魚とルアーのアップ写真

サーフでヒラメを釣りたい!おすすめのロッド・リール・ルアー特集

FISHING JAPAN 編集部

サーフゲームが盛んにおこなわれていますが、全てのアングラーのロッドが曲がっているわけではありません。

サーフからのキャスティングでヒラメが釣れる!という情報を聞きつけてやってきたのでしょう。

どうやらカンタンにはヒラメは食い付いてくれないようです。

ここでは、サーフゲームでヒラメを狙う際に気を付けたいことや、おすすめのタックル(ロッド・リール・ルアー)をご紹介しましょう。

「サーフでヒラメを釣るには離岸流を狙うんだよね!」

確かにその通りですが、離岸流にルアーをキャストしても釣れなかった場合、あなたならどうしますか?

サーフヒラメゲームとは

サーフヒラメゲームとは、ミノーやジグヘッドリグ・バイブレーションプラグ・メタルジグなどサーフ=砂浜からロングキャストして、リトリーブしながらヒラメを釣り上げるアプローチのことです。

ヒラメは小魚を追ってサーフに接岸してきますから、それをショアから狙い撃ちしていくわけです。

でもひとつのサーフに、大量のヒラメが居ることは稀で、どんなにアングラーの数が増えても釣れる数はほんの少しというのが実情でしょう。

なかなかシビアで数釣りに至らないのが、サーフヒラメゲームだと覚悟してから臨むのがいいかもしれませんね。

ハードルアーをワーム系に切り換えたところで、いきなり釣果が伸びるという展開は、期待しないでおきましょう。

ただし、的確にサーフを攻めることができれば、他のアングラーが釣れていない状況でもヒラメに触れる可能性はあります。

サーフでヒラメを釣るには、①離岸流②根という2つのワードを理解するように努めてください。

サーフヒラメゲームを楽しむための必須ワード①離岸流

離岸流とは、サーフに打ち上げられた波が沖へ戻っていくときに発生する流れのことです。

雨どいがサーフに設置されているわけではないので、自然発生的にサーフの一部に現われて、岸際に溜まった波=水が、一ヵ所から沖に向かって押し出されるイメージでしょうか。

その場所ばかりで押し出し流れが起きるので、本当に雨どいのようにボトムの形状が凹んできます。

浅いところと深いところが隣接し、なおかつ潮の流れが存在することで、プランクトンや小動物が集まるのは必定。

それを餌にしている小魚もどんどん引き寄せられますから、フィッシュイーターであるヒラメが黙って見過ごすはずがないのです。

ただし、注意しておきたいのは、離岸流のどこを撃っても釣れる!ことにはなり得ないということ。

浅い側である場合や、深い側である場合も。

また沖合いである場合や岸際に集中する場合も考えられます。

まずは離岸流に近寄らないようにして、離れた場所から岸際へルアーを投入します。

それでバイトがなければ、ルアーを離岸流に乗せて沖合いまでドリフトさせましょう。

そこから浅い側へロッドを倒してリトリーブしたり、深い側をリフト&フォールさせたりして丹念に探ってみてください。

エギングゲームで用いるエギのようなウエイトバランスのミノーやワームリグがあれば、ドリフト釣法を楽に実践できますよ。

サーフヒラメゲームを楽しむための必須ワード②根

根とは、ボトムに沈んでいる岩・藻のことです。

サーフといえど砂地ばかりではありませんから、こういった地形変化やカバーを見つけ出すことが、ヒラメの居場所を知る近道となります。

当然目には見えない水中の変化なので、リップ長めのミノーなどを使って、その接触度合いで根の存在を確認してください。

根には小魚が寄り付く可能性があり、ヒラメは捕食対象を追って根のそばに陣取る確率が高いのです。

出来る限り根のそばでルアーをアクションさせることで、ヒラメがバイトしてくるかもしれませんよ。

ただし、根は他の魚の棲み処でもあります。

カサゴやアイナメ・ソイ・アコウなどのロックフィッシュが食い付いてくるケースや、タコ・ヒトデに抱き付かれることも。

さまざまな魚種が釣れるのを楽しみながら、ヒラメを追いかけてみましょう。

サーフヒラメゲームにおすすめのタックルをピックアップ!

サーフでヒラメを釣るのにおすすめのタックルを取り上げましょう。

まずは、ロッドから。

飛距離が伸びるための長さと張りが、ブランクスには求められます。

またヒラメの口は硬いですから、フックが外れてしまわないようなノリの良さも必要でしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ネッサ エクスチューン S1102M+ シーバス ショアキャスティング ヒラメ トラウト サーモン

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ネッサ エクスチューン S1102M+ シーバス ショアキャスティング ヒラメ トラウト サーモン

参考価格:¥50,033

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

2020年にシマノから新発売されるサーフヒラメゲーム用スピニングロッドです。

長さ11フィートを超えるロングレングスを活かして、飛距離を確実に伸ばすことができますよ。

ロングレングスロッドといえば、重さとダルさをイメージしてしまいがちですが、この機種はそういったデメリット要素を徹底的に獲り除いています。

しっかりと曲がり込む調子を実現しながら、キレのあるキャストフィールと高い操作性を兼ね備えています。

この長さを利用すれば、足場の高いポイントで扱いやすく、掛けたヒラメを手前のシモリに引っ掛からないように操作できるでしょう。

M+調子設定のために長さが負荷を分散してくれますし、適度な粘りも発生しますよ。

そのために重めのルアーも使いやすく、ランディングの際も柔軟に対処可能です。

自重185グラムと、長さと比較してかなり軽く仕上がっているのもメリットですね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

参考価格:¥44,305

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノの超軽量スピニングリール・ヴァンキッシュの4000番です。

自重たったの200グラムは驚異的で、サーフからキャストを繰り返しても疲れ知らずで釣りを続けられるでしょう。

エクストラハイギアですから、ハンドル1回転で101センチものラインを巻き取ることが可能です。

ミノーやジグを遠投しても、カンタンに回収できますから、例えば離岸流エリアの浅い場所・深い場所を短時間で丹念に探ることができます。

地形変化もとらえやすくなりますから、釣れる魚の数も比例して伸びていくでしょう。

PEライン1.5号なら320メートルもスプールに巻けるので、遠投はもちろん潮に乗せたドリフト釣法にも向いています。

ショアジギングに転用することも可能なので、サーフゲームにおける対象魚を膨らませながら釣りを楽しめるでしょう。

軽さは手元感度の向上にもつながります。

微細なアタリを逃さずに、積極的にフッキング動作に入れるのも大きなメリットといえますね。

シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト 110mm 33g 拘りヒラメゴールド 43T OM-110K ルアー

シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンドリフト 110mm 33g 拘りヒラメゴールド 43T OM-110K ルアー

参考価格:¥1,804

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

コンパクトなデザインで低重心設計ですから、タナに関係なくしっかりとウォブリングアクションを引き出せる仕組みになっている、シマノのヒラメゲーム用ミノーです。

シンキング仕様なので、着水後のカウントダウンを利用しながら、その都度タナを設定してトレース&リトリーブをすることができますよ。

重心移動AR-C VRシステムを搭載していて、流れのある中でもアクションをしてくれるのがいいですね。

サーフに発生する離岸流を、浅いタナ・深いタナともに効率よく攻めて好釣果に結び付けましょう。

激しい根のあるところでは、引っ掛かりが気になりますから、別のルアーへローテーションすることをおすすめします。

全長110ミリで自重33グラム、トレブルフックのサイズは3番を標準で装備しています。

シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンブリーズ 120mm 30g カガヤキヒラメリョク 33T OM-230P ルアー

シマノ(SHIMANO) ミノー 熱砂 スピンブリーズ 120mm 30g カガヤキヒラメリョク 33T OM-230P ルアー

参考価格:¥1,936

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

広いサーフでヒラメに気づかせ引き寄せるために、飛距離アップとワイドアクションを両立した、シマノのサーフゲーム用シンキングミノーです。

飛距離はなんと、平均して70メートルオーバーを達成し、ボディ浮力も向上していますよ。

バネを用いたスムーズな重心移動・元の位置へのウエイト戻しを実践するAR-Cシステムや、発泡素材で成型された新開発のボディ・AR-C SHELLを組み合わせているのが特徴です。

長さ120ミリで自重30グラム、この存在感がヒラメの捕食スイッチをオンにしてくれるでしょう。

サーフヒラメゲームをマスターして数釣りを楽しもう!

サーフヒラメゲームの特徴や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヒラメは高級魚で稀少だと、頭の中で考えてしまうと緊張につながります。

せっかく掛けても緊張が邪魔をして、取り込みの最中にバラしてしまうかもしれません。

常にゆったりとした気持ちをキープしながら、丁寧にランディングすることを心がけましょう。

歯の鋭い魚なので、フィッシュグリップは釣座に用意しておいたほうが便利です。

ヒラメの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング