イナダの写真

イナダを落とし込み釣りで狙おう!ブリの若魚 イナダの釣り方やタックル、美味しい食べ方まで大公開!

FISHING JAPAN 編集部

イナダは出世魚であるブリの若魚です。

よくイナダとハマチは何が違うのかと疑問を持つ方も多いですが、単に呼び方の違いであって、同じ魚のことを指します。

地域によって、イナダやハマチと呼び方が変わるので少し頭が混乱してしまいます。

今回はそんな覚えるまでは少しややこしいイナダやハマチの釣り方や美味しい食べ方レシピについてご紹介します。

イナダは関東での呼び方

成長するにつれて呼び名が変わる魚を出世魚といいます。

出世魚というと、ボラやスズキなどが当てはまりますが、誰もが一番に思い浮かべる魚がブリではないでしょうか。

出世するにつれて呼び名が変わるブリは、関東と関西では少しばかり呼び方が変わります。

関東では、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと大きさによってこう呼ばれますが、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼ばれています。

さらに、和歌山ではブリの最大級のものをドタブリ(土壇場まで大きくなったという意味)やヤゾオ(八十魚)と呼ぶこともあるそうです。

このヤゾオは、島根で幼魚をヤズ(八寸)と呼ぶのと同義語です。

また、高知県ではモジャコ→ワカナゴ→ハマチ→ブリと呼び、さらに大きくなったものをオオイナとも呼びます。

では、標準和名であるブリの呼び名はどうして付けられたのでしょうか。

これにも諸説あってはっきりしませんが、「大言海」では脂肪が多いところからあぶらが略されて、アブラ→ブラ→ブリというように転化したのでは、という説をとっています。

また、身が硬くブリブリしているためだという説もあるようです。

イナダ(ブリ)の旬

昔から”寒ブリ”の呼称があるように、イナダ(ブリ)は極寒の季節にかけて体内にたっぷり脂がのり、一段と美味さが増します。

特に腹身の刺身や照り焼きなど、とても魚とは思えないほどの味わいになります。

富山湾では”ブリ起こし”と呼ばれる雷をともなったシケがやってくると、本格的なブリ(イナダ)漁が始まるといわれています。

なかでも氷見の大敷網で取れた寒ブリは特に有名で、越中富山のお正月には欠かせない魚のひとつです。

ゆえにこの時期には値も高騰し1尾、数万円の値が付くことも珍しくありません。

天然物が増加

ブリの若魚のハマチ、関東でイナダと呼ぶ魚は、養殖ですっかり有名になりましたが、これは流れ藻につくモジャコと呼ばれるブリの稚魚を捕獲してエサをやり養殖したものです。

1930年代に、香川県の引田で初めてハマチが養殖されたといわれています。

春に取った大きさ4.5cmのモジャコがたっぷり飼料を食べ、その年の秋には700gから1kg近くになり、大体1年から1年半で出荷されます。

ただ、1kg大きくするのに飼料が8kg近くも必要なため、最近では採算がとれずに養殖を諦める業者が増え始めたそうです。

こんな理由からモジャコを取る量が減り、その分、天然物が多くなって、ここ数年ハマチやイナダ釣りがにぎわっています。

西日本では、磯や波止からカゴ釣りで狙える場所もあり、ハマチ(イナダ)もメジロも確率のよい船釣りの方が盛んです。

初期は小アジなどのエサを使い、ノマセ釣りで狙うところが多いですが、水温が下がってオキアミのエサで釣れるようになると、いったんついた根からなかなか離れずまとまって釣れることが多いです。

イナダ(ブリ)の落とし込み釣り

弱肉強食の世界だといわれる海の中の食物連鎖を、うまく利用したのが落とし込みと呼ばれている釣りです。

大きな魚が掛かっても切れない丈夫な胴突き仕掛けを使い、仕掛けを勢いよく落とし込んでまず大魚のエサになるイワシや小アジなどを食わせます。

そのまま底近くまで仕掛けを下ろして小魚をエサにしている大きなフィッシュイーターが食いつくのを待つ、これが落とし込み釣りの原理です。

小魚をエサにしている魚なら、底棲魚から中層魚まで何でも釣れるのが落とし込みの魅力ですが、メーンターゲットはヒラマサやカンパチ、ブリ(イナダ)などの青物とヒラメやマダイ、マハタなどのハタ類になります。

落とし込み釣りはベイトが回遊してきたらシーズンイン

ベイトと呼ばれるイワシや小アジなどが回遊してくると、落とし込みのシーズンが始まります。

2019年の紀南地方はイワシの回遊が早く、すでに5月の終わりごろからシーズンインしていました。

そこで、ハマチ(イナダ)を狙ってみようと和歌山県美浜町の浜ノ瀬漁港を基地にしている乗合船に出かけました。

出船は午前5時過ぎ。ポイントは近くて20分も走れば到着します。

通称、関電沖と呼ばれている場所で広範囲に数多くの人工漁礁が入れられています。

船長は魚探をにらみながら船を走らせイワシの群れを探します。

群れが大きいと魚探の画面が真っ赤になるほど写るのですが、まだベイトの動きが鈍いのかうっすらとしか写りません。

15分ほど走り回って、ようやく合図が出て間髪を入れず40号のオモリがついた仕掛けを下ろしました。

イワシの群れは水面下10mから底までと船長がアナウンスしてくれますが、なかなか仕掛けに飛びついてくれません。

落とし込みは、落とし込んだ仕掛けにベイトを食わせなかれば成立しない釣りなので、ベイトの食いが悪いときが一番困ります。

2度ほど流し変えると魚探の写りは悪いですが、運良くベイトが掛かり始めました。

落とし込んでいる仕掛けの落下スピードが急に遅くなったり、仕掛けが下りなくなったりしたら、ベイトが食った証拠です。

そのまま仕掛けを底まで沈めていって、オモリが底へ着いたら2mから3m底を切ってアタリを待てばいいのです。

落とし込み釣りのコツ

この日のベイトは、13、14cmもあるウルメイワシだったので、ベイトが食ったのがよく分かりましたが、もっと小さなカタクチイワシがベイトのときは、アタリが小さく分かりづらいです。

2回目に流し変えたとき、落とし込みは初めての仲間が一番に竿を曲げました。

船長の予想通り竿を叩くような引きなので、56cmのマダイが上がりました。

続いて竿を曲げたのも僕の仲間で、50cmオーバーのハマチ(イナダ)が上がってきました。

イワシの付きがいいのでしばらくアタリがないと仕掛けを巻き上げ、再び落とし込んで新しいエサと付け替えた方がヒット率が高いです。

そんなセオリー通りのことを試してみた途端、嬉しいことに僕の竿が舞い込みました。

久し振りの落とし込みなので、したたかな引きを楽しんでいる内に魚が浮きました。

50cmを超えるカンパチの若魚、シオでした。

シオは秋になるとよく釣れるので、まだ走りの群れだと思います。

この日は、日が高くなってもベイトがよく掛かったので、ポイントを点々としながら食い気のある魚を探しました。

船長は、この釣りの経験が豊富なので、魚探に写るベイトの群れを見ただけでハマチやカンパチが食うかどうかある程度分かるそうです。

そのため、この群れは食うよと船長がアナウンスしてくれたとき、新しくベイトを付け替えて待っていると食う確率が高かったです。

この日の4人の釣果は60cmオーバーのメジロが1匹とハマチ(イナダ)が12匹、シオが3匹、58cmのマダイが1匹という成績でした。

浜ノ瀬漁港へのアクセス

交通=JR紀勢線の御坊駅下車、タクシーで約15分。

車は湯浅御坊道路を御坊インターで出て最初の信号を右折、日高川を渡ってすぐの大きな交差点を左折し、そのまま国道42号の交差点まで走って右折、きのくに信金の交差点を左折すれば浜ノ瀬漁港まで約300mほど。

イナダ(ブリ)の落とし込み釣りで使用したタックル

【ロッド】シマノ バンディット落とし込みM225

長さが2m25cmと短めなので取り回しが良く、ロクマルと呼ばれる良型のカンパチが掛かっても余裕であしらえるのが魅力です。

USグラスを素材にしたチューブラー穂先なので食い込みがよく、柔軟に動いてエサを弱らせないのもこの竿の特徴です。

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 バンディット 落し込み M225 標準錘負荷 40~150号

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 バンディット 落し込み M225 標準錘負荷 40~150号

最安値価格
¥39,325(Yahoo!)

Amazonへ ¥45,774

楽天市場へ ¥53,644

Yahoo!へ ¥39,325

【リール】シマノ ビーストマスター2000

手持ちで楽しむライト落とし込みに最適のリールですが、3000番並みのパワーなのでロクマルカンパチが掛かっても余裕であしらえます。

4号のPEラインが400m巻けるのでラインキャパも十分です。

シマノ ビーストマスター2000

シマノ ビーストマスター2000

最安値価格
¥82,826(Yahoo!)

Amazonへ ¥89,200

楽天市場へ ¥85,789

Yahoo!へ ¥82,826

【ライン】シマノ タナトル8-4号

しなやかで強度もある8本よりのPEラインです。

ライト落とし込みなら3号でも十分過ぎる強度。ラインの見やすさにこだわったカラーパターンが特徴です。

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 300m 2.0号 38.7lb PL-F74R 釣り糸 ライン 2号

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 300m 2.0号 38.7lb PL-F74R 釣り糸 ライン 2号

最安値価格
¥1,713(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,760

楽天市場へ ¥1,759

Yahoo!へ ¥1,713

【仕掛け】ハヤブサ 落とし込みスペシャル

ケウムラ&ホロフラッシュの4本バリで全長は2.9mあります。

ハリス、幹糸とも8号と10号を用意しておけば十分です。

ハヤブサ(Hayabusa) 活き餌一撃 喰わせサビキ タテ釣りスペシャル ホロフラッシュアピール 8-6

ハヤブサ(Hayabusa) 活き餌一撃 喰わせサビキ タテ釣りスペシャル ホロフラッシュアピール 8-6

最安値価格
¥474(Yahoo!)

Amazonへ ¥648

楽天市場へ ¥654

Yahoo!へ ¥474

イナダの美味しい食べ方レシピ

ハマチ(イナダ)の造り

よく脂が乗った青物の味をたっぷり味わうには、お造りが一番です。

脂がひかえめの背身は、旨味と同時に歯応えが楽しめますし、よく脂が乗った腹身は脂の旨みが堪能できます。

ゆえに切れがよくて端麗なお酒をちびちびやりながら、背身と腹身の味の違いを楽しんでください。

平造りにするときは薄めに大きく切った方が食べやすいですよ。

カマの塩焼き

お造りにしたあとに出るアラも綺麗に食べ尽くしてしまいましょう。

すき取った腹骨や背骨などはあら炊きにするとおいしいですが、一番のお勧めはカマです。

鰓の部分から包丁を入れカマを切り取ったら、薄皮や血などを綺麗に掃除してから布巾などで水気を取り、たっぷりと塩を振って焼き上げます。

食べるときにスダチをしぼっていただくのが最上の方法です。

味噌漬け

ハマチ(イナダ)やメジロが沢山釣れたとき、保存する方法として味噌漬けにしておくと少なくとも1週間ぐらいは楽しめます。

しっかり漬かった方が好きな人は10日以上でも大丈夫ですよ。

ハマチ(イナダ)を三枚に下ろしたら、腹骨や血合い骨を取り除き食べやすい大きさに切って合わせ味噌で包みタッパなどに入れて冷蔵庫で保管します。

取りだして食べるときは、味噌を綺麗に落としてから焼かないと焦げやすいので注意してください。

あとはレモンやスダチをしぼっていただきましょう。

一夜干し

三枚に下ろしたハマチ(イナダ)の身は、腹骨や血合い骨を取り除き軽く塩をしてキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で寝かせるか、風通しのよい場所で一晩干しあげます。

表面が乾いていたら大丈夫。焦がさないように焼き上げたら出来上がりです。

味が凝縮されて一段と旨みが増したと感じられますよ。
 

ハマチ(イナダ)の美味しい食べ方やレシピまで一挙にご紹介しました。

ブリといえば、こってり脂がのった刺身が最高ですが、関西では年越し魚としてかならず出るのが照り焼きです。

冬場は暖まるブリ大根がお勧めですし、カマの塩焼きも食べ出すと止まらない珍味のひとつです。

ぜひ釣り人の皆さんもイナダを釣り上げて、いろんなお料理にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

イナダの関連記事

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング