魚とルアーのアップ写真

ハゼをクランクで釣りたい!小粒クランクベイト+おすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

海水の影響を受ける河川では、ハゼ釣りが盛んにおこなわれています。

餌釣りはもちろん、ルアーを用いた釣りスタイルも人気ですよ。

ここでは、クランクベイトでハゼ釣りを楽しむ方法について、詳しくご紹介しましょう。

通常のサイズよりも小粒でコンパクトに設計されていますから、専用のタックルを組む必要があります。

どんなロッドがいいのか、スピニングタイプやベイトフィネスタイプからピックアップしてみましょう。

ハゼ釣りにマッチしたクランクベイトとは?

ハゼ釣りに適しているクランクベイトとは、どのようなものを指すのか考えてみましょう。

まずハゼは、河口域に近い河川の比較的浅いエリアで生息しています。

そういう場所のほうが、ハゼの餌さなる小動物を捕食しやすいからでしょう。

エビやカニ、それから小魚などを活発に追いかけているのを見ることができます。

餌はボトムを這うようにして逃走しますから、それに似た動きをルアーで実践すればOK。

ボトムにすぐに到達するためのロングリップがあれば、根掛かり防止にもつながりますよね。

そういうリップの持ち主で、ある程度の浮力を持ったルアーが、クランクベイトなのです。

ハゼの口は小さいですから、それに合わせたサイズのクランクベイトを選ぶようにしたいですね。

ハゼ釣りに使うクランクベイトのカラー

ハゼ釣り用のクランクベイトにおいて、カラーはとても重要です。

ボトムを背景にしますから、そこで目立つものが効果的です。

逆にボトムの泥や岩に似せたカラーで、保護色側に寄せるとよく釣れるケースもあります。

どちらがベストということはありませんから、複数色用意してローテーションしながらキャストを繰り返してください。

背中側に蛍光色を施してあるカラータイプなら、視認性が高いのでハゼが食い付く瞬間を見ることができるかもしれませんよ。

それが可能なら、フッキングのタイミングを逃すことも減るでしょう。

ラトル音を使いこなそう!

ハゼ釣り用のクランクベイトには、ラトル音が付加されているものをおすすめします。

コロコロ・カラカラ・シャリシャリと、内臓するラトルボールによって音に変化をつけることができますが、どの音でもハゼはしっかり反応してくれますよ。

特に広範囲に散らばっている傾向の強い浅瀬エリアでは、ラトル音を利用しながらハゼを引き寄せてバイトに持ち込みたいところです。

地形変化をリップでなぞるようなアプローチを繰り返す際も、ラトル音に変化が出てバイトの要因を作り出すことができますよ。

なぜハゼが音に敏感なのか、正確な理由はよく分かりません。

ただ、ボトムに身体を接している機会の多い魚ですから、伝わってくる振動に対して積極的な行動に出るのは分かる気がしますね。

クランクベイトを駆使しながら分かりやすくハゼ釣りを解説している動画はこちら

クランクベイトでハゼ釣りを実践するときのおすすめタックルをピックアップ!

それでは、クランクベイトを使ってハゼ釣りをおこなう際のおすすめタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ハゼ用クランクベイトから。

以前は管釣りトラウトやバス釣り用のクランクベイトを転用していましたが、今ではハゼ釣り専用のものがリリースされるようになってきました。

ボトムトレースしながらも、ボトムに引っ掛からない絶妙な浮力が与えられているのが特徴です。

フックも、上向きのシングルフックが装備されているケースが増えてきました。

ダイワ(DAIWA) ハゼクランクJr メタリックレッド ルアー

ダイワ(DAIWA) ハゼクランクJr メタリックレッド ルアー

最安値価格
¥1,056(楽天市場)

Amazonへ ¥1,188

楽天市場へ ¥1,056

Yahoo!へ ¥1,056

ダイワからリリースされている、ハゼ釣り専用のクランクベイトです。

全長が27ミリとたいへんコンパクトで、自重は1.6グラムしかありません。

タックルは、極細ラインを使ったスピニングタックルになりそうですね。

実際に手持ちのアジングタックルでキャスしてみました。

飛距離はやはりロングキャストの利くものでありませんでしたが、10メートルを超える程度なら難なく繰り返すことができます。

河口域に点在する杭などの障害物周りを、ボトムにタッチしながらリトリーブしてみましょう。

ハゼか後追いしてくると、何度かちょっかいを出してきますから、それがラインやロッドティップに表れます。

すぐにフッキング動作には入らずに、そのままのスピードをキープしながらリトリーブを続けてください。

そうすると、アゴで上から押さえ込むようなバイトをしてきます。

上向きのシングルフックなら、アッパーカット状態でカンタンにフックアップすることができるでしょう。

標準で付いているケイムラ塗装のシングルフックは、水中でもよく目立っていますよ。

ハゼに対しても刺激になっているはずなので、フッキング効率は向上しているといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ハゼイモラS35 アカキン ルアー

ダイワ(DAIWA) ハゼイモラS35 アカキン ルアー

最安値価格
¥1,237(楽天市場)

Amazonへ ¥1,238

楽天市場へ ¥1,237

Yahoo!へ ¥1,237

このハゼイモラは、リップでボトムにタッチしながら立ち姿勢をキープすることができます。

そこからは浮かび上がらないので、フローティングではありませんが、ボトムに横倒れしてしまわないですから、根掛かりは効率よく回避できますよ。

全長35ミリで自重2.5グラム、お腹のフックアイにはケイムラ塗装のシングルフックが標準で装備されています。

注目すべきなのが、最後尾のフックアイ。

なんと、自動ハリス止めタイプになっているのです。

これにより、コブの結び目を作ったハリスなら、ワンタッチで装着することができますよ。

ハリス付きの流線バリ6号がルアーパッケージに同梱包されているので、自分で自動ハリス止めに装着してみましょう。

当然この流線バリには、生餌を装着することも可能です。

例えばゴカイや青イソメなどの虫餌を小さくカットして、投げ釣り仕掛けにセットするように装着しキャストしてください。

クランクベイトのアクションが伝わって、生餌が艶めかしく動いてハゼを効果的に誘ってくれるに違いありません。

バイトが遠退くようなタフコンディション下で、このハイブリッドな組み合わせを試してみるのもいいかもしれませんね。

JACKALL(ジャッカル) ルアー エッグナッツ オレンジゴールデンエッグ

JACKALL(ジャッカル) ルアー エッグナッツ オレンジゴールデンエッグ

最安値価格
¥1,078(楽天市場)

Amazonへ ¥1,328

楽天市場へ ¥1,078

Yahoo!へ ¥1,078

ジャッカルから発売中のハゼ・管釣りトラウト用クランクベイトです。

フローティング仕様で、全長28ミリ・自重2.3グラム。

シングルフックが上向きで装備されていますから、ボトムタッチしながらのリトリーブアプローチに適していますよ。

カラーバリエーションは6種類で、どれも見た目カワイイものばかり。

つぶチョコエッグカラーなんか、お菓子にしか見えませんからね。

ルアー釣り初心者の人におすすめのルアーで、ハゼそのものも小型で触りやすいですから、この釣り方が広まっていけばアングラーの数も増えていくでしょう。

河口域の釣りで注意したいのは、牡蠣などの貝殻。

意外と鋭利に尖っていたり、薄く切れ味のある状態に欠けていたりしますから、厚底の長靴を必ず用意して歩くようにしましょう。

浅いと判断して足を踏み入れると、泥状の地質にはまってしまうことも。

沖に向かって歩を進めるよりも、岸際を横方向に歩くことをおすすめします。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

最安値価格
¥8,778(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,406

楽天市場へ ¥10,032

Yahoo!へ ¥8,778

シマノからリリースされている、実売価格1万円を下回るスピニングロッドです。

アジングで利用する目的で設計されていますが、実際に手にしてみると振り抜けが良く、ハゼ用のクランクベイトをキャストするのに向いていますよ。

全長2.08メートルで自重67グラムしかありませんから、1日中キャストし続けても疲れることはないでしょう。

ガイドシステムにはKガイドを採用しているので、ラインがガイド足に絡まるトラブルを抑えてくれます。

PEラインやエステルラインを使って、2000番程度のスピニングリールをセットすれば、ハゼ釣りを満喫できるのではないでしょうか。

クランクベイトを駆使しながらハゼ釣りを楽しもう!

ハゼ釣り用クランクベイトの特徴や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

河口域では沈下している障害物が多いので、根掛かりが多発します。

その都度ルアーをロストするのはもったいないですから、リトリーブの際に次のことに気を付けてください。

まず、何かにリップが当たったら、リトリーブを即座にストップすること。

そうすればクランクベイトの浮力が、根掛かりを外してくれることがあります。

また仮に引っ掛かってしまったとしても、いきなり強くラインを引っ張って外そうとせず、立ち位置を大きく移動してから外す作業に入るようにしましょう。

クランクベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング