現。

あらゆる釣り場へ持ち込みできるように、あらゆる状況でシーバスゲームを楽しめるように最新のスペックが注ぎ込まれているのです。

電車やバスなどの公共交通機関を利用した移動にも適しているので、シーバスゲームの新たな可能性を開拓するロッドといっていいでしょう。

エクスセンスシリーズのリール

エクスセンスシリーズのリールには、スピニングリールとベイトリールがラインナップされています。

スピニングリールにはレバーブレーキ仕様のものまで揃っていて、暴れ回る大型シーバスをいなしながらランディングにまで持ち込めるようになっていますよ。

ベイトリールには最新のDCブレーキが搭載されていて、ただ巻きによる誘いと食わせをじゅうぶんに体感できます。

一定のテンポでハンドルを回せますから、シーバスからのバイトはもちろん、地形変化やカバーへの接触なども感知しやすいでしょう。

潮目の中を通せば、重い・軽いという潮の圧まで手元で感じ取れるようになるはずです。

自分の釣りスキルをアップさせていくのに、必要不可欠なアイテムでしょう。

ひとつ要望があるとすれば、もっと低いギア比のベイトリールをリリースしてもらいたいですね。

エクスセンスDCもエクスセンスDCSSも、ハンドル1巻きで回収するラインが長過ぎる感じがします。

もっとスローペースで巻くことができれば、潮の変化を的確に感じ取れるでしょう。

エクスセンスシリーズのおすすめアイテムをピックアップ!

エクスセンスシリーズの中から、おすすめのアイテムを取り上げましょう。

まずは、ロッドから。

これまでにない個性と豊富な最新スペックによって、シーバスゲームそのものが変わるかもしれません。

使いこなせるように、釣り場へ足しげく通うことを続けたいですね。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 エクスセンス MB S96ML-6 シーバス ショアキャスティング 河川 干潟 沖堤

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 エクスセンス MB S96ML-6 シーバス ショアキャスティング 河川 干潟 沖堤

最安値価格
¥47,740(amazon)

Amazonへ ¥47,740

楽天市場へ ¥47,740

Yahoo!へ ¥51,150

エクスセンスのモバイルロッドで、6ピースに分割できるように設計されています。

全長9.6フィートで仕舞寸法は53.3センチ、これなら航空機へ乗るときに持ち込むのも抵抗がありませんよね。

自重は141グラムと軽めで、最大32グラムまでのルアーを背負えるようになっています。

32グラムなら、ミノーやシンペン・スピンテールジグ・バイブレーションなど、ビッグベイト以外の主なシーバスルアーをキャストできるということに。

MLパワーでよく曲がりますから、シーバスを弾いてしまうトラブルも抑えられるでしょう。

シマノオリジナルのXガイド・エアロチタンを標準で装備、絶妙な傾斜角度でなおかつ段差やシャープエッジの無い立体構造フレームで、糸ガラミを抑えスムーズな糸抜け性能を兼ね備えています。

実際に手にしてみると、とにかく軽くてよく曲がるイメージ。

これなら軽量ルアーやジグヘッド+ワームでも、心地よくキャストして飛距離を伸ばせますし、ミノーにトゥイッチやジャークを加えるのも楽でしょう。

並継仕様で純正のキャリングケースが付いているのも嬉しいですね。

エギングやチヌゲーム・タチウオのワインド釣法にも転用できそうですから、釣りの幅が一気に広まりそうな予感です。

新しいカーボンモノコックグリップが、デザインにシャープさを与えています。

シマノ(SHIMANO) ロッド エクスセンス ジェノス S108M+/R 磯マル・ヒラスズキモデル シーバス ヒラスズキ 磯 サーフ 大河川

シマノ(SHIMANO) ロッド エクスセンス ジェノス S108M+/R 磯マル・ヒラスズキモデル シーバス ヒラスズキ 磯 サーフ 大河川

最安値価格
¥51,590(楽天市場)

Amazonへ ¥55,611

楽天市場へ ¥51,590

Yahoo!へ ¥51,590

エクスセンスジェノスのヒラスズキをターゲットにした専用モデルです。

Mパワーなのでさほど硬いイメージはありませんが、復元力・反発力が強烈で、ルアーがしっかりと飛んでいくイメージですね。

自重206グラムは決して軽くはないのですが、その分ブランクスの力強さが際立っているといえるでしょう。

2ピース仕様で仕舞寸法は166.5センチ、クルマの中に積み込むときや降ろすときは、接触して破損するかもしれないと注意しながら扱うようにしてください。

48グラムまでのルアーを背負えますから、大型のミノー・バイブレーション・シンペンなどを結んでロングキャストを決めましょう。

実際に手にしてみると、オールラウンダーなニオイがプンプン。

磯場などに限らず、ヒラスズキが潜んでいそうなポイントには必ずルアーを届けて、反応を見るようにしたいものです。

いきなりバイトがあっても、弾いてしまうようなロッドティップではないので、安心してやり取りを楽しんでください。

2号程度までのPEラインなら、ガイドのすり抜けもスムーズで扱いやすいですよ。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 エクスセンス DC SS HG(左) シーバス ロックフィッシュ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 エクスセンス DC SS HG(左) シーバス ロックフィッシュ

最安値価格
¥7,236(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,871

楽天市場へ ¥28,232

Yahoo!へ ¥7,236

2020年にリリースされたシーバスゲーム用ベイトリール・エクスセンスDCSSです。

シマノオリジナルのDCブレーキを搭載、キャストの際のバックラッシュトラブルもしっかり抑え込んでくれるスグレモノです。

自重は220グラムと軽め、ラインキャパはPEラインの2号なら180メートルも巻けるようになっていますよ。

マイクロモジュールギアをHAGANEボディで支えているので、軽やかで滑らかな巻き心地を楽しめるのがいいですね。

ただ巻きに関連する釣りスキルを習得すれば、より一層シーバスゲームにハマるはず。

このベイトリールを使いこなして、ワンランク上のシーバスアングラーを目指してみましょう。

ブレーキモードにFという箇所が設けられていて、フロロカーボンラインを巻いてロックフィッシュゲームに転用できる機能も付いています。

PEラインのままでは、岩礁帯エリアで擦るとラインブレイクにつながるからでしょう。

フロロカーボンラインを制御するブレーキの味付けも体感してみたいですね。

エクスセンスシリーズのロッドやリールを駆使してシーバスゲームを楽しもう!

エクスセンスシリーズの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

シーバスゲームを実践する場所は、周囲に住宅が立ち並ぶ街中である可能性が高いです。

夜間うるさくすると、釣り自体が禁止になる恐れがありますから、じゅうぶん注意してください。

また水門などにルアーやラインを絡めたまま立ち去るのは、絶対に止めましょう。

いつまでも釣り場を残すために、今しかできないことを今やるのが、アングラーの鉄則です。

シーバスの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング