ロッドのアップ写真

ライトタックルで釣りたい!船釣りで流行りのLTにおすすめのロッド・リール特集

FISHING JAPAN 編集部

最近船釣りの乗合船予約の際によく見かける言葉、LTって何の略か分かりますか?

ダイワのスピニングリールの製作コンセプトにも同じ表現が使われていますが、実はこれ、ライトタックルのことなんです。

水深100メートル以深を狙ったりする船釣りなら、電動リールに重めのロッドを使いますが、それを1日中振り続けていると疲れてしまいますよね。

もっと手軽に船釣りを楽しめるように、腕の力の弱い女性でも扱いやすいように考えて作られたのが、ライトタックルです。

おすすめのロッド&リールを詳しくご紹介しましょう。

ライトタックルとは

ライトタックルとは、船釣りにおける軽めの釣り道具のことを指しています。

ただし、きっちりと決められた定義はありません。

何グラムのロッドだからこれはライトタックル!とはならないのです。

イメージとしては、ロッドにリールを装着した状態で、片手で軽々と操れる組み合わせではないでしょうか。

具体的には、PEラインで2号までの太さのものをメインに使い、それを巻けるリールでそのリールを装着できる軽めのロッドであればOKでしょう。

最近では、ロッドの名前にライトと表記されているものがありますから、購入の際に迷うことはないでしょう。

ライトタックルで大物と勝負!

ライトタックルだからといって、大物が釣れない!というわけではありません。

青物のブリやカンパチ、ボトムの砂地に潜むヒラメなども、ライトタックルによるメインターゲットに含まれていますよ。

それらはいつ大型サイズのものが掛かるか分かりませんから、しっかりと強度を持たせたロッド&リールに仕上げられています。

だから安心して、ライトタックルを使いこなしてみましょう。

コンパクトで軽いながらも最新のメーカー技術を用いれば、強くて剛性・耐久性のあるタックルを作ることができるというわけです。

ライトタックルを選ぶメリット

ライトタックルを用いるメリットとは何でしょうか。

まず挙げられるのは、軽さによる高い感度でしょう。

繊細なアタリでもきっちり竿先に表れますし、手元でも感じ取ることができます。

それからPEライン2号以下がメインラインとして使われますから、細いラインで大物とのスリリングなやり取りを楽しめますよ。

時間をじゅうぶんにかけて、ラインブレイクされないように操る緊張感は、ランディングが成功した瞬間、何ものにも代えがたい満足感を生み出してくれるでしょう。

外房をライトタックルで攻めて釣りを楽しんでいる動画はこちら

おすすめのライトタックルはこちら!

ライトタックルとしてどれを選ぶか、結構迷ってしまいそうですよね。

アジやイサキ・マダイ・ヒラメ・青物など、五目釣りが展開される可能性が高いですから、どんな魚が掛かっても対処できるようなロッド&リールが好ましいでしょう。

軽さを選択しつつも、ガッチリした剛性感のあるものは外せませんね。

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 バイオインパクト ライトヒラメ 73 M235 RIGHT 7:3調子ミドルレングス 横流しに対応

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 バイオインパクト ライトヒラメ 73 M235 RIGHT 7:3調子ミドルレングス 横流しに対応

最安値価格
¥43,972(楽天市場)

Amazonへ ¥45,530

楽天市場へ ¥43,972

Yahoo!へ ¥45,710

動画でも使われていたライトタックルの釣り用ロッドで、主にヒラメを狙うのに適しています。

この釣り方でアプローチしていると、他の魚、特に回遊してくる青物を掛けてしまうケースが多いので、そういう魚をフッキングしてもしっかりランディングまで持ち込める張りや強さも求められますよね。

シマノのバイオインパクトなら、しっかりロッドを曲げながら魚を表層まで浮かせることが可能です。

7対3調子で自重155グラムと軽め、長さはとても扱いやすい2.35メートルに設定されています。

ライトタックルで共通しているのは、2メートル前後の長さで豊富なスペックをギュッ!と凝縮しているところ。

安心してやり取りを楽しめますし、1日の釣りで疲れをあまり感じないのも大きなメリットといえるでしょう。

このロッドなら感度もかなり高めなので、ボトムにタッチして外れた瞬間や、魚の微細なアタリも手元で感じることができますよ。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 14 オシアコンクエスト 200HG 右ハンドル オフショア タイラバ 青物

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 14 オシアコンクエスト 200HG 右ハンドル オフショア タイラバ 青物

最安値価格
¥40,500(Yahoo!)

Amazonへ ¥40,657

楽天市場へ ¥41,190

Yahoo!へ ¥40,500

シマノの丸型ベイトリール・オシアコクエストの200番です。

いわゆるフォールレバーの付いていないタイプで、シンプルかつ剛性の高さが際立っているアイテムですね。

当然扱い方も分かりやすいので、どのような釣り方にも対応しやすいのがメリット。

ラウンドタイプのシングルノブが標準で装備されているハンドルを握って、落とし込んだ仕掛けを操ってみてください。

自重は285グラムと軽め、ギア比は6.2対1なのでハンドル1巻きで78センチのラインを回収することができます。

手返しは素早くスムーズですから、仕掛けを横流しにして誘うこともカンタンですね。

アタリを感じたら思いっきりフッキングしてみてください。

その動きに対しても、高い剛性でしっかり応えてくれるでしょう。

ラインキャパは、PEラインの2号でちょうど200メートル巻くことができます。

釣行後は、帰宅してから真水で洗浄し、しっかりと塩気を落とすことを実践してください。

ベイトリールは構造上、内部に水を引き込んでしまうので、メンテナンスを怠ると次回の釣行に使えなくなるかもしれませんよ。

ライトタックルを駆使して船釣りを楽しもう!

ライトタックルの特徴や、おすすめのロッド&リールを取り上げましたが、いかがでしたか?

乗合船の予約時に、ライトタックルによる釣りを実施できるか確認してください。

初めてなら船長さんやガイドスタッフのレクチャーをよく聞いて、指示通りに竿を差すように心がけたいですね。

五目釣りになるケースが多いですから、これまで釣ったことのない魚に出会えるかもしれませんよ。

そういう楽しみ方もできるのが、ライトタックルの魅力といえるでしょう。

船釣りの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング