マサバの写真

マサバを釣って食べよう!栄養たっぷりのマサバの釣り方や食べ方をご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

マサバって釣ったことありますか?

日本近海で捕れるサバは2種類あり、マサバとゴマサバと分類されています。

そんなマサバやゴマサバの素顔と合わせて、四国沖まで出かけた寒サバ釣りのレポートをご紹介していきましょう! 

マサバは冬、ゴマサバは反対に夏が旬

日本近海で捕れるサバは2種類あり、ひとつは北の地方や日本海に多いマサバ、もうひとつが南の海に多いゴマサバです。

両者の違いはサバの腹を見れば分かります。

マサバの腹はきれいな白銀色で染みひとつないがゴマサバの腹にはゴマのような黒くて小さな斑点が見られます。

このためにゴマサバと呼ばれるようになったと言われています。

ところで、マサバの旬は秋から冬にかけてということはご存知でしょうか?

マサバは、水温が下がるにつれ体内にたっぷり脂肪を溜め込むため味が一段と良くなります。

しかし一方で、「ゴマサバ」の旬は夏なんです。

秋から冬にかけて美味しいのがマサバで、ゴマサバは、マサバより産卵が遅いため夏が美味しいといわれます。

春に産卵したマサバは、6月の梅雨時期には体の脂が抜け味が落ちるので、梅雨サバと呼んで敬遠されることもあります。

ゴマサバの写真

腹に斑点があるゴマサバ

また、ゴマサバより体高があるマサバを平サバ、ゴマサバを丸サバと呼んだりもします。

サバの語源ははっきりしませんが、小歯と書いてサハと読むところから、サバの歯も小さいのでサハと呼んでいたものがいつのころからか濁ってサバと呼ばれるようになったのでは、という説があります。

ちなみに、年齢などをごまかす時に使う「サバを読む」という言葉は、昔サバがよく捕れていた時代に生まれたとされています。

漁師が仲買人にサバを売るとき、ゆっくり数えていては鮮度が落ちてしまうのでとんでもないスピードで数えているうち、数をごまかしたためにこの言葉が生まれたそうです。

サバに関する慣用句

また、「秋サバを嫁に食わすな」という俗言もありますが、こちらの語源もいろんな説が有るとされています。

秋サバがあまりにもおいしいので、嫁に食わせるのが惜しいという姑の嫁いびりが有名ですが、これとは反対に秋サバは卵を持っていないので、これを食べると子宝に恵まれないからという説もあるんです。

また、サバの筋肉にはヒスチジンと呼ばれるアミノ酸が多く含まれ、これがうま味成分になっているのですが(その数値はマアジの約3倍、チヌの約100倍ともいわれる)このヒスチジンは人によってアレルギー反応を起こす物質、ヒスタミンに変化するので注意が必要です。

このヒスタミン中毒を避けるために妊婦には食べさせなかったという説も有るんです。

「秋サバや 若狭生まれの京育ち」という句もありますが、ご存知でしょうか。

これは昔、若狭で取れたサバにひと塩してサバ街道をたどり、京に持ち込まれたときにちょうど食べごろになったためと言われています。

サバは昔から庶民の魚として親しまれてきたからか、〆サバや塩焼き、煮付けに船場汁など料理法が多く、数多くの郷土料理にもなっています。

湯浅地方のサバの炊き炊きもそのひとつだが、高知の姿寿司や若狭地方の焼きサバ、石川県を中心に広く日本海側で作られているぬか漬けのヘシコ、京都の棒寿司、大阪のバッテラ、奈良の柿の葉寿司なども有名です。

マサバ釣り釣行記【ラングイ浅場で中型の寒サバ入れ食い!】

紀伊水道のさらに南、ちょうど南紀の白浜温泉と四国は徳島の由岐を結んだ線上に横たわる広大な根をラングイと呼びます。

ラングイを漢字に直すと乱杭。海底からまるで土柱のようにそびえ立つ根が何本も突き出しているため、このような呼び名がつけられました。

浅い場所だと水深150㍍ぐらいのところもあるが、土柱が乱立しているようなところはアコウダイのポイントにもなるので、400~500㍍の深海が中心です。

このラングイの浅場に毎年やってくるのが寒サバで、今年はサバだけでなく、七つ星とも呼ばれるマイワシもよく釣れていると聞いて、早速、寒サバ釣りに出かけることにしました!

初期の寒サバは、ラングイといってもかなり西よりの由岐沖で好調でしたが、水温が下がるにつれてサバの群れは東に移動してきたようです。

マサバ釣りを「七つ星」が邪魔をする

この日は、湯浅の北港から出船している乗合船でラングイを目指しました。

港を出たときはあまり感じませんでしたが、衣奈の沖に浮かぶ黒島の陰を抜けると、次第に波も風も強くなります。

船長は、日ノ岬沖をかすめとりあえずラングイの一番近いポイントへ舳先を向けました。

ところが現場へ着いて魚探で群れを探すのだが、全然魚が写りません。

しばらくぐるぐると走り回って群れを探したのだが、望みなしと見て船長は再び船首を南西に向け、移動しました。

40分あまりもかけて、ようやく到着した場所が由岐沖です。

紀伊水道を横断するときにはかなり船も揺れたが、由岐沖に着くと四国の山並みが北西風を遮ってくれるために、意外に波静かな沖です。

船長は船を潮に乗せて流し始め、「魚探に真っ赤になるほど写っちゃあるけど、上を釣ったらイワシばっかりやで、サバ狙うんやったら60㍍まで下ろしてからエサ振ってや。途中でイワシ食うかもしれんから、できるだけ早う仕掛け下ろしてな」とのこと!

そんな船長のアドバイスもどこへやら、最初から傍若無人に食ってきたのがイワシでした。

ちょっとでも仕掛けが落ちるスピードを緩めると、20~30㍍ぐらいのタナで仕掛けが止まり、竿先がぴょこぴょことおじぎを始めます。

60号のオモリを止めてしまうイワシって、いったいどんな大きさなんだと最初はとまどったが、上げてみて納得がいった。中羽と呼ぶには大きすぎるサイズで、小さくても30㌢はあるヤツが銀輪を朝日に輝かせながらハリの数だけ食ってきます。

それからは入れるたびにアタリが出るのだが、仕掛けが途中で止まるとイワシ、うまく60㍍ラインにまで落ちたときは、エサを振り2、3回リールを巻いてそのままの体勢でアタリを待っていると、いきなり竿先がグワンと持ち込まれてサバが食ってきました!

マサバのアタリは速巻きしないとお祭りに・・・!

イワシが食ったときは、引きが性急で節を付けたように竿先がおじぎするが、サバの場合は間をおかずグングンと締め込んでくるし、巻き上げる途中は螺旋を描くように上がって来るのですぐに分かります。

また、イワシは口の周りが弱いから強引に巻きすぎると口が切れてばらすことが多いが、サバは口の周りが硬くて、少々強引に上げてもバラすことはありません。

反対に口切れを気遣って、ゆっくり巻き上げていると、ぐるぐると走り回って隣の人とオマツリすることが多いから、むしろ強引に上げた方がいいようです。

この日の群れは、イワシは良型ぞろいなのにサバはちょっと型が小さく、35~40㌢がレギュラーサイズでした。

そのかわりゴマサバはほとんど交じらずマサバばかり、冬はマサバが美味しい季節なので、ゴマサバより嬉しいですね!

群れが回ってきたときは、こんなヤツが2尾、3尾とついてくるから引きはそれなりに楽しめました。

スタート地点では、イワシのタナをくぐりさえしたらサバが食ってきたが、船が流されさらに水深が増すにつれて、浅場も深場もイワシ一色になってきました。

釣り人が撒くアミエビのマキエに、イワシの群れがついてしまったようでした。

しかし、クーラーはすでに満タンで、これ以上釣っても入れるものがないと、午前11時過ぎに納竿しました。

多い人はサバを40~50尾にイワシは数え切れないほどの大漁でした!

今回使用したタックル

今回のマサバ釣行に使用したタックルを紹介します!

マサバ釣りにピッタリのタックルなので、参考にしてくださいね。

【ロッド】シマノ 海明スペシャル50-240

シマノ(SHIMANO) ロッド カイメイ スペシャル 50-270

シマノ(SHIMANO) ロッド カイメイ スペシャル 50-270

参考価格:¥40,539

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

7:3調子で腰のしっかりした竿で、サバが一度に数匹掛かっても十分耐えらます。

先調子なのでアタリも捕らえやすいロッドで、オモリも80号ぐらいまでは余裕でかけることが出来ておすすめです。

【リール】シマノ ビーストマスター2000

シマノ(SHIMANO) 電動リール 19 ビーストマスター 2000EJ 電動 ジギング

シマノ(SHIMANO) 電動リール 19 ビーストマスター 2000EJ 電動 ジギング

参考価格:¥91,480

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

高レベルのパワーを発揮するギガマックスモーターを搭載。

手持ち電動リールの釣りを想定したコンパクトなボディとパワーが自慢のリールです。

ラインキャパも3号500mと余裕たっぷり!

【魚探】魚群探知機 ポータブル魚探

めまぐるしく泳層を変えるサバの群れを的確に捕らえるためには、探険丸は欠かすことが出来ない強力な助っ人です。

サバのタナや群れの大きさを的確に伝えてくれるのが嬉しいポイント。

【仕掛け】ハヤブサ 一押サビキ

ハヤブサ(Hayabusa) 一押しサビキ 房総フラッシャーMIX 15-6

ハヤブサ(Hayabusa) 一押しサビキ 房総フラッシャーMIX 15-6

参考価格:¥422

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

和歌山の寒サバ用に仕掛けで、サバが好む赤色のビーズ入りです。

幹糸6号、ハリス4号を用意しておきましょう!

マサバのおいしいレシピをご紹介しましょう!

栄養満点のマサバを使っていろんな料理が楽しめます!

今回は数ある料理の中から和歌山県中紀地方の郷土料理、マサバのたきたき鍋と炊き込みご飯、定番のキズシを紹介してみましょう!
 

マサバの炊き炊き

新鮮なマサバを使ったすき焼き風の鍋料理です。

具材はすき焼きに使われるものを好みでチョイスすればOK!

新鮮なマサバでないと味が濁るのでできればマサバを釣って帰った日に味わいたい料理です。

味つけはすき焼きとまったく同じで、甘辛いダシで煮込むだけですが、マサバはさっと煮て食べる方が美味しいので注意ポイントです。

マサバの炊き込みご飯

普通の炊き込みご飯と変わらないから、難しくない料理です。

ニンジンや椎茸などの具材と一緒に煮るだけですが、適当な大きさに切ったサバの切り身は、一度だけさっと熱湯に通してから他の具贅と一緒に炊きあげた方がより美味しいです。

これも新鮮なマサバを使わないとできない料理なので、釣り人の特権ですね!

マサバのきずし

たっぷり塩をして身を締めてから酢に漬けるのがコツです。

生食に近いから寄生虫のアニサキスだけは気をつけてよく見てくださいね。

アニサキスは酢に漬け込んでも死なないので、注意が必要です。

美味しいマサバは、新鮮さが命です。

それを存分に楽しめるのは釣り人ならでは!

みなさんもマサバ釣りを楽しんで、美味しいマサバを食べてみてくださいね。

関連記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング