ルアーのアップ写真

トップウォータールアーで釣りたい!釣り方とおすすめ人気ルアーをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りでもシーバスゲームでも、表層で食わせることもできるトップウォータールアーは、とても有効なアプローチとしてアングラーに支持されています。

食い付く瞬間を見ることができるのですから、こんな迫力ある釣り方はないですよね。

その魅力が膨らんだのかルアーの作り方を学んで、自作する人も増えてきましたよ。

ここでは、トップウォータールアーの特徴や操り方、おすすめのルアーをご紹介しましょう。

「トップウォーターで釣るのって難しいんでしょ?」

そんなことはありません、無理やり水面まで魚を誘い出そう!とするのではなく、水面で食い付きやすい状況を作り出せばいいのです。

トップウォータールアーとは

トップウォータールアーとは、浮力のあるフローティングプラグのことで、水面から水面直下の間でアクションを繰り返すルアーのことです。

淡水エリアならバス釣りやライギョ・ナマズ、ソルトエリアならシーバスゲーム・チヌゲームなどでよく用いられます。

種類は豊富で、ペンシルベイトやポッパー・ダーター・スイッシャー・クローラーベイトなどに分けられるでしょうか。

どれも効率よく水面を押し、もしくはかき回し、魚に自らの存在をアピールする仕組みを持っています。

その強弱の度合いとアクションの組み合わせて、生命感溢れる表現を繰り出せば釣果につながっていきますよ。

ただし、ルアーは餌ではないので、餌に似た動きをするだけでは意味がありません。

それならミミズをフックに付けて釣りをしたほうがましです。

前述の通り、トップウォータールアーは水を効果的に動かせますから、例えば無風で静かな水面をかき回し、なにやら捕食活動がおこなわれたかのような状況を作り出すことができます。

トップウォータールアーで状況を作ってみる!

状況を作り出すと、環境の変化を察知した魚は近寄ってきますよ。

そこにどんなルアーが浮かんでいるのかは、この時点では関係ありません。

かき回された水の原因を、そうなった状況の理由を確認しにくるのです。

それがバスなら、自分も捕食にあずかりたい!と思ってやってくるかもしれませんよね。

そこまで行けば餌を食べれるかも!という期待感を、平穏な水面に発生させてやることで、バスに食い付く準備をさせることができます。

この準備ができていないバスを、いくらルアーで誘っても反応は鈍いでしょう。

もしくは、たまたま釣れるだけで次が続きません。

そうではなく、まずは状況を作り上げてバスを発射台に乗せてしまう行程が、とても重要で不可欠なのです。

二刀流をマスターして釣れるトップウォータースタイルを満喫しよう!

トップウォータールアーなら、水をかき回せるタイプが数多く揃っていますよ。

そういうルアーを1本のロッド&リールにセットしましょう。

そしてじゅうぶんにかき回したら、つまり状況を作ることが完了したら、そのタックルを置きます。

代わりにもう1本のロッド&リールを取り出し、そこには別のルアーをぶら下げておいて、いよいよ食わせにかかるのです。

この間髪入れない二刀流アプローチ、具体的には、先に投入するルアーにスイッシャーや羽根モノを選びましょう。

次に投入するルアーには、コンパクトなダーターやポッパー、ペンシルベイトなどを用意しておきます。

結果として、結構な数のバスが集まったポイントで、徹底した食わせの釣りを展開できることにつながっていきます。

まるで水面を耕しているかのようですが、トップウォータールアーならではの効果を体感できるでしょう。

おすすめのトップウォータールアーをピックアップ!

二刀流アプローチには、2つのコツがあります。

①水面を耕したら間髪入れずに2手目を投入してください。

②沖に浮いて岸際を撃つのではなく、バスが入ってきて定着しそうな岸際近くに浮いて、沖から岸に向けてを耕しましょう。

カヤックやフローターなど、単独で乗る乗り物を活用すればカンタンに実践できますが、アルミボートに3人乗り!みたいなアプローチスタイルでは、お互いにポイントを荒らし続けるだけになります。

単独釣行にチャレンジするところから始めましょう。

それでは、おすすめのトップウォータールアーをご紹介します。

アカシブランド プラッチックカポネ AKASHIBRAND 03 モエビイメージ 120mm

アカシブランド プラッチックカポネ AKASHIBRAND 03 モエビイメージ 120mm

参考価格:¥3,600

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

前後の回転ペラの付いた、ダブルスイッシャータイプのトップウォータールアーです。

フックが3つもぶら下がっているので、水面のかき回し作業中に釣れてしまうこともしばしば。

バス釣りを楽しむための要素がぎっしり詰まった、完成度の高いルアーだといえるでしょう。

自重も重めなので、ベイトタックルによるキャスタビリティもじゅうぶん。

回転ペラに高い剛性がありますから、少々カバーにぶつけても曲がったり破損したりしないのが嬉しいですね。

広範囲に遠投して、前後のペラがきちんと回転しているのを確認しながら、沖合いから岸際のカバーに向けてリトリーブを繰り返してください。

発生した引き波をペラの回転が切断していく様子を観察しながら、その周囲にバスが接近してきたら・・・そのまま使い続けるか、2手目のルアーに切り換えるか判断しましょう。

プラッチックカポネでバイトまで持ち込める状況なら、2手目封印でOKです。

その可能性はかなり高いかもしれません。

HEDDON(ヘドン) ルアー クレイジークローラーX9120PM

HEDDON(ヘドン) ルアー クレイジークローラーX9120PM

参考価格:¥1,628

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ボディの左右側面に金属製の羽根が付いている、羽根モノ=クローラーベイトと呼ばれるトップウォータールアーです。

水面をクロールしながら泳いでくる様子は、超カワイイ!のひと言。

しかもバスやその他のフィッシュイーターたちが食い付いてくるのですから、キャストしていてこんなに楽しいルアーはないでしょう。

ボディを輪切りにすると、どこにもウエイトが入っていません。

ということは、ぷら下がっている2つのフックが、重心バランスを取っていることに。

なのであまりリトリーブのスピードを上げてしまうと、パタパタしながらのクロール泳ぎが破綻してしまいます。

破綻直前のスピードを維持しても、最悪の場合回転してしまいますから、スロースピードで操るのがベターでしょう。

泳がせずに浮かせておくと、下から魚に突かれることがあります。

それでフッキングに持ち込めるような、小さなフックがぶら下がっているわけではないので、そのタイミングで2手目に移行してください。

実はタイニーサイズもラインナップされていますから、食わせを優先したい場合は最初からそちらを使ってみましょう。

スミス Heddon 原点回帰シリーズ ラッキー13 S

スミス Heddon 原点回帰シリーズ ラッキー13 S

参考価格:¥1,485

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

受け口になっているダータータイプのトップウォータールアーです。

ほぼ水平に浮きますから、下から見上げているバスからはお腹が丸見え。

お腹は魚の弱点なので、そんなものを堂々と晒しているということは・・・弱っているから?傷付いているのかも?という見方をバスに起こさせるかもしれません。

ただ止めておくだけ、浮かせておくだけでここまでの効果を発揮するのが、ラッキー13の真骨頂といえるでしょう。

受け口のせいで前進しようとしませんし、してもその場近くにとどまります。

この存在感が、波立つ状況の中で際立つのです。

無防備な状態だな!とバスが判断したら、バイトしてくるまで大した時間はかからないでしょう。

ちなみにラッキー13と同じような効果を発揮するルアーに、ポッパーがあります。

ホッパーの口も凹んでいるので、移動距離を最小限に抑えてユラユラと浮いていられますよ。

しかしながら、既存のポッパーはほとんどが立ち姿勢で水面に浮くので、水平浮きのような無防備感を表現しにくいのが残念なところ。

小さなトゥイッチとラインスラック発生を繰り返しながら操ると、水平姿勢に近い状態で小刻みに躍らせることができますが、どうしても前進を止められません。

そこでリールからの道糸をフロロカーボンラインに換えてみてください。

比重が高いのでポッパーが道糸に引っ張られて、水中にダイブしようとしますよ。

この動きが加味されると、一気に移動距離は短くなり、バスがバイトしてくる確率も上がるでしょう。

トップウォータールアーを駆使して釣りを楽しもう!

トップウォータールアーの使い方や釣り方、おすすめのルアーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

アプローチの方法は、アングラーの数だけ存在すると考えてください。

正解は、ありません。

ただし、いつも同じアプローチを繰り返し、釣れない方法だと分かっていながら変えない!というのは、トップウォーターの釣りを心底楽しんでいるとはいえないでしょう。

あなたの釣りスタイルは、固めないほうが面白いのです。

ルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング