ロッドと釣り人のアップ写真

落とし込み釣り特集!どんなロッドやリールを使えばいいの?おすすめタックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

船釣りで人気を博しているのが、サビキ仕掛けを活用した落とし込み釣りです。

ターゲットは、カンパチやブリ・ヒラマサなどの大型青物がメインで、その他ロックフィッシュやヒラメなども狙うことができますよ。

ここでは、落とし込み釣りの特徴や、実際に用いるおすすめのロッド・リールについて詳しくご紹介しましょう。

「防波堤とかでおこなう落とし込みとは違うの?」

あちらはヘチ釣りと呼ばれる釣りスタイルで、チヌをターゲットにしています。

船でおこなう落とし込み釣りとは

船釣りで人気の落とし込み釣りは、サビキの付いた胴突き仕掛けを用意して、まずは餌となるイワシなどの小魚を釣るところからスタートします。

活き餌をハリに付けて、いきなり青物を狙う釣りではないところが特徴ですね。

乗合船の船長さんが魚探を見ながら合図してくれますから、餌のイワシが群れているタナへ、サビキ仕掛けを投入して釣りましょう。

シンプルなフラッシャーが付いている専用サビキには、太目のハリが装着されています。

最終的にはこのハリで大型青物を獲り上げなければなりませんから、剛性・耐久性の高いものが選ばれているのです。

落とし込み釣り用のサビキ仕掛けは、セットに組まれたものが市販されていますから活用するようにしましょう。

まずはサビキで餌となるイワシをゲット!

投入したサビキに、小魚のイワシが食い付いてきます。

ひと口サイズのイワシなら、青物の恰好の餌になってくれますよね。

穂先や手元にアタリが来たら、リールでラインを巻き上げずに、そのまま下のタナへ仕掛けを落とし込みます。

実際にはボトムに着けてから少し巻き上げて、深いタナを根掛かりさせずに丁寧に探ると・・・いきなり強烈なアタリが発生して、青物の格闘に移行することになります。

これが船の落とし込み釣りの全容ですね。

餌のイワシが掛かってからの仕掛けの移動も、船長さんが的確にタナを指定してくれますから、指示をよく聞いて対応できるようになりたいものです。

「25メートルまで落としてね~!」みたいな指示が入りますから、電動リールのディスプレイを見ながらタナを合わせるようにしましょう。

落とし込み釣りのコツ

落とし込み釣りで知っておきたいのは、餌のイワシが釣れたタナのそばには、大型青物はあまり泳いでいないということでしょうか。

イワシが群れで悠然と泳げるのは、フィッシュイーターからのプレッシャーを受けていない証し。

となると、イワシが釣れたタナで長居していても青物にはつながらないことに。

下のタナで待ち構えているケースが多いですから、一気に落とし込んで勝負に出たいですね。

またなかなか餌のイワシが釣れなくて、ようやく1尾掛かったようなタナには、青物が潜んでいるかもしれません。

プレッシャーが強くてイワシの食いが悪かったのかも?と類推できるからです。

後は船上での経験値を増やしていくことで、じゅうぶん対応可能ですよ。

落とし込み釣りにおすすめのロッドやリールをピックアップ!

それでは、落とし込み釣りにおすすめのロッドやリールを取り上げてみましょう。

以前は高価で重めのロッドしか選択肢がなかったのですが、最新のものはコスパが優秀で初心者アングラーにも優しいものが増えてきましたね。

リールは電動リールがベターで、300番くらいから上のものを装着するようにしましょう。

狙うタナが深ければ、ラインキャパを増やす意味で番手も大きくなります。

20 落とし込みX M-240

20 落とし込みX M-240

参考価格:¥15,477

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

6対4調子と曲がり込みの大きな2020年最新ロッドです。

Mパワーですから、柔軟な食い込み重視のアクションに仕上げられていますよ。

どちらかというと、ライトな落とし込み釣りスタイルを実践するのに向いているでしょうか。

全長2.4メートルで継数は2本、仕舞寸法は125センチですから、センターカットの2ピース仕様ですね。

これなら船への持ち込みも楽におこなえるでしょう。

自重は230グラムと軽め、錘負荷は50号から150号に設定されています。

軟らかいチューブラー穂先を搭載し、ブレーディングXでブランクを補強していますよ。

実売価格は1万円台になりますから、とてもコスパ優秀で購入しやすい印象です。

初心者アングラーにおすすめの1本といえるでしょう。

20 落とし込みX MH-240

20 落とし込みX MH-240

参考価格:¥16,214

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらも6対4調子に仕上げられたダイワの最新落とし込み釣り用ロッドです。

MHパワーが載せられていますから、大型のヒラマサなどが掛かっても安心してやり取りを楽しめるパワータイプと見ていいでしょう。

長さはMと同じ2.4メートルで、仕舞寸法は125センチのセンターカット2ピースモデルです。

短く収納できますから、クルマの中へ積み込むのもカンタンですし、船上への持ち込みも接触を気にせずおこなえるのがいいですね。

自重は235グラムと軽いので、電動リールと組み合わせても1日中振り回せるのがメリットです。

錘負荷は60号から180号、適合ハリスはナイロン20号まで。

ブランクのカーボン含有率は、45パーセントとなっていて、グラス素材の比率が高めなのがじゅうぶんな曲がり込みを生んでいるといえそうです。

実売価格は1万円台とリーズナブル、これなら最初の落とし込み釣り用ロッドとして問題なしでしょう。

ダイワ(Daiwa) 船竿 ベイト ゴウイン落とし込み MH-243・J 釣り竿

ダイワ(Daiwa) 船竿 ベイト ゴウイン落とし込み MH-243・J 釣り竿

参考価格:¥41,515

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワのゴウインシリーズに落とし込み釣り専用ロッドがラインナップされています。

餌となるイワシを掛ける際の柔軟さと、本命の大型青物を獲りにいくパワーを兼備しているのが特徴で、ブランクには特殊グラス素材・グラテックを採用していますよ。

これにより柔軟な穂先を作り出して、餌のイワシを掛けることができます。

そこから本命の青物をヒットさせ、バット部のチューブラーパワーマキシマム設計が支えてくれる仕組みになっています。

またネジレ防止の最適構造・X45を採用しているので、強靭なパワーと粘りで本命青物を水面まで浮かせてくれるでしょう。

エアセンサーシートを搭載していますから、手持ちで誘いをかけるのもラクラク。

感度と操作性が向上しているこのロッドを、ぜひ使いこなしたいですね。

長さは2.43メートルでMHパワー、6対4調子の1ピース構造になっています。

自重は305グラムで、180号までの錘負荷に耐えられるように設計されていますよ。

ガイドシステムは、LCからHBガイドを使っていて、SiCガイドリングを標準で装備しています。

ダイワ(DAIWA) 電動リール シーボーグ 500MJ 500MJ (右ハンドル) 2019年モデル

ダイワ(DAIWA) 電動リール シーボーグ 500MJ 500MJ (右ハンドル) 2019年モデル

参考価格:¥85,933

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワの電動リール・シーボーグの500番です。

PEラインの5号を用いて落とし込み釣りを展開したい場合に、とても便利なリールといえるでしょう。

ラインキャパは、PEライン5号で400メートル。

トルクと瞬発力を兼ね備えたMAGMAXモーターを搭載していて、モーターハウジングにアルミ部材を使っていますから、放熱性・耐久性に優れていますよ。

またギアを変速ショック無く快適に切り替えられるMEGATWIN-PROも採用しています。

それからワンハンドで快適操作が可能なJOGパワーレバーを搭載し、仕掛けの落下スピードをカンタンに調整できるフォールブレーキダイヤルが付いているので、落とし込みの際にとても便利でしょう。

実売価格は8万円台から9万円台になっていますから、じっくり考えてから決断したいですね。

ダイワ UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 100m 5号(連結)

ダイワ UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 100m 5号(連結)

参考価格:¥1,680

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワからリリースされている、船釣り用PEラインの5号です。

100メートル単位で連結されているので、欲しい長さだけ購入できるのが嬉しいですね。

10メートルごとに5つの配色が施されていますよ。

UVF=超高密度繊維加工によって、耐摩耗性・強力・伸度=感度が向上しています。

またEvo Silicone加工で動摩擦係数を軽減して滑りがよく、ガイドとの糸鳴りも抑えられています。

落とし込み釣りをマスターしてヒラメや青物を釣り上げよう!

船の落とし込み釣りの特徴や、おすすめのロッド・リールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

餌となるイワシを釣ってから、そのまま本命を狙いに行く!というダイレクト感が、この釣りスタイルの醍醐味かもしれません。

太い幹糸・枝ス・ハリを使うので、豪快に大物を釣るイメージもありますよね。

カンパチやヒラマサなどの大型青物を未だ釣った経験のない人なら、落とし込み釣りで初青物に触れることができるでしょう。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

船釣りの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング